システム開発用語集

ブリッジSE

ブリッジSEとは、オフショア開発を行う際に、言葉や文化が異なる両国間、両社間に立って、橋渡し的な役割を持ち、プロジェクトをスムーズに進めるSE(システムエンジニア)のことである。ブリッジSEは、以前は、発注企業に所属する外国人技術者や外国語が堪能な日本人技術者が一般的だったが、今では第三者の企業の技術者がブリッジSEの役割を果たしたり、ブリッジSEを派遣する企業も出てきたりしている。スキルとしては、プロジェクト管理スキル、受発注者双方が使用する会話力、コミュニケーション能力、オフショア開発に関する実務経験などが必要とされる。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます