システム開発用語集

クラッキング

クラッキングとは、悪意を持って、ネットワーク上のシステムのバグを利用したシステムの破壊行為や不正アクセス行為のことである。多くはインターネットなどのネットワークを通じて外部から侵入し、クラッキングを行う。そのようなことを行う人を「クラッカー」という。このような行為は一般には「ハッキング」と呼ばれることが多いが、もともと、ハッキングとはコンピュータシステムやネットワークの動作を解析したりプログラムを改造したり、プログラムの脆弱性を発見し、管理人に伝えるなどの行為を指していた。このため、インターネット関連の技術者などの間では、破壊や妨害などの活動をクラッキングと呼び、ハッキングとは区別すべきであるとの主張もある。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます