検討中企業リスト
--

WEBシステム会社一覧

【現在の検索条件】 下限無し - 上限無し/全国/その他のWEBシステムを開発したい

検索条件を変更する

WEBシステム会社を絞り込む
予算
-
地域
目的
こだわりたい条件
ITを最適活用して業務・経営上の問題を根本から解決するならぜひ当社へご相談ください。一流理系大学院出身で大手SIからスピンアウトし、真の顧客満足を得られるシステム開発を目指して入社した優秀なエンジニアが在籍!大規模SI案件はもちろん小規模案件も歓迎。中小企業様のIT活用を総合支援します。
アニ×me(アニミー)
アニメファンの皆さんに人気の高いアニメ視聴記録管理サービス「アニ×me(アニミー)」。そのサービス運営を支える難易度の高いウェブシステム開発を成功させました。
もっと見る
提案内容の違いにご期待ください!フジテレビ・KDDIなど大手実績多数!フジミック出資(フジ・メディア・ホールディングスグループ)の会社です。広告プロモ事業も積極展開。技術力はもちろん企画提案力や運用保守力も強み。
日本パーキング株式会社 Webサイト
Webからの集客と情報提供が非常に重要。そんな駐車場運営サービス会社のサイトリニューアルを担当しました。Google MAPを活用した使いやすく情報満載の駐車場検索システムをサイト内に実現。利用者数の増加と、利用者満足度の向上に貢献しています。
もっと見る
本当に成果が出るWebサイト運営を当社が支援します!「戦略」「クリエイティブ」「テクノロジー」のソリューションを統合して提供できる総合力が強み。デザイン制作からシステム開発、インフラ構築までトータルにお任せください。
雑誌「女性自身」オフィシャルサイト(CMS構築)
【概要】 人気の女性雑誌「女性自身」のオフィシャルサイトを、当社がCMSで構築しました。月間平均何千万PVという読者からのアクセスに対応できるサイトです。毎日次々と記事更新を行うサイトのため、ライターや編集者の方の使い勝手を考慮したCMSの設計が高い評価を受けました。
もっと見る
最先端のオープンソース・クラウドテクノロジーを利用したウェブシステム開発・運用で多数実績あり。発注者様/システムユーザー/お客様/社会の「共益」を実現するためのシステム構築とITコンサルティングに取組んでいます。
ウェブサイトから業務システムまで、まずぜひご相談ください。ウェブシステム開発・運用の技術を幅広く網羅。コンサル・設計〜開発〜運用まで総合対応。
Google App Engineを活用したマッチングサイト/インド向けアンケートサイト/ECサイトほか実績多数。弁護士業務パッケージなど自社サービスも提供。
最先端のオープンソース・クラウドテクノロジーに精通しているからこそ実現可能な高品質・低コストのウェブシステム開発。御社のウェブ戦略成功をご支援します。
もっと見る

WEBシステム アイブリ株式会社

予約システム/アンケートシステム/マッチングシステムなど、どんなウェブシステム開発もまずはご相談ください!経験豊富な現役ウェブエンジニアの代表が運営するウェブが得意な開発会社です。小規模・低予算案件から対応!
本で残せるケータイ日記「いまごと」
アイブリ株式会社は、サイボウズ社の事業発起人として、同社の創業にも関わったウェブエンジニアの橋井が代表を務める会社です。ウェブ業界における豊富なエンジニア経験とビジネス経験を生かし、お客様の受託開発ほか、自社サービスも運営しています。
もっと見る
ウェブ技術を活用した低コストで使いやすい業務システム開発ならお任せください。東証一部上場企業・日本システムウエアグループの開発会社。初めてのお問い合わせくださる企業・団体様も安心の確かな事業基盤・充実のサービス。
金融・製造・物流・流通の大手企業ほか官公庁・公共系のウェブシステム開発実績も多数。東証一部上場企業・日本システムウエアグループの開発会社です。
強みのシステム運用・保守サービス力にもぜひご期待ください。開発後も安心してシステムを継続利用していただくための万全なサポートを提供します。
お客様から寄せられるお悩みに対応した各種専門サービスを多数提供。データセンターの24時間・365日システム運用ほか、御社のご要望にまるごと応える総合サービス。
もっと見る
世界的に評価の高いCMS「Joomla!」を活用した高機能ウェブサイト制作、営業・販売管理のウェブシステム、ビッグデータ解析・活用支援などウェブ系案件実績豊富!ウェブシステム開発なら、まずは当社へご相談ください。
人工衛星画像の表示システム(東海大学情報技術センター/宇宙情報センター)
フューチャーベースの強みのひとつは、公共・学術分野向けの実績が豊富なこと。代表の山口が、20代から宇宙開発関連のシステム開発を手がけてきたこともあり、東海大学ほかサイエンス系研究機関の研究開発支援システムで多数の成果を残しています。ここでは実績の中から人工衛星画像の表示システムを紹介します。人工衛星が取得したデータを加工して分かりやすく表示しています。
もっと見る
位置情報・地図情報を活用したウェブサービス開発や、業務効率化システムの開発相談はまず当社へ。設立38年・実績500社・10万ユーザー超!位置情報ソリューションを長年進化させてきた日本国内リーディングカンパニーです。
設立38年間「位置情報×IT」をテーマに開発事例を蓄積!位置情報ソリューションのリーディングカンパニー。位置情報・地図情報活用のご相談は当社へ!
提供実績500社超・ユーザー10万人以上!位置情報ソリューション分野の豊富な実績にご期待ください!提案実績豊富な専任の営業担当がご相談に乗ります。
御社の要望や課題に合わせた個別の機能・システム開発に柔軟対応!課題解決型の提案だけでなく、経験豊富なITエンジニアによる開発体制も強みです。
もっと見る

WEBシステム 村式株式会社

ナショナルクライアントからベンチャーまで広く信頼獲得。越境EC・国内ECサイト構築の最新テーマ・技術にフル対応。御社の事業を成功させるためのWEB戦略を提案し実現!技術力と事業支援力で選ぶなら当社です。越境ECほか実績多数!
第42回東京モーターショー 日産自動車オフィシャルサイト
第42回東京モーターショーの日産自動車オフィシャルサイト。会場にいる感覚になるWEBサイトを構築。演出の実装及びサーバーサイドアプリケーション(PHP)の設計/開発/運用を担当しました。
もっと見る
サイト新規構築もスピーディ/高機能/セキュアに実現!IBM社出身のシステムエンジニアが高い技術力と豊富な開発経験を結集し実現したウェブシステム開発サービス「ReflexWorks」をご紹介します。導入企業様から多数高評価獲得!
特許公報一括ダウンロードサービス
膨大なデータの抽出や検索など、高度なデータ提供サービスをウェブ上で実現したい。そんなウェブシステム開発のご相談は、バーチャルテクノロジーにぜひお寄せください。ウェブサイトのシステム開発を、高機能かつセキュア、スピーディに行うサービス「ReflexWorks」を提供しています。
もっと見る
WEBシステムの概要と導入メリットについて
WEBシステムは広義の意味ではWEB上で稼働するアプリケーションを指すため、ECサイト、アプリ、CMS、業務システムなど全て含まれます。基本的には端末やOSに依存することなく使用できるWEBシステムは、あらゆる可能性を提示してくれるはずです。各企業で抱える様々な問題、課題をWEB活用で解決しましょう。実際にWEBシステムを発注の際には、まずは「現状」と「求める将来像」を明確にし、開発会社に伝えることから始まります。
WEBシステムの発注ポイント、金額・費用・相場について
■フルスクラッチ・既製品の選択
WEBシステムを導入する際には、まずは既製品の有無を調べてみましょう。仮に既製品を導入しない場合にも開発会社に類似品を提示することで開発のイメージを共有することができます。また、既製品はカスタマイズの可否が製品毎に異なりますので、導入の際は確認が必要です。

■プロジェクトの進め方
フルスクラッチ開発・既製品の導入に関わらず、システム導入の検討を進める際には、そのシステムを実際に使用する担当者が同席の上、検討を進めることが望ましいと言えます。トップダウンで導入したシステムを実務担当者が活用できないという事例は非常に多いものです。

■システム化する領域
いざシステム開発のプロジェクトをスタートすると、「どこまでシステム化するのか」というところで話が飛躍することが散見されます。システム化することは悪い事ではありませんが、限度を決めないと、費用は青天井に上がっていきます。また、実際に理想のシステムを実装したとしても、それを使いこなせないことや、そもそも使わないシステムが実装されているということもあるかもしれません。
ひと通り、想定されるシステムを洗い出した後に、本当に必要なシステムなのか、何のためのシステムなのかというのを確認し、適切なレベルまで絞り込むことが重要になります。
また、BtoCのシステムであれば、自社の業務効率を高めることに注目し過ぎるあまり、利用者が使いづらいものになっている可能性もあります。自社のビジネスを最大化できるよう、自社と利用者の相互が使いやすいシステムを心がけましょう。

■セキュリティ
WEBシステムはインターネットを介して利用するアプリケーションのため、ネットワークが繋がっている不特定多数の人がアクセス可能となります。その中に悪意のある利用者も存在している前提で、セキュリティ対策を施すことが必須となります。WEBシステムでどんな情報を扱っているかにより、セキュリティの対策レベルは異なりますが、個人情報や機密情報などを取り扱うシステムは、最上級レベルのセキュリティ対策をとる必要があります。残念なことに開発したシステム・サイト・サービスの知名度が高くなればなるほど、ネット犯罪の標的になりやすいということを念頭に置き、システム開発と合わせてセキュリティ対策を検討しましょう。