会社の強み

ソフト/ハードを駆使してお客様企業のあらゆる課題を解決します。

株式会社イン・ファ・スは、企業の情報技術をアシストする「Information Assistant」を社名の由来とし、長野県南部にある飯田・下伊那を中心に、全国のさまざまな企業の業務系システムソフトウェアの開発や保守を提供する開発会社です。

 

代表の森下は、東京でエンジニアとして活躍した後、地元である長野に帰り、地元を中心にあらゆる業種のお客様企業をITで支えていくため1996年にソフトウェア開発業を創業、2000年に当社を設立しました。設立から約20年を経た現在、ビジネスエリアは長野県内にとどまりません。もともと設立当初から、東京、群馬、名古屋など、広範囲のお客様とお取引させていただいておりましたが、今後は全国のお客様と共に歩んでいきたいと考えております。

 

当社では、業務用のシステムソフトウェアはもちろんですが、ハードウェアの設計・開発や、市販のハードウェアの利用を含んだシステム、たとえばRFID(無線タグ)やハンディスキャナの利用や、各種センサーを活用したIoTソリューションのニーズにもお応えしております。日頃よりハードウェアメーカーとお付き合いがあり、ハードウェア制御のプログラムも開発している当社なら、こうしたシステムもワンストップでご提供が可能です。

 

また、長期にわたる運用・保守や改修など、開発後も、エリアを問わず、お客様と末永くお付き合いさせていただいております。実際に群馬県に拠点を持つあるお客様とは、保守や改修で20年近くもの間、変わらぬお取引をさせていただいております。

 

まったく新しいビジネスに向けたシステムの開発から、既存システムの置換えや従来業務の電子化まで、私たちイン・ファ・スは、お客様の多用なニーズに柔軟にお応えしていきます。

 

独自のエンジニア育成で小回りが効く懐の深いご対応を実現しています。

当社は決して大きな会社ではありません。しかし、その分、小回りが効き、お客様のちょっとしたニーズにもきめ細かくご対応させていただいております。

 

例えば情報システムのご担当者が退職してしまい、内部を知る者がいなくなった従来システムを刷新したいというニーズには、従来システムのデータベースを直接のぞいて解析させていただくところからスタートすることもあります。また、ExcelやAccessで作られたワークシートやアプリケーションから、C#やPHPを使ったWebアプリケーションシステムへの移行も、これまでに数多くお手伝いさせていただきました。

 

こうした当社のきめ細かなご対応や、お客様との末永いお付き合いを支えているのは現場のエンジニアたちです。当社では、突出したスキルの人が一人いるよりも、一定のスキルレベルの人をチームで揃えるという考え方に基づいてエンジニアの育成を行っています。理想は、同じ仕様書が配られたら誰もが同じコードを書くこと。そうすることで、均質で安定したシステムをご提供できると同時に、長期的なメンテナンスも継続的ご提供することができるものと考えています。

 

もちろん、チーム全体の技術水準を高めることにも余念はありません。ベテランエンジニアの豊富な知見を若手と共有するのはもちろんですが、開発環境として人気のMacブックや、教育用シングルボード・コンピュータ「Raspberry PI」を会社から支給し、エンジニアの最新技術への取り組みもしっかりと支援しています。

 

システムソフトウェアの開発や業務の効率化でお困りのことがあれば、当社にご相談ください。技術、予算、運用・保守など、あらゆる面でご対応させていただき、お客様の業務の情報化を全力でアシストしていきます。

検討中企業リスト
--