システム開発用語集

プロトタイピング

プロトタイピングとは、システム開発の技法のひとつで、試作品(プロトタイプ)をユーザーに利用してもらい、ユーザー側の要望をより反映させたシステムを開発しようという手法のことである。開発の早い段階で、ユーザーとの認識のズレや意見の相違を解決できるメリットがある。しかしユーザー側が納得するまで、先に進めないという短所もある。比較的小規模なシステム開発に向いている。プロトタイピングはシステム設計工程の一部として組み込まれることも多く、それによってプロジェクトのリスクと費用を低減させると考えられている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます