システム開発用語集

スイッチングハブ

スイッチングハブとは、ネットワークにおいて中継をおこなう機器(ハブ)の一種である。「ネットワークスイッチ」、もしくは単に「スイッチ」とも呼ばれる。従来のリピータハブは、受信したデータ全てを接続された機器に同じように送信してしまうため、機器は自分と関係ないデータも受信してしまう。しかし、スイッチングハブはブリッジとして働き、端末から送られてきたデータを解析してあて先を検出し、送り先の端末にしかデータを送信しない。このため、ネットワーク全体の負荷が軽減し、セキュリティが向上するというメリットがある。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます