検討中企業リスト
--

WEBシステム会社一覧

【現在の検索条件】 下限無し - 上限無し/全国/予約受付/空き情報確認システムを開発したい

検索条件を変更する

WEBシステム会社を絞り込む
予算
-
地域
目的
こだわりたい条件
最先端のオープンソース・クラウドテクノロジーを利用したウェブシステム開発・運用で多数実績あり。発注者様/システムユーザー/お客様/社会の「共益」を実現するためのシステム構築とITコンサルティングに取組んでいます。
ウェブサイトから業務システムまで、まずぜひご相談ください。ウェブシステム開発・運用の技術を幅広く網羅。コンサル・設計〜開発〜運用まで総合対応。
Google App Engineを活用したマッチングサイト/インド向けアンケートサイト/ECサイトほか実績多数。弁護士業務パッケージなど自社サービスも提供。
最先端のオープンソース・クラウドテクノロジーに精通しているからこそ実現可能な高品質・低コストのウェブシステム開発。御社のウェブ戦略成功をご支援します。
もっと見る
創業23年、開発者100名超。大手製造業・金融・医療・芸能ほか様々な業界・業種のシステム開発実績豊富。大手メーカーからも評価を受ける高品質開発と対応力の幅広さにご期待ください。
芸能・タレント事務所「グランドスラム」のWebサイト
コンピュータマインドは、1991年に創業したシステム開発会社です。Webの普及以前より様々なシステム開発を手がけており、20年以上培った技術力を強みにしています。ここでは、公開可能なWebシステムの開発実績として、俳優の山下徹大さんや、いしのようこさんなどが所属する芸能・タレント事務所「グランドスラム」のWebサイトを紹介します。
もっと見る

WEBシステム 株式会社ゼノフィ

使いやすいWebシステムを実現するなら「Sencha」です!日本で数少ない米Sencha社認定パートナー。海外の先進技術を活用し、高品質・低コストのWebシステムを提供します!
取付業者が見つかるお助けサイト「取付.net」の開発
Web上の新しいサービス立上げをご支援した事例になります。機器を取り付けたい人と、取付業者様をつなぐマッチングサイト「「取付.net(とりつけドットネット)」です。サイトを効率よく管理できるCMS(コンテンツマネジメントシステム)を、ご要望に合わせて提供した点などが評価されました。ぜひ詳細をお読みください。
もっと見る
NTTグループなど大手企業向け最先端・高性能システム開発実績多数。歯科業界向けシステム開発でも知られる横浜の会社です。設立20年で、高品質に定評あり。ぜひ一度お問合せください!
全国歯科医院向け予約管理システム「DentNet(デントネット)」
当社では歯科医院様向けの予約管理システムを独自に開発・提供しています。ここではそのシステム「DentNet(デントネット)」を紹介します。おかげさまで10周年を迎え、お業界で高い知名度や信頼を獲得しているシステムです。「DentNet」の開発によって得た予約管理システムの高度なノウハウを、他の業界にも今後さらに展開していきます。
もっと見る
フォーチュン500(全米上位500社)企業ほか、国内外1400社以上が活用中。世界で知られる開発ツール「Liferay」を活用し、御社のWebサイト・Webシステムを高品質・低コストで実現します。
伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社 「社内向け予実管理システム」
大手商社グループとの直接取引による実績を紹介します。システムの設計・製造スキルはもちろん、ニーズや課題のヒアリング力、業務内容の理解力、要件定義力、導入後の保守・運用力を発揮。クライアントの業務効率向上に貢献しました。
もっと見る
経験40年以上の代表ほか実力の高いエンジニア在籍。大手メーカーから長年評価を受ける技術力にご注目。通信制御システムから、高機能CMSサイトまで様々なWebシステム開発の相談をお受けします。
AV機器コントロールシステム「Management CVAS」の開発事例
設立当初より、当社は通信制御の分野に強く、これに関連する様々な専門システム開発を手がけてきました。映像機器メーカーとして知られる(株)エルモ様の製品開発も数多く支援しています。ここではその中から、AV機器コントロールシステム「Management CVAS」の実績を紹介します。
もっと見る
約100名の技術者体制。あらゆるWEB系開発ニーズに対応。大手取引多数。16年間積み上げた豊富なノウハウで、高品質なWEBシステムを構築します。
ナインブレイク紹介事例
システムを衛生的に取り巻くコンテンツを作り、組み込むことが可能! WEBシステムの領域を広げる挑戦的事例が増えています。
もっと見る
1971年にメーカーとして創業、1995年・ネット黎明期にウェブシステム開発サービスをスタート。ECサイト、空港ウェブサイト、スマホゲームアプリ、業務システムほか実績多数!御社のウェブ活用を総合支援できるトータルサービスにご期待ください。
1971年メーカーとして創業。日本のネット黎明期・1995年にシステム開発事業をスタートし、その後20年以上ウェブシステム開発に注力してきた会社です。
ウェブ技術と業務知識を生かして御社の問題解決・目的達成をご支援!デジタルサイネージ、人事考課/版権管理/入館管理システムなど得意テーマ多数。
ウェブサイト・スマホサイトから業務システム、ハードウェア連携モバイルシステムまで各種案件に総合対応。御社ウェブ活用のパートナー企業になります。
もっと見る

WEBシステム 株式会社aradas

設立から10年の実績。「デザイン+開発+企画」の総合力で御社のWebサイトを抜本改善。真の効果を目指す問題解決力が強みです。
単なるデザインではなく「コミュニケーションデザイン」をモットーに、最先端技術にも敏感です。
設立から10年が経過し、数々の実績があります。企画・コンサル力が強みです。
少数精鋭メンバーのチームワークによる、スピーディかつ高品質なサービス提供を実現。
もっと見る

WEBシステム 株式会社キャッツ

社歴35年!実績の数と質にご注目ください。ネット普及当初からWebシステム開発に取り組んできた横浜市本社の会社。販売管理・経営情報分析・財務会計など業務用Webアプリケーションの開発はどんな内容もお任せください!
すでに実績35年! Webシステム開発にも早くから取り組み多数の成果を残してきた会社です。さまざまなWebテクノロジーに幅広く対応可能!
大規模な新規システムの企画から設計、開発、テスト、納品までを一気通貫でリードし成功させてきたという実績が豊富です。運用・保守もお任せください!
豊富な業務知識が強み!さまざまな分野の業務に精通していて、ユーザー様が本当に使いやすい業務用のWebシステムを実現することができます。
もっと見る
WEBシステムの概要と導入メリットについて
WEBシステムは広義の意味ではWEB上で稼働するアプリケーションを指すため、ECサイト、アプリ、CMS、業務システムなど全て含まれます。基本的には端末やOSに依存することなく使用できるWEBシステムは、あらゆる可能性を提示してくれるはずです。各企業で抱える様々な問題、課題をWEB活用で解決しましょう。実際にWEBシステムを発注の際には、まずは「現状」と「求める将来像」を明確にし、開発会社に伝えることから始まります。
WEBシステムの発注ポイント、金額・費用・相場について
■フルスクラッチ・既製品の選択
WEBシステムを導入する際には、まずは既製品の有無を調べてみましょう。仮に既製品を導入しない場合にも開発会社に類似品を提示することで開発のイメージを共有することができます。また、既製品はカスタマイズの可否が製品毎に異なりますので、導入の際は確認が必要です。

■プロジェクトの進め方
フルスクラッチ開発・既製品の導入に関わらず、システム導入の検討を進める際には、そのシステムを実際に使用する担当者が同席の上、検討を進めることが望ましいと言えます。トップダウンで導入したシステムを実務担当者が活用できないという事例は非常に多いものです。

■システム化する領域
いざシステム開発のプロジェクトをスタートすると、「どこまでシステム化するのか」というところで話が飛躍することが散見されます。システム化することは悪い事ではありませんが、限度を決めないと、費用は青天井に上がっていきます。また、実際に理想のシステムを実装したとしても、それを使いこなせないことや、そもそも使わないシステムが実装されているということもあるかもしれません。
ひと通り、想定されるシステムを洗い出した後に、本当に必要なシステムなのか、何のためのシステムなのかというのを確認し、適切なレベルまで絞り込むことが重要になります。
また、BtoCのシステムであれば、自社の業務効率を高めることに注目し過ぎるあまり、利用者が使いづらいものになっている可能性もあります。自社のビジネスを最大化できるよう、自社と利用者の相互が使いやすいシステムを心がけましょう。

■セキュリティ
WEBシステムはインターネットを介して利用するアプリケーションのため、ネットワークが繋がっている不特定多数の人がアクセス可能となります。その中に悪意のある利用者も存在している前提で、セキュリティ対策を施すことが必須となります。WEBシステムでどんな情報を扱っているかにより、セキュリティの対策レベルは異なりますが、個人情報や機密情報などを取り扱うシステムは、最上級レベルのセキュリティ対策をとる必要があります。残念なことに開発したシステム・サイト・サービスの知名度が高くなればなるほど、ネット犯罪の標的になりやすいということを念頭に置き、システム開発と合わせてセキュリティ対策を検討しましょう。