会社の強み

「エアトリ」を運営するエボラブルアジアの一員。大規模で高い信頼性が求められる航空券・ホテル予約サイトのシステムを一手に担っています。

株式会社ハイブリッドテクノロジーズは、東証一部上場をしている株式会社エボラブルアジアのグループ会社で、東南アジアにおける日系オフショア会社の中で最大規模の人数を誇るシステム開発会社です。親会社の株式会社エボラブルアジアは、航空券やホテルなどの予約サイト「エアトリ」を運営しており、当社は、このサイトの全ての開発の実務を担っております。

 

「エアトリ」のシステムで難しいところは、航空会社によって異なるシステムをシームレスに連携させなければいけないところ。しかも、航空会社だけではなく、鉄道やホテルなどを含めて、各社のシステムの仕様が変更されるとそれに対して迅速に対応しなければなりません。当社は、このような要求が高く、大規模なシステムを数多く手がけていることが強みです。

 

それ以外にもグループ会社には、ゲーム領域の開発を行うGREE社との合弁会社グレボ、ゲームVR向け3DCG素材制作を行うPUNCH、KICK、高度なWebサイト制作を行う電通テクノキャンプなど6社があります。これらグループ会社とも連携できることが強みの一つです。

 

お客様専属のベトナム人ブリッジSEが国内でお客様のご要望をお聞きし、ベトナムの開発チームに指示を出す「ハイブリッド型」開発が特徴。

当社は、ベトナムのホーチミン、ハノイ、ダノンに拠点を持ち、高品質なオフショア開発を得意としています。オフショア開発でお客様が危惧することはコミュニケーションとマネジメントでしょう。それを解決するために当社が提供しているサービスが、社名にもある「ハイブリッド」型の開発です。これは日本で日本語のコミュニケーションが取れるベトナムのエンジニアをブリッジとして、そのブリッジエンジニアが、お客様の専属となり、ベトナムのエンジニアたちを開発チームとして、直接指示する開発スタイルです。

 

従来のオフショア開発では、日本語のわかるエンジニアが他国にいて、お客様とコミュニケーションをとる際は、お客様に現地まで来ていただくか、遠隔で対応する、というケースがほとんどです。現地に行くのでは工数もコストもかかりますし、遠隔では心理的な不安もあるでしょう。

 

当社では、日本でのシステム開発の実務経験を積んだベトナム人のブジッジエンジニアをお客様先に置き、お客様とは日本語で案件を整理し、その内容をベトナム語でベトナムのエンジニアに指示します。そのことでお客様とのコミュニケーションロスを減らし、お客様のマネジメントコストを下げるモデルを作っています。また、品質を担保するため、独立した組織としてクオリティコントロール部門を設置しており、そのメンバーをアサインさせていただくことで、開発プロセスにおいて状況の可視化を行い、お客様の不安を軽減しています。

 

ベトナムの強みはIT人材が豊富にいる、ということです。特に若いエンジニアが多く、弊社はその中でも優秀なエンジニアの採用と離職を抑えることができる体制を整えています。また、日本とベトナムは時差が2時間しかありません。アメリカなどと違い時差を考える必要がない点もメリットです。