システム開発用語集

バックボーン

バックボーンとは、ネットワークが通信の中枢として用いる大容量の通信回線のことである。バックボーン(backbone)とは英語で「背骨」の意味で、通信を行う際に最も重要となる回線を意味する。バックボーンの種類や規模は様々で、ビルのフロア間を結ぶLANや、企業の拠点間を結ぶ広域通信網、携帯電話網で基地局間を結ぶ地上の通信回線網、インターネットサービスプロバイダ(ISP)間を結ぶ通信回線網などがこのように呼ばれる。ISPのサーバーのような通信容量に耐えることができるように、バックボーンには光ファイバー回線が採用されている場合が多い。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます