システム開発用語集

SNS依存症

SNS依存症とは、mixi、Twitter、Facebook、GREEなどなど、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に没頭しすぎるあまり、マイミクやフォロワー、友人などのコメントやつぶやきが常時気になり、仕事や日常生活、人間関係に支障をきたしてしまような状態のことである。「つながり続けていたい」、「切り離されたくない」、「認められることを確認したい」といった欲求が強い人は、依存症に陥る可能性が高い。またSNSがうまく利用出来ず、SNSを苦痛に感じたり、SNS自体が強いストレスとなる状態のことは「SNS不安症」と呼ばれる。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます