会社の強み

AIに関しては関西ベンチャーの先駆け的存在、技術力の高さが強みです。

当社は2016年設立のシステム開発・アプリ開発・AI導入支援を行っている会社です。代表の上浦と取締役の山口は、ともに京都大学大学院在籍中に数理最適化の研究をしており、その間に機械学習に出会ったことが現在のAI事業につながっています。

 

基本的に業種業態を問わず、お客様のご要望にお応えすることが可能です。例えば、企業内にさまざまなフォーマットのファイルが存在しデータ管理ができないといったお悩みに対し、最適なクラウドシステムをご提供することで業務改善につなげたり、大規模工場の設備の故障をAIで予測することで大きな損失を未然に防いだりと、小規模なものから大規模なものまで幅広く対応しています。

 

お客様の規模や属性もさまざまで、スタートアップ企業や中小企業はもちろんのこと、NTT西日本や住友電工といった大企業のシステムを手掛けた実績もあります。

 

取締役の山口は、AI技術において国内でも数少ない「教えることができる側」の人物です。例えば、P&Gのインターン向けに機械学習の基礎的な講演を行ったり、毎回さまざまな法人・企業とコラボレーションして開催している日本最大級のデータコンペティション「atmaCup」のデータ分析用課題を作問したりと、AIに関する知見や経験が豊富です。

 

一般的なシステムやアプリの開発だけでなくAIを使った高度なものまで、ご提案できることが当社の強みです。まずはお気軽にご相談ください。

 

お客様のウォンツだけでなくニーズまで掘り起こし、最適なご提案をいたします。

当社のポリシーの一つが「お客様に確実に使っていただけるシステム・アプリをご提供する」です。どんなに高機能なシステムでも、お客様にとって使いにくく、お客様の課題を解決できるものでなければ意味がないと当社では考えます。

 

システム開発会社というと、お客様のやりたいことに対して要件を定義し、基本設計、詳細設計と段階を経て形にするというイメージが一般的ですが、当社は常にもう少し高い視点でお客様の業務全般を俯瞰し、その中でシステムが果たす役割を考え、その上でお客様の経営課題解決にまで踏み込んだご提案をいたします。

 

お客様のご要望(ウォンツ)を叶えるお手伝いをすると同時に、お客様が深層的に抱えている課題(ニーズ)を掘り起こして解決する、それが当社の得意分野です。

 

テクノロジーはあくまでも手段に過ぎません。それよりもお客様が抱えている課題をテクノロジーでどう解決するかが重要です。極端な話をすれば、お客様から開発のご要望があっても、そのご要望を叶える無料の既存サービスがあればそちらをご提案することもあります。

 

開発そのものよりも、課題を解決するためのご提案をご希望でしたら、ぜひ当社にご相談ください。

検討中企業リスト
--