株式会社スプラシア

アンケートやマッチング、動画やサイネージといった、 マーケティング文脈でのWEBサービスを開発することが得意です。 実用最小限の開発を短期間で実行し、”売れる”サービス創りをご一緒します。 上場企業グループ傘下であり、グループナレッジを活用し、AIやIoT、 RPAやDX文脈も対応を致します。

発注ナビ担当者からのコメント

株式会社スプラシアは、2007年に設立されたシステム開発会社です。最初の10年は、動画系を中心としたソリューションパッケージの開発や、ラボを活用したオフショア開発、受託開発などを展開してきました。2016年に、展示会やイベントのプロモーション、デ… もっと読む
主な価格帯(万円)
100
200
300
400
500
1,000
2,000
対応エリア
北海道、東北、関東、中部・北陸、関西、中国・四国、九州・沖縄
more

アプリ開発の特長

開発担当者からのメッセージ

当社では、アプリ開発における「ご提案から本開発まで」を3つのフェーズに分けて考えています。

フェーズ1は、PoC(概念実証)です。そのアプリを使う社内外の人たちに対して、まずは、ブラウザで動く「紙芝居」的な簡易な仕組みを作り、どういったアプリなのかを理解していただきます。このPoCを実行することで初期段階から具体的な提案が可能となり、実際にシステムを使う人たちの反応も見ることできます。

さらに、その反応を見ながら、「画面にはどのような機能や情報が合ったら良いのだろうか」といったことを検討できるようになります。新サービスや新商品をリリースする前のテストマーケティングに近いイメージですが、テストマーケティングをより簡素に早く実施していこうという提案方法です。

フェーズ2はMVP開発と呼んでいる段階です。「最小限の開発でアイデアを検証」という意味合いですが、ここでの必要最小限とは、お客様がそのアプリを使って「収益が上げられる」最小単位と定義しています。つまり、「ここまで開発すれば、これらの機能を使ってサービスなどを提供し収益を上げられる」ことをミニマムとして開発していきます。

フェーズ3は本開発です。この本開発は、一定期間、一定の要員を確保する契約形態であるラボ型開発としてご提案をしています。ラボ型開発は、お客様の開発案件専任のチームを作成しノウハウを蓄積しながら同じリソースで開発を続けていくためにおすすめしています。

アプリ開発 活かせる特長・強み

ARやVR、IoTなどを組み合わせたアプリ開発も手がけています。

親会社である博展にはデジタル映像を制作する部署があり、その部署との連携をしてAR/VR/AI/IoTを取り入れたアプリを開発することも可能です。

 

最近では、3DとARを組み合わせた地域の課題解決アプリの開発を手がけています。『ポケモンGO』的なアプリですが、地域の課題に対してその地域のユーザーが投げ銭をしていき、投げ銭が貯まってきたら解決可能な業者が手を上げていくという斬新な仕組みのアプリとなりました。クラウドファンディングとクラウドソーシングをミックスさせたようなアプリです。

 

また、IoTセンサを活用した水分量センサの計測データ取得アプリの開発も手がけています。IoT開発はハードウェア的な側面だけでなくソフトウェア的な側面もあるので、開発も難しいものがあります。通常ならコストがかかる開発ですが、当社ならラボ型開発を活用することでリーズナブルな費用感でお受けすることも可能です。「IoTセンサでデータを収集し分析して次の事業計画に役立てたい、次の事業展開を考えたい」というご相談に対しても対応が可能ですので、ご興味がある発注者様は、是非一度、当社にご相談ください。

 

最小限の開発でアイデアを検証していくMVP(Minimum Viable Product)開発を取り入れています。

当社では、MVP(Minimum Viable Product)開発を得意としています。このMVP開発とは、必要最小限の小さいものから開発していき、それを実際にお客様に使っていただいて反応を確認してから本開発に入るというものです。

 

MVP開発は、前例のない施策や技術評価が定まらない試みなど、不確実性の高いシステム開発に強みを発揮します。新規に自社でサービスを開始したいとお考えのお客様であれば、サービスインの前の開発段階で多大なコストを投下することは大きなリスクがあります。そういったケースでもMVP開発が得意な当社にお任せ下さい。

 

このMVP開発を支えているのは、当社に所属しているハイブリッドエンジニアたちです。ハイブリッドエンジニアには、1つの技術に特化するのではなく、WEB、iOS/Androidアプリ、UI開発、インフラ構築など、一人ひとりが幅広い経験のスキルを保有しているという強みがあります。その上で、プロジェクトごとに最適なアーキテクチャ設計から、技術的な課題解決、サービスリリースまでの安定したプロジェクト進行をサポートしていきます。

 

100名規模のエンジニアのリソースをすぐに集められるので、短納期&大規模開発案件にも対応可能です。

フェーズ3の本開発にラボ型開発を取り入れることで、短納期かつ大規模な開発にも対応することができます。当社がフィリピン・セブとベトナム・ハノイに持つスプラシアラボでは、100名規模のエンジニアのリソースをすぐに集められるというメリットを持っています。そのため、短納期の開発でもリソースが理由でお断りした開発案件はございません。

 

集められたエンジニアでお客様専任のチームを組織。チームビルディングを行いながら、事前に決めた仕様通りに開発を行うだけでなく、トライ&エラーで目指すゴールを達成させていただきます。

アプリ開発における株式会社スプラシアについて

株式会社スプラシアの、会社概要、アプリ開発の実績、費用、会社概要、クチコミ・評判などの情報を独自の取材に基づき、公開しております。 株式会社スプラシアと合わせて検討されることが多い他のアプリ開発企業との費用や実績やクチコミ・評判、会社概要による比較も可能です。 さらに会員登録(無料)いただくと、株式会社スプラシアの社員の情報や全てのクチコミ・評判を閲覧することもできます。 アプリ開発についてだけでなく、システム開発会社やアプリ開発会社、ホームページ制作会社等の発注先の選定・比較にもぜひ発注ナビをお使いください。
検討中企業リスト
--