システム開発用語集

クローズドベータ

ソフトウェアやサービスの試作品(ベータ(β)版)のうち、限られた人や団体にのみ提供されるもののことである。「旧版の登録ユーザー」「大口の企業ユーザー」など、開発者が製品と関わりが深いと判断した限られた関係者のみが入手し、試すことができる。これに対し、Webサイトなどで公開され、誰でも自由にテストできるものはオープンベータという。最初に限られた範囲のクローズドベータテストで機能面や性能面での改善点を解決し、安定してきたところでオープンベータに移行する、といった使い分けが行われることもある。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます