システム開発用語集

ホットスタンバイ

ホットスタンバイとは、サーバやネットワーク機器などに関して、メインで稼動しているマシンと同じ構成や設定のマシンをOSの電源を入れた状態で、かつデータの同期などを絶えず行った状態で、予備のマシンとして待機させておくようにした状態のことである。ホットスタンバイにしておくことで、現在動作しているマシンで障害が発生した場合に、待機しているマシンが、すぐに処理を引き継ぐことで、ダウンタイムを最小限に抑えることができる。ホットスタンバイに対して、障害の発生を確認してから待機用コンピュータを起動させる方式は、コールドスタンバイと呼ばれる。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます