システム開発用語集

バックドア

バックドアとは、コンピュータに設けられた通信経路のうち、クラッカーが、システムへ不正侵入するために設ける接続経路のことである。バックドアが設置されていると、管理者が不正侵入に気づいて侵入経路をふさいでも、クラッカーは前回侵入時に設置したバックドアから再び不正侵入できてしまう。バックドアは開発過程のテスト効率を上げたりするための特別な用途のために、開発者が意図的にバックドアを設けておく場合もあり、必ずしも悪意をもって利用されているばかりではないが、しかしその場合も、セキュリティ上、十分な管理を行う必要がある。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます