システム開発用語集

負荷テスト

負荷テストとは、ハードウェアやソフトウェアに短時間に大量のデータを与えるなどの高い負荷をかけて、製品が正常に機能しているか調べるテスト。別名「ストレステスト」または「ラッシュテスト」。ハードウェアやソフトウェアの不良の中には、低い負荷で動作しているときには不具合を起こさないが、高い負荷で動作させると不具合を起こすという性質を持ったものがある。負荷テストは、Webサーバーの公開前などの場合に行われることが多い。サーバーが充分なアクセスに耐えられないと判明された場合、メモリの増設やロードバランサーの設置などによって処理・通信の性能を向上が図られる。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます