システム開発用語集

セキュリティホール

セキュリティホールとは、ソフトウェアの設計ミスなどによって生じた、システムのセキュリティ上の弱点のことである。一般的に、ハッカーやクラッカーはセキュリティホールを通じて攻撃や侵入を行う。セキュリティホールが発見された場合には、開発者側はいち早く修正プログラムや修正版のソフトウェアを提供し、ユーザー側は提供された修正プログラムを適用するなどして、対策を講じる必要がある。セキュリティホールを放置しておくと、コンピュータへ不正にアクセスされ、通常は権限がなければできない操作が外部から行われたり、コンピュータ内のファイルが盗まれたりなどの被害に遭うリスクがある。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます