NashTech Japan株式会社

社内システムと連携したアプリ、グローバル規模で展開しているアプリ、AI技術を組み込んだ最先端アプリなど、豊富な開発実績が強み

発注ナビ担当者からのコメント

NashTech Japan株式会社は、世界的なIT関連企業であるHarvey Nashのシステム開発会社・NashTechの日本法人として設立されました。ベトナムのホーチミン市とハノイ市にオフショア開発の拠点を持ち、東京都港区に日本法人を構えています。ホーチミンとハノ… もっと読む
主な価格帯(万円)
100
200
300
400
500
1,000
2,000
対応エリア
北海道、東北、関東、中部・北陸、関西、中国・四国、九州・沖縄
more

アプリ開発の特長

開発担当者からのメッセージ

NashTech Japanは、ベトナムのホーチミン市とハノイ市に開発拠点を構えるシステム開発会社です。イギリスに本社を置く世界的なIT関連企業であるHarvey Nashのシステム開発会社・NashTechの日本法人として設立されました。NashTechとして、ベトナムには18年も前に進出しています。現在、在籍する技術者は2000人を超え、全員がベトナム人。平均年齢は27.3歳と若く、AIやブロックチェーンなどの最先端技術を活用したシステム開発、システムと連携して利用するアプリの開発に積極的に取り組んでいます。

当社では開発自体はベトナムで行いますが、日本法人が日本側の窓口となって対応やサポートを行います。15名のブリッジエンジニアは全員がベトナム人で、日本語が堪能なのはもちろん、技術の理解力が高く、開発現場とお客様との確実な「橋渡し」をしています。

また、当社は、主にシステム開発におけるプロセス管理を評価するモデルであるCMMI(Capability Maturity Model Integration)で、最も高いレベル5の評価を得ています。技術に裏打ちされたプロセス管理がしっかりできることで、例えば他のシステム開発会社で途中まで開発を手がけていたが、途中でストップしてしまったような開発案件を当社に依頼してくるお客様も数多くいらっしゃいます。

小規模のプロジェクトから、大規模なラボ型開発まで柔軟に対応するオフショア開発を提供する当社に、ぜひご相談ください。

アプリ開発 活かせる特長・強み

業務システムと連携したスマートフォンアプリや、スマートウォッチとの連携アプリ、AIを組み込んだアプリなど多数の開発実績。

アプリ開発における当社の強みは、まず豊富な開発実績を持っていることです。外出先からスマートフォンやタブレット端末経由で業務システムにアクセスして作業できるようにするアプリや、スマートウォッチと連動したアプリのほか、スマートフォンのネイティブアプリなど幅広い実績があります。

 

また、世界的な自動車関連企業からの依頼で、駐車場の予約システムと連動したスマートパーキングのアプリも開発し、全世界的に展開しています。あらかじめ目的地の空いている駐車場を探して予約することができるというもので、ロンドンをはじめシンガポールやクアラルンプールなど、都市ごとにカスタマイゼーションしつつグローバル規模で展開しています。

 

当社ではAIの高い技術を持っており、AIを組み込んだアプリの開発でも実績があります。中国のファッションサイトのアプリでは、商品の購入データやSNSへの投稿履歴、チャット履歴などのデータ分析をもとに、トレンドを予測してメーカーに提供したり、ユーザーごとにリコメンドを表示するといったサービスを展開しています。

 

ベトナム拠点のオフショア開発を提供。日本法人による手厚いサポートが強みです。

当社では、ベトナムに構えた拠点で品質にこだわったアプリ開発をグローバルに提供しています。日本側の窓口となる日本法人では、セールス、マーケティング、技術サポート、納品などに対応。日本語が堪能で技術のことも分かっているベトナム人のブリッジエンジニアが対応するので、コミュニケーションがストレスなく円滑に進みます。

 

日本の窓口を通さず、ベトナムの開発拠点と直接交渉することもできます。すでに細かい仕様書がある場合など、開発現場と直接やり取りした方がコミュニケーションの無駄がなくスピーディーに開発が進む場合もあります。直接的なオフショアと、日本側でサポートを提供する両方の体制に対応しているのが、当社の特長です。

 

社内のシステムとアプリをどう連携させていくのかを考えた開発が得意、CMMIレベル5認定なので品質、納期とも自信があります。

当社ではウォーターフォール、アジャイル、ラボ型、一括請負契約と、さまざまな開発手法、契約形態に柔軟に対応します。ウォーターフォールで始めて、途中でアジャイルに変更することも可能。PoCを行ってから契約や開発に進むので、お客様は事前にシステムの全体像をイメージすることができます。つまり、そうしたシステム開発の過程の中で、「アプリをどうシステムと連携させていくのか」、例えば、実際に外出先でアプリを使う営業担当者が「どういった使い方ができると便利なのか」などを確認しつつ、柔軟にアプリ開発を進めていけます。

 

また、当社は、CMMIで最も高いレベル5の評価を得ています。レベル5と認定されるには、プロセス管理、品質管理、納品において厳しいチェックをクリアしなくてはなりません。日本は期日通りの納品を重視するお客様が多いですが、当社はこれまで日本国内で納品の遅延は一度もありません。CMMI最高評価にふさわしい安心と信頼のシステム開発会社、それがNashTech Japanなのです。

アプリ開発におけるNashTech Japan株式会社について

NashTech Japan株式会社の、会社概要、アプリ開発の実績、費用、会社概要、クチコミ・評判などの情報を独自の取材に基づき、公開しております。 NashTech Japan株式会社と合わせて検討されることが多い他のアプリ開発企業との費用や実績やクチコミ・評判、会社概要による比較も可能です。 さらに会員登録(無料)いただくと、NashTech Japan株式会社の社員の情報や全てのクチコミ・評判を閲覧することもできます。 アプリ開発についてだけでなく、システム開発会社やアプリ開発会社、ホームページ制作会社等の発注先の選定・比較にもぜひ発注ナビをお使いください。
検討中企業リスト
--