発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

「Swift」とは?Appleが開発した新しいプログラミング言語の特徴

「Swift(スウィフト)」はApple社が作った新しいプログラミング言語です。
学習しやすく、これまでAppleで使われていたObjective-Cコードにも簡単に組み込むことができます。
Swiftの登場によって、iOSやMacのアプリケーションはすべてSwiftで開発できるようになりました。
今回は、今後OSを問わず幅広く使われていくことが予想されているSwiftについて、基礎知識や特徴、 Swiftを取得するメリットをご紹介します。

Swift1-min

 

目次

 

Swiftについての基礎知識

Swiftは、2014年にApple社が発表したオープンソースのプログラミング言語です。Swiftとは本来アマツバメという鳥のことで、「速い」「すばやい」「迅速な」といった意味があります。

Swiftは、iOSやMac向けのネイティブアプリケーションを開発するために、Apple社が毎年開催している開発者向けのイベント「WWDC(Worldwide Developers Conference)2014」で発表されました。AppleのiOS 7以降、OS X version 10.9以降のOSを搭載しているデバイスのすべてのアプリケーションをSwiftで開発することができ、Apple TV、Apple Watchなどのアプリも作成可能です。

iOSやMac OSでは、ハードウェアとソフトウェアの両方をAppleが制作しています。そのため、Swiftならディスクやメモリなど、コンピュータの深い部分やハードウェアに関わるアプリを作ることができます。
無料のオープンソース・プログラムのため、Swiftで開発したアプリケーションはすべてのソースコードが公開されています。第三者でも自由に閲覧・編集でき、作成したアプリケーションはApp Storeで配信も可能です。

これまで、AppleではObjective-Cというプログラミング言語を使ってアプリケーションを開発していました。しかし、Objective-Cはほかの言語とは少し異なっているため、複雑で習得が難しい言語でした。そのため、iOSやMac OSの開発を簡単にし、アプリ開発者を増やすためにSwiftが作られました。SwiftはObjective-Cに比べて見た目がシンプルで、開発初心者の人にも学習しやすいように作られており、Objective-CやObjective-C++、C言語との混在や移行もできます。

 

Swiftの特徴

Swiftは、ほかのプログラミング言語の仕組みや特徴を取り入れ、現代の開発環境に合うように作られています。

●現代的なモダンプログラミング

モダン(現代的)なプログラミングとは、コードが書きやすく、読みやすいことを指します。SwiftにはObjective-C、Ruby、Python、Javaなどの言語の特徴が少しずつ見られ、さまざまな言語の要素や良いところを少しずつ取り入れて、よりわかりやすく学習しやすい言語に工夫されています。

●他の言語との相互性

Swiftには、これまでiOSやMacの開発に使われてきたObjective-Cとの互換性があり、Objective-C++やC言語とも混在が可能です。SwiftとObjective-Cとの間でAPIを共有したり、Objective-Cの間のフレームワークをSwiftにインポートしたりと、シームレスに使用できます。

●名前の通り「迅速」なパフォーマンス

Swiftは名前の通り、高速な動作を実現しています。これまでの言語よりも処理速度が大幅に高速化しており、Objective-Cよりも最大で2.6倍、Python 2.7よりも最大で8.4倍の高速処理が可能です。

●Playgroundの実行環境

Swiftには「Playground」と呼ばれる機能があり、コーディング中に動作やロジックを確認できます。これまでのObjective-CやC言語では、修正するごとに毎回システムやアプリケーションを実行しなければなりませんでした。しかし、Playgroundを使うとコーディングしながらリアルタイムで確認できるため、修正箇所がわかりやすく、開発時間が短縮できます。

 

Swiftに必要なものと「Objective-C」との違い

Swiftの開発にはMacがおすすめです。SwiftはAppleが作った言語ですが、現在はWindowsでも開発ツールを利用してSwiftの実行環境を用意することができます。しかし、デバッグの配布やApp Store公開などを考慮すると、開発効率はMacのほうが有利でしょう。

●Swiftでの開発に必要なもの

<Apple ID>

Apple IDはAppleのサービスを利用するためのIDで、iTunes StoreでのiPhoneアプリや音楽の購入に使っているものと同じです。

<Xcode>

XcodeはSwiftの開発ツールです。Mac App Storeの「開発ツール」カテゴリから無料でダウンロードできます。Xcodeをダウンロードするには、Apple IDが必要です。
Xcodeをダウンロードしたら、常に最新の状態にしておきます。ただし開発中のアプリケーションがある場合は、仕様変更などを確認してからバージョンアップしましょう。

<Developer ID>

自分で開発したアプリケーションをApp Storeで配布するときには、Apple Developer Programに登録が必要です。年間11,800円のメンバーシップ料金がかかりますが、Apple Developer Programに登録すると、マルウェアで改ざんされない安全なアプリとしてDeveloper IDの署名を入れたり、アプリケーションをiPhone、iPad、Apple Watchなどの実機でテストを行ったりすることができます。作成したアプリケーションを自分の開発環境の中でテストするだけなら、登録する必要はありません。

 

●Swift とObjective-Cとの違い

Swiftには、Objective-Cと違うところがいくつかあります。これまでObjective-CでAppleのアプリケーションを開発していた人は、注意が必要です。

<文字型を宣言する必要がある>

Swiftでは、変数や定数の名前に続けて「”(ダブルクォーテーション)」で囲んだ文字列を代入して、型を宣言します。Objective-Cのように変数や定数の型を推論してくれることはありません。変数や定数の内容が宣言した型と異なるとエラーが発生します。

<配列やディクショナリに制限はない>

Objective-Cでは配列やディクショナリに格納できるのはObjectだけでしたが、Swiftでは配列やディクショナリに格納するものに制限はありません。

<「;」セミコロンが必要ない>

Swiftでは行末に「;」セミコロンが必要ありません。改行はコンパイラが自動で判断します。複数行にわたる文は自動的に改行なしと判断してくれます。ただしfor文など改行以外の意味のある「;」は省略できません。

<「nil」を代入できない>

Swiftでは変数の値としてnil(空データ)を代入できません。Objective-Cではnilを代入しても無視されますが、Swiftではエラーが発生し、潜在的なバグとしてリスクが残ります。Swiftのこの特徴は一見面倒ですが、高い安全性につながっています。

 

Swiftを取得するメリット

プログラミング経験者でも、新しい言語の取得には手間がかかります。数多くあるプログラミング言語の中から、Swiftを学習するメリットをご紹介します。

●Apple製品共通のプログラミング言語

一般的にWebサイトやアプリケーションの環境、デバイスなどによって開発言語は変わります。しかし、Appleのデバイス用のアプリはすべてSwiftで開発できるため、一度覚えるとApple製品のすべてを扱うことができます。
また、ほかの言語でWebアプリケーションを作成するときにはJavaScriptやJavaなどのプログラミング言語だけでなく、HTMLやCSSも覚える必要があります。しかし、SwiftならSwiftとXcodeだけでアプリケーションの開発が可能です。

●安定的な将来性

iOSやMacのアプリケーション開発以外にも、さまざまな企業でSwiftを導入する動きが高まっており、GoogleやFacebookではSwiftに対応したSDK(開発キット)を提供しています。
また、Google は、現在Android用アプリをJavaで開発していますが、著作権などの問題があるため、オープンソースのSwiftをAndroidのfirst-class language(第1級言語)にする方向性を打ち出しています。Swiftはオープンソースなのでどの企業でも使いやすく、Apple製品だけでなく汎用的に利用されていく可能性があります。

●プログラミング初心者でも学びやすい

Swiftはほかの言語に比べてコードが読み書きしやすく、初心者でも学習しやすい言語です。学習する環境も整っており、iPadには「Swift Playgrounds」という「Swift」の学習用ツールもあります。オープンソースなので自由に利用できるだけでなく、公式のドキュメントやiTunes Uの無料講座などさまざまなところで学べます。

Objective-C経験者なら、書き方を覚えるだけでSwiftに移行できます。記述はObjective-Cよりもシンプルになり、ファイル数も少なくなるのでコードが書きやすくなります。
Objective-Cの既存のライブラリをコンバートツールでSwiftに変換したり、Objective-CのライブラリをSwiftで利用したり、Objective-CからSwiftを呼び出すこともできます。

 

さらなる進化が期待されるSwiftの大きな可能性

Swift2-min

Swiftは2014年に発表されて以来、バージョンアップを経て仕様も大きく変化しています。
今後のバージョンアップでは互換性も維持するといわれていて、さらに開発がしやすくなるでしょう。
Windowsでの開発環境も整えられれば、iOSやMacだけでなくさまざまなところで利用される可能性があり、Swiftは将来性の高い言語といえるでしょう。

 img02

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的にシステム開発が得意な会社を探す

システム開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

関連する記事

PAGETOP