システム開発用語集

ユニットテスト

ユニットテスト(単体テスト)とは、プログラムを検証する作業の中でも、プログラムを手続きや関数といった個々の機能ごとに分割し、そのそれぞれについて動作検証を行う手法のことである。別名モジュールテスト。ユニットテストでは、個々の機能を果たすためのプログラム部品(プログラムモジュール)がそれぞれしっかりと動作しているかを検証する。不備が発見された際には、コーディングの段階に戻ってプログラムの書き直しが行われる。次にモジュール同士を組み合わせた場合にもうまく機能するかどうかを検証する「結合テスト」の段階に引き渡される。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます