発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

WEBシステム開発を成功させる8個の手順

ホームページを作るとき、お問い合わせフォームや、予約システムをつけたいという要望があります。それらはWEBシステムと呼ばれ、導入するには開発会社による専門的な制作が必要となります。ここでは、WEBシステムを開発する際の流れや気を付けなければならないことを8つの手順として分類し、1つずつ詳しくご紹介していきたいと思います。

  1. WEBシステム開発とは
  2. 開発したいものを明確にする
  3. 依頼する会社選びを行う
  4. 各社に要望を伝える
  5. 見積りを比較し発注先を決定する
  6. 開発の開始
  7. 開発中の進捗管理
  8. システムのテストと公開

1.WEBシステム開発とは

WEBシステムとはどんなものか確認する

WEBシステムには様々な種類があります。 検索システムやアンケートシステム、予約受付システムなどページ上で使える機能をさす場合もあれば、 メルマガ配信システムやデータベースとの連携まで行う管理画面側の機能をさしている場合もあります。 いずれの場合もサーバ側でPHPやperlなどのプログラム言語を実行して動作するものですので、 プログラムを実行することによって実現できる機能をまとめてWEBシステムと考えても問題はありません。

WEBシステム開発の行程を確認する

Webシステムの開発は大きく3つの工程に分かれます。
1.企画を立案して、仕様を決める段階。
発注者側が開発したいWEBシステムを検討し、それを開発する会社を選定します。 開発会社と共に仕様の詳細を決めていきますが、この段階で詳細な仕様がスムーズに決められると、その後のプロジェクトが順調に進みます。
2.実際に開発を行う段階。
この段階では、決められた仕様に基づいて開発会社が開発を進めていきます。 発注者側は進捗を確認するために定例会などを開いて成果物を確認し、遅れがないかどうかを把握します。
3.完成したシステムのテストを行う段階。
テストは、開発者側、発注者側だけでなく、テストを専門に行う会社を利用することもできます。 この段階で動作に問題があれば、修正が可能です。修正が完了し問題がなくなれば公開となります。

関連する記事

PAGETOP