システム開発用語集

アナログモデム

アナログモデムとは、ISDNや光ファイバーではなく、アナログ電話回線でインターネットにダイヤルアップ接続する時に使う通信装置のことである。32k、56kなどの通信速度がある。以前は単に「モデム」と呼ぶことが多かったが、ADSLで使われる「ADSLモデム」と区別するため、最近では「アナログモデム」と呼ぶことが多い。アナログ回線の使用者の減少とともに、アナログモデムのユーザーも減りつつある。モデム自体は、デジタル信号を伝送路の特性に合わせたアナログ 信号にデジタル変調して送信し、伝送路からのアナログ信号をデジタル信号に復調して受信する、データ回線終端装置の一種である。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます