システム開発用語集

フェイルオーバー

フェイルオーバーとは、サーバやシステムの冗長化技術の一種で、処理中のサーバやシステムに障害が発生しても、予備のシステムが自動的に処理を引き継ぎ、そのまま処理を続行する技術のことである。一台目だけでなく二台目以降のサーバにも障害が発生した場合に、待機サーバに順次処理を引き継いでいく機能は「カスケード・フェイルオーバー」と呼ばれている。フェイルオーバーは、最近ではルーターやLANスイッチ、パソコンにも組み込まれるようになった。なお、処理中のシステムを現用系、バックアップ向けのシステムは、「予備系」または「待機系」などと呼ばれている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます