システム開発用語集

コーディングルール

コーディングルール(コーディング規約)とは、ソフトウェア開発において、企業やオープンソースコミュニティごとに定められた、プログラムのコーディングに当たっての統一的なガイドラインのことである。プログラミング言語の文法とは異なり、様々な書き方が可能な場合にどういった書き方にするかを集団内の約束として決めたものである。変数や関数などの命名規則や、利用してはいけない機能などの禁止事項、インデントやスペース、括弧の書き方などで構成される。代表的なコーディング規約としては、GNU コーディング規約(GNU Coding Standards)などがある。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます