システム開発用語集

CDN

CDNとは、content delivery networkの略で、コンテンツ供給者がエンドユーザーに効率良くコンテンツを配信するためのネットワークのことである。CDNを構築・運用し、企業などに有料で利用させるサービスをコンテンツデリバリサービス(CDS)という。音楽や動画などのコンテンツは、サイズが大きく、ネットワークに多大な負荷がかかってしまうため、ネットワーク上のさまざまな場所にデジタルコンテンツの配布ポイントを用意し、ユーザのネットワーク位置に応じた最適な配布ポイントを指示することで、大容量のコンテンツをスムーズにユーザに配信できるようになる。
特典1
無料で開発会社の
紹介や相談ができます
特典2
新着企業の情報や
エンジニアの情報が
無料で届きます