システム開発用語集

AWK

AWK(オーク)とは、UNIX上で開発されたプログラミング言語で、文字ファイルの処理に用いられる。テキスト処理用ツールとしては、扱いやすく、現在でもCSVやTSV形式のファイルを簡易に処理するなどの目的で広く使用されている。また、テキスト処理以外にも、AWKは、機能の拡張が行われ、大規模なプログラミングにも使われるようになった。AWK(オーク)は、開発者であるAlfred Aho、Peter Weinberger、Brian Kernighanの3人の頭文字を取って付けられた。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます