会社の強み

ベトナムでの受賞歴多数。豊富な人材と高い満足度でお客様の業務をサポートします。

当社は2012年4月にベトナム・ハノイで創業しました。その後ダナンとホーチミンに支社を設け、東京にも2016年に日本法人(株式会社リッケイ)を設立。2020年には大阪にも支店を出す予定です。現在の従業員数は1000人を超えており、2025年にはグループ1万人を目標としています。

 

本社はベトナムですが、2017年末までは100%日本企業の仕事を手がけており、大手企業を中心に750以上もの案件実績があります。現在はベトナム国内やアメリカからの仕事にも対応しています。当社は日本の商習慣をよく理解しており、また、社内でお客様満足度やノウハウ等の管理も行っているため、お客様の継続率が97%と非常に高いご評価をいただいています。

 

ベトナムでの受賞歴も豊富です。ベトナムIT協会(VINASA)の「ベトナムトップICT企業30」に2014年から5年連続で選定されているほか、ベトナムのリーディングITアウトソーシング企業に贈られる「VNITO賞」の受賞、ベトナムのソフトウェア・ITサービス業界で最も権威のある「サオクエ賞」を3年連続で受賞しています。また、当社の現会長と現リッケイジャパン社長の2名が、フォーブスベトナムの「Top 30 Under 30」に選ばれております。

 

日本語対応にも注力、コミュニケーションの壁を感じさせません。

当社は成長スピードが速く、ベトナムでの2018年の成長率は180%を超えました。その背景には従業員のモチベーションの高さや、旺盛なチャレンジ精神があります。

 

しかし、どんなにモチベーションが高くても、チャンスに対応できなければ意味がありません。そこで日本法人を作り、より多くのチャンスに対応できるようにしました。

 

ベトナムの開発会社というと、コミュニケーションに不安を感じられるお客様も少なくないと思います。そこで当社では日本語対応にも力を入れております。まず、当社スタッフの半数程度が日本語能力試験N1~N3を取得しており、すべての業務において日本語でのコミュニケーションが可能です。また、システム開発経験豊富な日本人メンバーをマネージャーとして立てており、直接お客様と日本語でやり取りすることができます。

 

当社ではシステム開発以外にAI(人工知能)技術にも力を入れており、日本やベトナム国内での案件に対応しています。例えばベトナム語のスピーチのテキスト翻訳を手がけていますが、多くの翻訳ソフトがハノイの標準語にのみ対応しているのに対し、当社のAI技術を使うことでベトナム全土の方言に対応することが可能です。また、体の不自由な人に無料でAIアプリをインストールした端末を配布し、日常生活に役立ててもらえるよう、AIを使った社会貢献も行っています。

 

優秀な人材を豊富に揃え、さまざまな技術に対応することが可能です。ぜひ一度ご相談ください。

検討中企業リスト
--