システム開発用語集

コールドスタンバイ

コールドスタンバイとは、サーバやネットワーク機器などに関して、全く同じ構成や設置の予備のマシンを、電源を入れない状態で待機させておく障害対策の手法の一つである。コールドスタンバイでは、まったく同じ構成のシステムを複数構築し、片方は通常通りに稼動させ、もう片方は稼動させずに待機させておく。稼動している方を本番系システム、待機している方を待機系、予備系システムなどと呼ぶ。待機系システムも常に稼動して、本番系システムとデータの同期を取り、本番系システムに障害が発生したら、すぐに待機系システムに切り替えられる手法をホットスタンバイと呼ぶ。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます