システム開発用語集

リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリングとは、既存の製品を解体・分解して、製品の仕組みや構成部品、技術要素などを分析する手法のことである。ソフトウェアに対してはプログラムの分析が行われ、ハードウェアでは製品の分解が行われる。ソフトウェアの場合、リバースエンジニアリングの技法としては、機械語で記述されたプログラムを高級プログラミング言語のソースコードに戻す「逆コンパイル」などが行われる。リバースエンジニアリングは、企業が他社製品の互換製品を作るために行うことが多い。また、仕様書と実装の食い違いを指摘したり、セキュリティホールやバグの発見などにも役立つ。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます