システム開発用語集

リグレッションテスト

リグレッションテストとは、コンピュータプログラムに手を加えたことによる影響を確認するテスト操作のことである。プログラムが大規模化で複雑化してくると、何も関係がないかのように見えるプログラムが相互に影響し合っているのを見落とす場合も少なくない。ある箇所を改善しようとして加えた修正が、思いもよらない部分に影響してバグを呼び起こしてしまう、というケースもある。想定外の異常が発生していないかを調べるためテストに「立ち返る」(リグレッションする)テストは、特に大規模なプログラムやシステムでは必要不可欠な作業であるといえる。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます