システム開発用語集

仮想メモリ

仮想メモリとは、OSによるメモリ管理の方式の一つで、メモリ領域に物理的なアドレスとは別に仮想的なアドレスを割り当てて管理する方式のことである。アプリケーションから見ると、大量のメモリ領域が存在するように見えるため、コンピュータに実際に搭載されている物理メモリを大幅に超えたメモリを消費するアプリケーションを実行できるようになる。仮想メモリの管理を一定の大きさの領域を単位として行う方式をページング方式、プログラムやデータのまとまりごとに不定長の大きさで管理する方式をセグメント方式と呼ぶ。現代ではほとんどの場合、ページング方式が用いられている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます