検討中企業リスト
--

アプリ開発会社一覧

【現在の検索条件】 下限無し - 上限無し/全国/スマホ対応サイト

検索条件を変更する

アプリ開発会社を絞り込む
予算
-
地域
目的
デバイス
得意とするアプリ
マイクロソフトWindows Phoneチームが設立した「ビザイナ」が子会社。スマートデバイスのOSやセンサー、プロセッサなどのコア技術からUI/UXデザインまで精通したサイブリッジグループが高品質アプリの実現をお約束します。
横浜トリエンナーレ2014公式アプリ
iBeaconとGPSを利用した横浜トリエンナーレのスタンプラリーアプリとなります。
もっと見る

アプリ開発 株式会社 Samurai

iBeacon/NFC/ FeliCaなど無線通信を活用したアプリ開発はぜひ当社へ。ネットショップとリアル店舗を連携するO2Oアプリの開発も得意テーマ。O2O分野のリーディングカンパニーです。アパレル人気サイトほか開発実績多数!
Actual Revolution iBeacon APPS
店舗運営のビジネスを展開されていて、ウェブショップとリアル店舗の連携を強化したいと考えている企業・団体様は、ぜひ株式会社Samuraiにご注目ください。特にiBeaconに注目されているなら、こちらのサービスがぜひおすすめです。iPhoneに標準搭載された次世代の近距離通信サービスiBeaconを最大限に活用し、ネットとリアル店舗の連携を強めて、お客様の満足度や店舗の売上向上を実現!当社が独自開発したiBeaconの新サービス「A…
もっと見る

アプリ開発 バリスタ株式会社

実績豊富な代表・取締役が御社からのご相談・ご依頼に直接対応します!「マーケティング力」と「開発技術力」2つの強みを融合させて提供する最新のデジタルマーケティング支援にご期待ください。大手企業・有名ブランド事例多数!
JALショッピング(公式)商品検索アプリ
JALショッピングサイトと連携した、商品検索アプリです。フロントエンド(アプリ全般の企画、UI/UX設計、実装)とバックエンド(DB設計・開発、API設計・開発)全般の設計および開発に携わりました。
もっと見る
健康・医療・介護・教育業界向けのアプリ開発に注力する富山市本社の会社です。ITストラテジスト/情報セキュリティスペシャリストなど情報処理技術者や医療情報技師の資格を持つメンバーの技術力と対応力を生かしたアプリ開発のトータルサービスが強み。御社のアプリ運営を総合支援します。
スマートフォン向け歩数計アプリ「元気とやまかがやきウォーク」
富山市に本社を置くキュアコードは、ウェブシステム開発やアプリ開発を行っている会社です。創業前から医療分野のシステム開発に数多く携わってきた代表・土田が運営していて、ITで社会貢献したいという理念のもと運営しています。医療・ヘルスケアや介護、教育業界のお客様向け開発に力を入れているのが特長。ここでは当社の実績として、スマートフォン向け歩数計アプリ「元気とやまかがやきウォーク」を紹介します。
もっと見る
ARアプリ/GPSアプリ/iBeaconアプリ/イベントアプリ/ショップアプリなどカテゴリを問わず実績多数!時代のニーズに応え、設立以来スマホ・タブレットアプリ開発に注力してきた当社の技術力と企画提案力にご期待ください。
GPSセンサーをはじめ、スマートデバイスの特長を生かした高機能アプリを実現できる技術力が強み。ARやiBeaconなど注目の開発テーマもお任せください。
メンバー全員がスマホ・タブレットアプリ開発への情熱・こだわりあり!専門のノウハウ・アイデアの蓄積に励んでいます。企画提案力にご期待ください。
代表を中心とする少数精鋭!アプリ運用に必要なサーバーやクラウド基盤も含め、御社が求めるシステムをトータルに、ムダなコストをおさえてご提供。
もっと見る
歯科医院などクリニック経営に活かせる自社企画アプリあり。その他医療、メーカー、運輸・予約関連のアプリ開発なども当社へ。業務システム開発で実績20年、高品質の業務アプリを提供します。
問診票をiPadにして簡単入力・整理!iPad問診票アプリ「Medical TQ」
当社には様々な業種のお客様の実績がありますが、中でも医療系システムの多さがひとつの特色です。そして最近では、医療業界に役立つ新しいシステムの形として、タブレットアプリの開発にも取り組んでいます。これまで紙が当たり前だった問診票をiPad画面にして、患者様にも医療機関様にも新しい驚きを与えているiPadアプリを紹介します。
もっと見る
売れるアプリ、儲かるアプリを実現するなら当社へご相談ください!システム開発から営業・マーケティングまでトータルに支援するお客様の「商売創出企業」。WebビジネスのプロとWebマーケティングのプロが代表を務めています。
御社の商売が繁盛するアプリを実現します!私たちのテーマは「商売創出企業」。WebビジネスのプロとWebマーケティングのプロが代表を務めています。
開発だけではありません!お客様を儲けさせる一気通貫の営業支援が強み。アプリを活用したマーケティング施策や継続的な運用サポートもご期待ください。
サイトやシステムの開発もお任せください。御社が売れるための仕組みをワンストップで提供!「そこまでできるの?」という驚きやご満足をお届けします。
もっと見る
モバイルシステムや通信制御ソフト開発で実績豊富なアイ・エス・ビー(東証一部上場)グループの会社です。スマホ・タブレットアプリ開発なら、当社をぜひご指名ください。東北はもちろん首都圏のお客様からのご相談も歓迎いたします。
東北の観光アプリや農業支援アプリなど、地域のお客様のニーズに応えて実現した実績多数!モバイルシステム開発で豊富な実績を持つアイ・エス・ビーグループの企業です。
通信・モバイル・スマートデバイス関連の開発技術に精通しているアイ・エス・ビーグループ。IoT関連の最新開発プロジェクトもぜひお任せください。
御社のアプリ運用の成功をサポートするトータルサービス体制が強み。Webサイトや業務システムも含めたシステム総合開発もぜひご相談ください。
もっと見る
各種アプリサービス・Webサービスを自社運営中!詳細は当社サイトもご参照ください。アプリの企画・設計・開発はもちろん、運用・保守までトータルにご支援!御社のアプリ運営の成功をサポートするベストパートナーになります。
アプリはもちろんシステムやサイトまで、とにかく実績・経験豊富な総合開発会社です。高い対応力を生かして、御社に最適な開発プランを提案いたします。
デザイントレンドに精通したデザイナーがユーザー高評価のUI/UXを実現!技術力の高いエンジニア陣が高機能システムを開発!制作・開発力が強みです。
様々なアプリサービスやWebサービスを自社で企画・運営中!アプリ運営成功のベストパートナーをお探しなら、ぜひ当社にご期待ください。
もっと見る
VR/AR/iBeaconなど最新実績多数!スマホ課金/実機検証/ストア申請支援などアプリ開発・運営に関するノウハウ豊富。ケータイ黎明期からモバイルシステム開発に取組み、モバイルに精通している名古屋市本社の会社です。
ケータイ黎明期からモバイル分野に注力!スマホ・タブレットアプリ開発ならお任せください。スマホ課金/実機検証/ストア申請支援などノウハウ多数。
VR/AR/iBeaconなど注目の開発テーマもお任せください!モバイルに強い当社ならではといえる最新テクノロジーへの対応力が強みです。
Webサイト、業務システム開発の実績も豊富!アプリとサイト、システムの連携や同時開発も得意テーマです。御社のマルチデバイス対応をご支援します!
もっと見る
アプリ開発の概要と導入メリットについて
スマートフォン/タブレットアプリの開発には様々なメリットがあり、BtoBとBtoC(及びCtoC)の2つに大別することができます。
BtoB向けにおけるアプリ開発の多くが、業務効率化を目的としたものです。スマートフォン/タブレットの普及により、「いつでも」「どこでも」環境を問わず、インターネットに接続できることが最大のメリットです。顧客管理システム/グループウェア/受発注システムなどと連携し、あらゆるビジネスシーンでの活用が期待できます。
一方でBtoC(及びCtoC)におけるアプリ開発の目的はいくつか存在します。ダウンロード課金やアプリ内課金など、アプリそのものでのマネタイズを期待するものや、CtoCの物販プラットフォームのように利用者の手数料(利用料)で運営されているアプリなどが数多くリリースされています。
また、自社の顧客囲い込みにもアプリが活用されており、例えば自社ECサイトをアプリ化することで、サイトにアクセスしやすい状況を作り、適切なタイミングでクーポンなどを発行するなど、顧客囲い込みツールに必要な機能がアプリには多く実装されています。
BtoB/BtoCどちらに限らず、一度ダウンロードすれば、手軽に利用してもらえるのがアプリ開発最大のメリットと言えます。
アプリ開発の発注ポイント、金額・費用・相場について
■OS/デバイス
基本的にはAndroidアプリとiOS(iPhone/iPad)アプリの2つが存在します。
それぞれ異なるプログラミング言語を使用して開発を行なうため、AndroidとiOSの両方に対応したアプリを開発する場合には単純に1.5倍~2倍の開発費用が発生します。
アプリの機能によっては、一つのプログラミング言語(ワンソース)で複数のOSに対応のアプリを開発することも可能な場合もあるので、開発会社に相談してみましょう。
※ただし、ワンソースでの開発を検討する場合は「特定のデバイス(端末)だけ使用できない機能がある」「処理速度が遅い」などのデメリットも検討する必要があります。

■デザイン・画面数
アプリはPCよりも小さい画面で操作する為、ユーザビリティが非常に重要になります。
一般的なホームページ制作と同様にデザイン費用が発生しますが、ウェブ制作よりも更にUI(ユーザーインターフェース)に気を遣って設計する必要があります。
事前にデザインや画面設計が似ているアプリを参考として準備しておくことで、開発会社にイメージを伝えやすくなります。

■機能
アプリには以下のような機能が実装可能です。高機能になればなるほど高額になります。
カメラ/位置情報(GPS)/SNS/決済/プッシュ通知/会員登録・管理/AR・VR/ など

■審査(ストアー出展)
AndroidアプリやiOSアプリをストアーに出品する為には審査が必要になります。
審査には費用がかかる場合もあります。
一般的には開発会社に一括で依頼するケースが多いですが、自社で申請することも可能です。

■運用費用
アプリ開発は開発して終わりではありません。そこで、開発後に発生する可能性がある費用を確認します。
・月額運用費用(サーバ利用料や更新等の運用費用)
・バージョンアップに関するアプリ改修費用
特にバージョンアップに関する改修費用は検討段階では抜け漏れているケースが多いので注意が必要です。
OSのバージョンアップの際に「アプリが動かなくなった」等のトラブルは非常に多いものです。
このような開発後の費用についても開発会社と事前にしっかりと共有しておくことが大切になります。