発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

開発会社に聞いた『発注が上手くいく3つのポイント』 vol.4「誠実な姿勢」

発注先選定に悩む担当者様必見のインタビューコラム。第4回は、メンタルヘルス事業を展開するIMAGINEさんと、インフォ・ラウンジさん、そして発注ナビ編集者の対談形式でお届けします。

インフォ・ラウンジ,IMAGINEインフォ・ラウンジ合同会社 業務執行社員 伊藤 宗太さん(左外)/代表社員・社長 肥田野 正輝さん(左中)
株式会社IMAGINE マーケティング担当執行役 小池 基美男(右中)/代表取締役 平井 輝幸さん(右外)

発注ナビで見つけた、「相性の良い」会社。

Q. まず発注会社のIMAGINE さんにお聞きします。
どのようなビジネスをなさっているのですか?

平井(IMAGINE)当社はメンタルヘルス事業を展開する会社です。様々な企業や団体向けに、従業員や職員のストレスチェックを行い、うつ症状にある方を発見し、治療へつなげていくサービスです。現在ストレスのチェックだけでなく、こころの元気度というこころのプラス方向の状態評価もできる新型メンタルチェックプログラム【心の元気計Ⓡ】を開発し、新しいサービスを事業化しようとしています。

Q. 心の健康診断のようなものですか?

平井(IMAGINE)まさにそのようなイメージです。慶應義塾大学の先生にもご協力いただき、産学連携でサービスの開発と提供を行っています。

Q. 続いて、開発会社のインフォ・ラウンジさんにお聞きします。
どのような開発を得意としているのですか?

肥田野(インフォ・ラウンジ)当社はホームページからWeb システム、サーバーまで、様々な分野の開発を行っています。「世の中のバリアを、IT で取り払う」というのが会社の理念。学校や自治体などの公的機関、福祉・教育業界向けの実績が多い、というのが一つの特長です。私たちの技術やサービスが、社会を良くすることにつながればと考えています。

Q.IMAGINE さんもインフォ・ラウンジさんも、事業の社会的意義が高い会社ですね。
そういった意味では相性がよいのではないでしょうか。

分かってくれる安心感が、発注につながった。

肥田野(インフォ・ラウンジ)IMAGINE さんの事業内容を初めてお聞きしたとき、大変興味深く、社会貢献度の高いサービスだと分かりました。私たちの事業理念と通じる部分も多く、ぜひご支援ができればと考えました。

Q.IMAGINE さんは、発注ナビに掲載された開発会社さんの中で、
どうやってインフォ・ラウンジさんを選んだのですか?

小池(IMAGINE)専門家にアドバイスを受けたいという気持ちもあり、サイトのトップページにある「専門スタッフへの相談」を利用しました。発注ナビのスタッフさんと直接電話でも話し、どんな仕事を発注したいか、詳しくイメージを伝えました。そして、インフォ・ラウンジさんを含む数社を紹介してもらいました。

Q. 最終的にインフォ・ラウンジさんをお選びになったポイントはどこにありますか?

小池(IMAGINE)自分たちのやりたいことを本当に分かってくれて、的確なアドバイスや支援をしてくれそうだ。そんなふうに一番強く感じたのがインフォ・ラウンジさんでした。技術やノウハウも、確かに大事でしょう。しかしそれ以上に、当社の立場や要望を理解してくれて、しっかりコミュニケーションをとってくれる会社かどうか、という観点で選ばせていただきました。

肥田野(インフォ・ラウンジ)技術やノウハウを切り売りするのではなく、お客様と一緒に事業の成功を目指せる会社を、私たちは目指しています。発注者様は、事業のプロであっても、Web やIT のプロではない場合が通常です。お客様の目線で、分かりやすい提案を行うことはとても大切だと考えています。

誠実な提案をしてくれる姿勢に感動Next

IMAGINE

インフォ・ラウンジ合同会社の情報をみる

関連する記事

PAGETOP