発注ラウンジ 開発会社の方 ITベンダーの方 発注事例 運営会社
発注者用ログイン 加盟社用ログイン
株式会社PURPOM MEDIA LAB
会社の強み
スモールスタートで始める「LEAN QUEST」の手法で、お客様の新サービスや新規事業の立ち上げを支援します。
株式会社Purpom Media Labは、東京都渋谷区に拠点を置くシステム開発会社です。当社は、「LEAN QUEST(リーンクエスト)」と呼ばれる手法を用いて、お客様の新規サービスや新規事業、システムの開発をスモールスタートで始めて育てていくことを得意としています。 「LEAN QUEST」とは、いきなり完成形のサービスやプロダクトを作るのではなく、まずはサービスやシステムのコアとなるMVP(Minimum Viable Product/顧客ニーズを満たす最小限のプロダクト)を素早く作り、それを公開することでユーザーからフィードバックをもらい機能や使いやすさなどを検証し、改善を繰り返しながら完成させていく手法です。この手法を用いることで、サービスやプロダクト開発に費やすコストと時間を抑えることができ、お客様の新サービスや新規事業に本当に必要なシステムやプロダクトを短期間に作り上げられるのが特徴です。 当社のLEAN QUESTは、「仮説・デザイン・開発・検証・改善」の5ステップで構成されており、プロダクトの完成までこのサイクルを繰り返します。まず、仮説ステップではアイデアを書き出して見える化し、情報を整理しつつ優先順位付けを行います。この時点でユーザージャーニーを考慮し、システムとして成立するかを多角的に分析するのが特徴です。 次にこの仮説をもとに、触りたくなるようなシンプルで美しいUI/UXデザインをご提案します。この時点でUIデザインにまで落とし込むので、お客様が理想とするプロダクトかどうかを確認できます。実際にお客様ご自身がプロダクトに触れることでご安心いただき、イメージと違っていてもその場で修正できることも大きなメリットです。 デザインが固まったらサーバーレス技術を使って高速開発してリリースし、検証改善を繰り返します。ユーザーの反応を検証して改善に必要な次のアクションが取れるため、限られた予算をどこに投入するかも見極めやすいのが当社の開発の強みです。
ゼロイチ開発が得意!アイデアベースからでもサービスやプロダクト、そのために必要なシステムを開発できます。
当社の強みの一つが、まったくのアイデアベースからでもサービスやプロダクト、そのために必要なシステムを開発できる点です。例えば、「ブロックチェーンを活用したカーボンニュートラルのシステム」「介護記録アプリ」「IoT機器を使って介護記録を自動生成するシステム」なども、ひらめきやアイデアから開発しました。新しいサービスや事業のアイデアはあるが、そのために必要となるプロダクトやシステムについては、「具体的にどういったものが良いのかわからない」というご相談にも対応しています。 また、当社がこだわっているのが「お客様が一番欲しいものを作ること」「お客様にもプロダクト開発を楽しんでもらうこと」です。そのために早い段階でデザインレベルにまで落とし込み、イメージが形になる工程も楽しんでいただきます。 さらに、お客様と一緒にものづくりを進めることで、お客様ご自身の頭の中もより整理され、プロダクトのブラッシュアップにつながるアイデアが生まれやすくなるのもメリットだと考えています。システムやアプリが徐々にできあがっていく工程を追いながら、一緒にものづくりをしている喜びを感じていただき、より良いプロダクトを提供する。これが当社の目指すスタンスです。
株式会社Purpom Media Labは、東京都渋谷区に拠点を置くシステム開発会社です。当社は、「LEAN QUEST(リーンクエスト)」と呼ばれる手法を用いて、お客様の新規サービスや新規事業、システムの開発をスモールスタートで始めて育てていくことを得意としています。 「LEAN QUEST」とは、いきなり完成形のサービスやプロダクトを作るのではなく、まずはサービスやシステムのコアと...
3つの特徴
1
「LEAN QUEST」で仮説の整理からデザイン・開発までワンストップで対応します。
2
サーバーレス技術を活用し、低コストかつ短期間での開発を実現します。
3
お客様とのコミュニケーションを重視し「本当に欲しい」と思えるプロダクトをご提案します。
WEBシステムの企業をもっと見る 下方向矢印
開発担当者からのメッセージ
当社は東京の渋谷を拠点に事業を展開する開発会社です。「LEAN QUEST(リーンクエスト)」と呼ばれる手法を活用し、最小限のプロダクトを素早く開発して公開し、ユーザーの反応を見ながら価値の検証や改善を繰り返すことで、お客様のイメージ通りのシステムやアプリなどのプロダクトを開発します。 当社では「お客様にもプロダクト開発を楽しんでもらう」ことにこだわっています。お客様が開発中のシステムやアプリをイメージしやすいように開発の早い段階でデザインを決め、そのイメージがだんだんと形になっていく様子を見ていただくことで、ものづくりの喜びを体験していただくのが当社のスタンスです。 まだ世の中に出ていないシステムをお客様と一緒になって開発していきます。まずはお気軽にご相談ください。
WEBシステム 活かせる特徴・強み
「LEAN QUEST」で仮説の整理からデザイン・開発までワンストップで対応します。
当社では、「LEAN QUEST」と呼ばれる手法で新規のサービスやシステム、アプリを開発しています。これは、お客様のニーズを満たすシステムやサービス、アプリのコアな部分となる最小限のプロダクト(MVP)を短期間で作って公開し、ユーザーのフィードバックを得ながら改善を繰り返すという手法です。 LEAN QUESTでは、まずお客様の仮説を具体化することから始めます。アイデアを見える化して、情報の整理や優先順位付けを行いつつ、ユーザージャーニーを考慮しながらシステムとして成立するかを多角的に分析します。この段階で「単なる画面遷移図を作っておしまい」という開発会社も少なくありませんが、当社ではこのステップを重視しているのが特徴です。 当社では仮説を具体化したところでデザインを固めていき、思わず使ってみたくなるような美しいUI/UXデザインを得意としています。また、自社開発のデザインシステムを活用することで素早く多彩なデザインをご提案することが可能です。 デザインが固まったところで開発に入ります。当社ではサーバーレス技術を用いて高速開発を行い、できあがったプロダクトを素早く世の中に出すことができます。ユーザーの反応を見ながら継続的に改修を続けることで、より洗練されたプロダクトに仕上げることが可能です。
サーバーレス技術を活用し、低コストかつ短期間での開発を実現します。
当社の高速開発を支えているのがサーバーレス技術です。当社では「AWS Amplify」と呼ばれるツールを使用しています。これはコマンドを打つだけでAWSインフラを自動生成できるツールで、一からサーバーを立ち上げる必要がないため、インフラ構築から開発、公開までの期間やコストを大幅に短縮できるものです。 サーバーにはシステムが常駐して動いているものと、アクセスした瞬間だけ起動するものの2パターンがあります。サーバーレスは後者に該当し、アクセスがあった分だけ従量課金される仕組みのため、常駐サーバーに比べ大幅にコストを抑えることが可能です。 もちろん、コストには分岐点があるため、常駐サーバーの方が安くなる瞬間はあります。ただし、これは「BtoCサービスが大ヒット」のような限られた場合にのみ起こりうることであるため、BtoB向けサービスであればサーバーレスを使う方がコストメリットは大きい可能性が高いと言えます。 なお、サーバーレス技術は新しい技術であり、教育コストがかかることから他の開発会社では積極的に採用していません。また、手軽な反面、ブラックボックス的な要素も多く、トラブルが発生すると対応できないケースもあるようです。 当社は、もともとサーバーレス技術を使うために設立したという経緯から積極的に活用しています。AWSの仕組みも知り尽くしているため、何か問題が発生した際にもすぐに対応できるのでご安心ください。
お客様とのコミュニケーションを重視し「本当に欲しい」と思えるプロダクトをご提案します。
当社ではお客様の仮説を丁寧にお伺いするヒアリングにできるだけ時間をかけています。プロダクトの難易度にもよりますが、1ヶ月近くかけることも決して珍しくありません。 ヒアリングの段階でしっかりと議論を尽くした上でデザインをご提案し、お客様の合意を取ってから開発に着手します。開発会社の中には仕様書だけをお見せしてお客様の合意を取るケースも少なからずありますが、お客様からすれば「実はよくわかっていない」状態であることも少なくはありません。当社では実際のデザインをお見せして、画面を操作していただきながらお客様のイメージとの乖離がないかを確認し、ご納得いただいた上で開発に着手するようにしています。 開発の軌道修正についても積極的にコミュニケーションを取り、迅速に対応するようにしています。例えば、お客様とSlackなどのコミュニケーションアプリでやり取りをしながら、デザインや操作感へのご要望が上がってきたらすぐに修正し、修正版をすぐにご確認いただくことが可能です。 また、これらのやり取りの中でお客様ご自身のプロダクトに対する解像度が鮮明になり、次々にアイデアが飛び出してくることも少なくなく、プロダクトのブラッシュアップにも繋がっています。このようなコミュニケーションの柔軟さと対応の速さをお客様からは高くご評価いただき、追加発注も数多くいただいています。Webシステムのことなら、ぜひ当社にお気軽にお問い合わせください。
出版社のニュースサイト
これまで出版だけをやっていたが、ネットで情報発信を行いと時代に乗り遅れるという危機感があり、Webサービスを立ち上げたいという要望がありました。当初は、より大きなコンテンツを規格されていていましたが、予算の都合もあり運用できる範囲のニュースサイトから始めることを提案。サイトは、CMSによる運用、表示速度とSEOを重視して設計を行いました。費用はスモールスタートを意識してできるだけ構造をシンプルにして抑えました。
初期導入費
要件定義・基本設計
¥ 1,000,000
詳細設計
¥ 500,000
CMS開発
¥ 1,500,000
フロント開発
¥ 1,500,000
結合システム/試験
¥ 250,000
マニュアル作成
¥ 80,000
計 ¥ 4,830,000
保守・運用費
保守費用
¥ 100,000
計 ¥ 100,000
WEBシステムの企業をもっと見る 下方向矢印
WEBシステムにおける株式会社PURPOM MEDIA LABについて
株式会社PURPOM MEDIA LABの会社概要、WEBシステムの実績、費用、クチコミ・評判などの情報を独自の取材に基づき、公開しております。 株式会社PURPOM MEDIA LABと合わせて検討されることが多い他のWEBシステム企業との費用や実績やクチコミ・評判、会社概要による比較も可能です。 さらに会員登録(無料)いただくと、株式会社PURPOM MEDIA LABの社員の情報や全てのクチコミ・評判を閲覧することもできます。 WEBシステムについてだけでなく、システム開発会社やアプリ開発会社、ホームページ制作会社等の発注先の選定・比較にもぜひ発注ナビをお使いください。
企業情報
設立
2022年4月15日
資本金
5,000,000円
従業員数
20名
代表者
青木光平
所在地
東京都 渋谷区代々木2丁目23−1 ニューステイトメナー1006

発注先探しの
ご相談フォーム

発注ナビは貴社の発注先探しを
徹底的にサポートします。
お気軽にご相談下さい。
必須
必須
必須
必須
■必要な機能・課題
■ご予算
■スケジュール など
■必要な機能・課題 ■ご予算 ■スケジュール など
■企画書やRFPの添付が可能です
(10MBまで)
■企画書やRFPの添付が可能です (10MBまで)
選択されていません
お問い合わせには、発注ナビ 利用規約 及び 個人情報の取扱い への同意が必要です。
お問い合わせには、
発注ナビ 利用規約 及び 個人情報の取扱い への
同意が必要です。
Copyright (c) hacchu navi Inc. All Rights Reserved
ITmedia
発注ナビ株式会社はアイティメディア株式会社のグループ会社です。
Copyright (c) hacchu navi Inc. All Rights Reserved
上矢印