システム開発用語集

オープンベータ

ソフトウェアやサービスの試作品(ベータ(β)版)で、一般向けに公開されてもののことである。ベータ版を公開し、試用に協力してもらうことをオープンベータテストという。オープンベータに対し、「旧版の登録ユーザ」「大口の企業ユーザ」など、限られた人や団体にのみ提供されるもののことを「クローズドベータ」という。通常は、限られた範囲のクローズドベータテストで機能面や性能面での改善点を解決し、安定してきたところでオープンベータに移行する、といった流れになるので、一般的にクローズドベータの方がバグが多いといわれている。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます