検討中企業リスト
--

アプリ開発会社一覧

【現在の検索条件】 下限無し - 上限無し/九州・沖縄

検索条件を変更する

アプリ開発会社を絞り込む
予算
-
地域
目的
デバイス
得意とするアプリ
マイクロソフトWindows Phoneチームが設立した「ビザイナ」が子会社。スマートデバイスのOSやセンサー、プロセッサなどのコア技術からUI/UXデザインまで精通したサイブリッジグループが高品質アプリの実現をお約束します。
横浜トリエンナーレ2014公式アプリ
iBeaconとGPSを利用した横浜トリエンナーレのスタンプラリーアプリとなります。
もっと見る

アプリ開発 CYOLAB Pte. Ltd.

UI/UXデザインに強み、CMSなどシステムと連携したアプリ開発の実績が豊富です。
飲食店向けセルフオーダーアプリ
飲食店で店員さんを呼ぶことなく、各テーブルのタブレットを使用し注文や注文履歴・金額の確認ができます。 また、飲食店のオーナーはテーブルやメニューのカスタマイズをすることができます。
もっと見る

アプリ開発 GMO-Z.com RUNSYSTEM

ベトナム・日本共同開発で圧倒的な低コストと高品質を実現!今年10周年を迎えるGMOグループのスマートフォンアプリ開発会社です。開発実績すでに140超!最新技術対応、開発〜アプリ申請〜アドホック版提供までお任せください。
部屋を片付けないとママに怒られる!楽しいゲームアプリ「Angry Mama」
ママのキャラクターづくりを含め、アプリのコンテンツ企画からデザイン、システムの開発まで当社がトータルに関わりました。日英両対応、海外ユーザーからのダウンロード数も多い、気軽に楽しく遊べるゲームアプリ「Angry Mama」を紹介します。
もっと見る
豊富な経験を生かした対応力の広さにご期待ください!音・医療・ゲームなど得意ジャンル多数! iPhone/Androidアプリの新規開発・改修など、アプリ開発のことなら何でもお問い合わせください。ご相談は無料です。
嚥下機能評価アプリ(筑波大学)
医療系のアプリ開発に興味をお持ちの方、音に関するアプリ開発に強い会社を探していらっしゃる方など、ぜひご注目ください。筑波大学様のご依頼で開発した「嚥下機能評価アプリ」を紹介します。従来は大がかりな機器や装置が必要だった嚥下機能評価を、スマートフォンアプリで簡単かつ正確に行なえるようにしたものです。
もっと見る
医療・介護の業務用アプリから、iBeacon/Bluetooth/デジタルサイネージ/顔認証/人型ロボットなどの新技術・デバイスを活用した最新アプリまで実績多数!将来性の高いアプリ開発に早くから注力してきた社歴38年のシステム開発会社です。
iOS/Android/Windowを問わず実績多数!スマホ・タブレット関連の新しい技術や開発ノウハウに精通しています!38年のシステム開発実績を持つ会社です。
アプリ開発をつうじて御社の業務効率化・業績拡大を支援します!医療・介護・農業・流通・金融・サービス・不動産・官公庁ほか実績多数!業務知識があります。
近距離通信/デジタルサイネージ/顔認証/画像処理/音声認識/バーチャルリアリティ/ドローン/人型ロボットなど注目の新技術・新デバイスに数多く挑戦しています。
もっと見る
貴社のIT環境と業務内容を理解し、ニーズに合った開発をご提案してくれる開発会社です。本当に使いやすいアプリ開発を提供してくれます。
太陽技研株式会社様勤怠管理アプリ制作事例
電波の届かない場所でもシステムで出退勤を管理できるアプリケーション。ID読み取り機能付きのタブレットで表示することで利便性を高めました。
もっと見る

アプリ開発 バリスタ株式会社

実績豊富な代表・取締役が御社からのご相談・ご依頼に直接対応します!「マーケティング力」と「開発技術力」2つの強みを融合させて提供する最新のデジタルマーケティング支援にご期待ください。大手企業・有名ブランド事例多数!
JALショッピング(公式)商品検索アプリ
JALショッピングサイトと連携した、商品検索アプリです。フロントエンド(アプリ全般の企画、UI/UX設計、実装)とバックエンド(DB設計・開発、API設計・開発)全般の設計および開発に携わりました。
もっと見る
AR/位置情報/iBeaconなど最新技術はお任せください!葬儀/不動産・住宅/貸衣装・スタジオ/ブライダルなど業種特化のアプリ開発ノウハウも豊富です。御社の事業とサービスに最大限役立つアプリの実現をご支援します。
郵船ロジスティクス株式会社様に検品アプリを導入いたしました。
物流大手フォワーダーの郵船ロジスティックス様の国内・国外主要空港の倉庫の検品作業者向けにバーコードリーダーとの連携、GPS情報、事故チェックリスト、写真の編集・書込み等、様々な要望に応えて構築いたしました。 現在、成田空港、名古屋空港、大阪空港で利用されており、多言語対応も完成しているために、海外での利用も開始されようとしております。
もっと見る
業務系PCからモバイルまで、あらゆるデバイスに向けたアプリ開発に対応。ネットワーク関連の技術を活かした、クラウド連携のアプリも開発可能です。
スタンドアローンからネットワーウ対応まで。あらゆる要求に対応可能な多くのノウハウ。用途や目的に応じ、お望みのアプリを開発いたします。
ネイティブアプリへの対応もOK。デバイスの特性を踏まえたアプリをフルスクラッチで開発いたします。
モバイルアプリで、ビジネスを効率化。基幹システムと連携すれば、たとえば社員の残業時間を大幅に減らすことも可能です。
もっと見る
業務システムの開発で実績30年以上!本当に使える業務用アプリのご依頼は当社まで。デザインも含め総合対応。グループにネット広告会社あり。アプリの企画〜開発〜運用まで全面支援します。
当社が独自開発!iPad販売支援システム「ChanceApp」の導入成功事例
当社はiPad用販売支援システム「ChanceApp」を独自に開発し、企業・店舗様ごとにカスタマイズ提供しています。ここではその導入成功事例として、トレーディングカード販売買取店様の実績を紹介します。
もっと見る
アプリ開発の概要と導入メリットについて
スマートフォン/タブレットアプリの開発には様々なメリットがあり、BtoBとBtoC(及びCtoC)の2つに大別することができます。
BtoB向けにおけるアプリ開発の多くが、業務効率化を目的としたものです。スマートフォン/タブレットの普及により、「いつでも」「どこでも」環境を問わず、インターネットに接続できることが最大のメリットです。顧客管理システム/グループウェア/受発注システムなどと連携し、あらゆるビジネスシーンでの活用が期待できます。
一方でBtoC(及びCtoC)におけるアプリ開発の目的はいくつか存在します。ダウンロード課金やアプリ内課金など、アプリそのものでのマネタイズを期待するものや、CtoCの物販プラットフォームのように利用者の手数料(利用料)で運営されているアプリなどが数多くリリースされています。
また、自社の顧客囲い込みにもアプリが活用されており、例えば自社ECサイトをアプリ化することで、サイトにアクセスしやすい状況を作り、適切なタイミングでクーポンなどを発行するなど、顧客囲い込みツールに必要な機能がアプリには多く実装されています。
BtoB/BtoCどちらに限らず、一度ダウンロードすれば、手軽に利用してもらえるのがアプリ開発最大のメリットと言えます。
アプリ開発の発注ポイント、金額・費用・相場について
■OS/デバイス
基本的にはAndroidアプリとiOS(iPhone/iPad)アプリの2つが存在します。
それぞれ異なるプログラミング言語を使用して開発を行なうため、AndroidとiOSの両方に対応したアプリを開発する場合には単純に1.5倍~2倍の開発費用が発生します。
アプリの機能によっては、一つのプログラミング言語(ワンソース)で複数のOSに対応のアプリを開発することも可能な場合もあるので、開発会社に相談してみましょう。
※ただし、ワンソースでの開発を検討する場合は「特定のデバイス(端末)だけ使用できない機能がある」「処理速度が遅い」などのデメリットも検討する必要があります。

■デザイン・画面数
アプリはPCよりも小さい画面で操作する為、ユーザビリティが非常に重要になります。
一般的なホームページ制作と同様にデザイン費用が発生しますが、ウェブ制作よりも更にUI(ユーザーインターフェース)に気を遣って設計する必要があります。
事前にデザインや画面設計が似ているアプリを参考として準備しておくことで、開発会社にイメージを伝えやすくなります。

■機能
アプリには以下のような機能が実装可能です。高機能になればなるほど高額になります。
カメラ/位置情報(GPS)/SNS/決済/プッシュ通知/会員登録・管理/AR・VR/ など

■審査(ストアー出展)
AndroidアプリやiOSアプリをストアーに出品する為には審査が必要になります。
審査には費用がかかる場合もあります。
一般的には開発会社に一括で依頼するケースが多いですが、自社で申請することも可能です。

■運用費用
アプリ開発は開発して終わりではありません。そこで、開発後に発生する可能性がある費用を確認します。
・月額運用費用(サーバ利用料や更新等の運用費用)
・バージョンアップに関するアプリ改修費用
特にバージョンアップに関する改修費用は検討段階では抜け漏れているケースが多いので注意が必要です。
OSのバージョンアップの際に「アプリが動かなくなった」等のトラブルは非常に多いものです。
このような開発後の費用についても開発会社と事前にしっかりと共有しておくことが大切になります。