会社の強み

グローバル企業を対象に、ベトナムのオフショア拠点で高品質のシステム開発を提供していたNashTechの日本法人です。

NashTech Japan株式会社は、ベトナムのホーチミン市とハノイ市にオフショア開発の拠点を持つシステム開発会社です。ホーチミンの拠点には1500人、ハノイの拠点には500人と合わせて2000人を超える技術者は全員がベトナム人。ベトナムは教育水準が高く、誠実で考え方が柔軟な国民性を持っています。国民の平均年齢が30歳未満と若いこともあり、当社の技術者も平均年齢は27.3歳。新しい技術の習得にも積極的に取り組んでいます。

 

当社の母体となるイギリスのHarvey Nashは、創業が1988年。ロンドン証券取引所に上場して25年目という実績のある会社です。もとはCTOやCIOなどのエグゼクティブをヘッドハンティングしてマッチングし、就任後のコンサルティングまでサポートするなどハイレベルな人材マネジメントを展開する企業でした。そうした人材関連の事業を展開するなか、すでに20年前に、ITエンジニアが世界的に不足する時代が来ると予測。1999年にベトナムのオフショア開発にいち早く進出したパイオニア企業です。

 

当社では主に業務システム開発、ソフトウェア開発、BPO、ラボ型開発などを提供。日本、米国、欧州、東南アジア、オーストラリアとグローバルな企業のシステム開発で、豊富な実績があるのが強みです。

 

日本法人が窓口となって対応をサポート。AIやブロックチェーンなど最新の技術を活用した開発で豊富な実績があるのも強みです。

当社では、開発はベトナムで行いますが、日本側の窓口となる日本法人が国内で対応、サポートするので安心です。ブリッジエンジニアは全員、日本語が堪能なベトナム人で、発注企業様の要望を確実にベトナムの開発チームへ伝えます。一方で日本側の窓口を通さず、直接ベトナムの拠点とやり取りすることもできるなど、自由度の高いオフショア開発が可能なのも特長です。

 

また、当社は、主にシステム開発におけるプロセス管理のレベルを評価するモデルであるCMMI(Capability Maturity Model Integration)で、最も高いレベル5を獲得しています。ベトナムでレベル5の評価を得ているのは、当社を含め5社だけです。評価においてはプロセス管理と品質管理、期日通りの納品などが厳しくチェックされるので、発注企業様は安心してお任せいただけます。

 

AIやブロックチェーンなどの先端技術を活用した開発実績も多数あります。当社はオフショアでブロックチェーンを開発、製品化した初めての会社です。人材採用システムなど、仮想通貨にこだわらず新しいユースケースを提案します。またAIを活用したシステムやアプリを開発。すでに幅広い業種で導入されています。

 

グローバルに事業を展開するなかで積み重ねた実績と、高い技術力を持つベトナム人エンジニアによるオフショア開発が強みの当社に、ぜひお問い合わせください。