検討中企業リスト
--

アプリ開発会社一覧

【現在の検索条件】 下限無し - 上限無し/全国

検索条件を変更する

アプリ開発会社を絞り込む
予算
-
地域
目的
デバイス
得意とするアプリ
人工知能(AI)を活用したアプリを、公開済みのAI技術と独自の画像認識技術を組み合わせ、コストを抑えて開発します。
公開されているAI技術と独自のAI技術を組み合わせて、例えば、通行人を自動カウントするアプリなどを開発しています。
丁寧なコンサルティングで、お客様のニーズを実現するアプリを開発いたします。
中国拠点のオフショア開発も選択肢として提示。品質の高いシステムを適正価格で提供いたします。
もっと見る
多くのお客様から支持されている実績と技術力。そして新しいことにチャレンジするマインドとデザイン力を持ったシステム開発会社です。
デザイナーとエンジニアの境界がなくなっている現在、デザインができるエンジニアが使いやすく綺麗なUIを制作します。
地図は既成のMap Kitは使用せず、オリジナルで制作。お客様やユーザーの利便性を最優先に考えます。
独自の展開として自閉症や言語障害を持つ方を支援するアプリも開発。社会貢献というよりも誰もがアプリを楽しめる世界を作りたい。
もっと見る
アプリ開発が初めての企業・団体様もご安心ください!スマホ・タブレットに精通した専門エンジニアが最適な画面・機能・コンテンツを提案!企画・開発からストア公開・運用・保守までトータル対応し御社のアプリ運営を継続支援します。
iOS/Androidどちらも対応!スマートフォン独自のUI/UXに精通し最適な画面・機能・システム設計を提案できる経験・実績豊富なメンバーが担当します。
Webシステムやホームページを含め、あらゆるシステム開発・コンテンツ制作にトータル対応可能!企画段階からご相談いただけます。
開発後の運用・保守にも豊富な経験・実績を持つメンバーたち。継続的な対応が可能です!御社のアプリ運営パートナーとなって長期サポートいたします。
もっと見る

アプリ開発 株式会社JET

業務システムをスマートフォンやタブレットで使うためのアプリを開発。OSやデバイスに縛られない対応力が強み
外出先から業務システムへアクセスできるアプリなど、業務の効率化を支援するハイブリッドアプリが得意です。
モックアップを作成し、完成品の視覚的なイメージを共有しながら開発を進めることができます。
少人数体制なので異動がなく、エンジニアが営業から保守まで一気通貫でサポート。長く付き合えるシステム開発会社です。
もっと見る

アプリ開発 株式会社nitd

HTML5によるラッピングでのアプリ開発が得意、Webアプリをネイティブアプリのようにスマホやタブレットで使いこなせます。
一般的なシステム開発会社なら開発チームで取り組むようなWebアプリの開発も、当社は一人のフルスタックエンジニアが対応します。
Webアプリ開発における豊富な実績とノウハウをもとに、低コストで高品質なアプリを、スピード感を持って開発します。
きめ細かいヒアリングで、お客様の要望を聞き取り、確実にアプリで実現します。
もっと見る
ネイティブアプリからWebアプリ、Webシステムと連携するアプリを、高品質なオフショア開発でリーズナブルに提供
「日本企業の商習慣を深く理解し」、「日本企業向けシステム開発のノウハウを蓄積した」、技術力の高いオフショア開発が強みです。
日本語が堪能なプロジェクトマネージャーがブリッジSEとしてお客様とのコミュニケーションを円滑に進めることができることが強みです。
PC向けスマホ向けWeb向けを一括開発することでコスト削減。ツールやゲーム、通販アプリなど幅広い実績が強みです。
もっと見る

アプリ開発 Heligate

ECアプリ、エンタメ系アプリなど、日本向けのアプリ開発経験も豊富。高品質なアプリを素早く開発します。
ベトナムと日本で豊富なアプリ開発の実績。ネイティブ、ハイブリッドも対応可能で、システムと連携したアプリ開発も得意です。
UI/UXのデザイナーは複数名在籍。アプリで最も重要な「使いやすさ」は、お客様ととことん詰めてから開発に着手。
モバイルアプリ開発はプロトタイピングでやり取りするアジャイル方式で。
もっと見る
一般ユーザー向け公式アプリ、社内利用スマートフォンアプリ、BtoB/BtoC/CtoC/シェアリングエコノミーサービスのスマートフォンアプリなど実績豊富!アジャイル開発・ラボ開発による低コスト・高品質・スピード開発が特長!日本企業向けオフショア開発サービスの専門企業です。
日本向けオフショア開発サービスの専門企業。若く優秀なITエンジニアが多数在籍し最新技術に対応!大規模開発や運用・保守サービスにも十分対応可能なキャパシティを実現しています。
オフショア開発の「低コスト」に加えて「アジャイル開発」による短納期にもご期待ください。エンジニアへの要望・相談もしやすく、イメージ通りのシステムをスピーディに実現可能です。
御社専任のエンジニアや開発・運用チームを確保していただける「ラボ開発」も好評です。システム開発から運用・保守まで一気通貫のワンストップソリューションを提供いたします。
もっと見る

アプリ開発 株式会社ITSOL JAPAN

アプリ開発も日本でコンサルティングをしてベトナムで開発、日本のお客様は「ベトナムに開発子会社を設立」したかのように活用できる。
通販サイトやホテル検索アプリなど業務システムやWenbシステムと連携するアプリの開発で豊富な実績。
日本でお客様の要望をヒアリングし(コンサルティング)、ベトナムで開発するからリーズナブルでスピーディーな開発が可能。
リーズナブルでスピーディーなアプリ開発を支えるSEのスキルと能力、SES事業や日本企業の採用支援も。
もっと見る
スマホアプリからWebアプリ、Webシステムと連携したアプリ開発まで、豊富な開発実績があります。
高い技術力で、小規模アプリからシステムと連携したアプリまで、開発実績が豊富にあります。
日本国内、オフショア、ラボ型など、お客様の要件や予算によって、開発体制を柔軟に組み合わせることができます。
高い技術力と経験を持つエンジニアを揃え、高品質なアプリを開発。
もっと見る
アプリ開発の概要と導入メリットについて
スマートフォン/タブレットアプリの開発には様々なメリットがあり、BtoBとBtoC(及びCtoC)の2つに大別することができます。
BtoB向けにおけるアプリ開発の多くが、業務効率化を目的としたものです。スマートフォン/タブレットの普及により、「いつでも」「どこでも」環境を問わず、インターネットに接続できることが最大のメリットです。顧客管理システム/グループウェア/受発注システムなどと連携し、あらゆるビジネスシーンでの活用が期待できます。
一方でBtoC(及びCtoC)におけるアプリ開発の目的はいくつか存在します。ダウンロード課金やアプリ内課金など、アプリそのものでのマネタイズを期待するものや、CtoCの物販プラットフォームのように利用者の手数料(利用料)で運営されているアプリなどが数多くリリースされています。
また、自社の顧客囲い込みにもアプリが活用されており、例えば自社ECサイトをアプリ化することで、サイトにアクセスしやすい状況を作り、適切なタイミングでクーポンなどを発行するなど、顧客囲い込みツールに必要な機能がアプリには多く実装されています。
BtoB/BtoCどちらに限らず、一度ダウンロードすれば、手軽に利用してもらえるのがアプリ開発最大のメリットと言えます。
アプリ開発の発注ポイント、金額・費用・相場について
■OS/デバイス
基本的にはAndroidアプリとiOS(iPhone/iPad)アプリの2つが存在します。
それぞれ異なるプログラミング言語を使用して開発を行なうため、AndroidとiOSの両方に対応したアプリを開発する場合には単純に1.5倍~2倍の開発費用が発生します。
アプリの機能によっては、一つのプログラミング言語(ワンソース)で複数のOSに対応のアプリを開発することも可能な場合もあるので、開発会社に相談してみましょう。
※ただし、ワンソースでの開発を検討する場合は「特定のデバイス(端末)だけ使用できない機能がある」「処理速度が遅い」などのデメリットも検討する必要があります。

■デザイン・画面数
アプリはPCよりも小さい画面で操作する為、ユーザビリティが非常に重要になります。
一般的なホームページ制作と同様にデザイン費用が発生しますが、ウェブ制作よりも更にUI(ユーザーインターフェース)に気を遣って設計する必要があります。
事前にデザインや画面設計が似ているアプリを参考として準備しておくことで、開発会社にイメージを伝えやすくなります。

■機能
アプリには以下のような機能が実装可能です。高機能になればなるほど高額になります。
カメラ/位置情報(GPS)/SNS/決済/プッシュ通知/会員登録・管理/AR・VR/ など

■審査(ストアー出展)
AndroidアプリやiOSアプリをストアーに出品する為には審査が必要になります。
審査には費用がかかる場合もあります。
一般的には開発会社に一括で依頼するケースが多いですが、自社で申請することも可能です。

■運用費用
アプリ開発は開発して終わりではありません。そこで、開発後に発生する可能性がある費用を確認します。
・月額運用費用(サーバ利用料や更新等の運用費用)
・バージョンアップに関するアプリ改修費用
特にバージョンアップに関する改修費用は検討段階では抜け漏れているケースが多いので注意が必要です。
OSのバージョンアップの際に「アプリが動かなくなった」等のトラブルは非常に多いものです。
このような開発後の費用についても開発会社と事前にしっかりと共有しておくことが大切になります。