発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは?メリットや導入事例

SCM(サプライチェーンマネジメント)という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
現在、大手企業を中心にSCMの導入が進んでいます。今回は、SCMの基本情報と注目される背景、活用事例などを紹介します。
 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せSCMに強い開発会社多数!

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは

SCM(サプライチェーンマネジメント)の「サプライチェーン(supply chain)」とは、製造業における、原材料の調達、生産管理、物流、販売までの一連のフローを指す名称です。あらゆる商品が消費者の手に届くまでの間には、製造・物流・販売といった過程があり、多くは別個の事業者・事業部門がそれぞれ担当しています。そのため顧客の消費動向に応じた柔軟な対応が困難になりがちです。そうした問題がある中で、SCMの活用が注目されています。

SCMは、「supply chain management」の略で、SCMと略されることが多い言葉です。SCMとは、商品が最終的に顧客の手元に届くまでの一連のプロセスを把握する上で必要な手法のひとつです。SCMを企業に導入し適切に使うことで、製造から販売までの各工程の間に生じる分断をなくし、最適な生産規模を維持してコスト削減をすることが可能となります。

 

SCMとERPの違い

SCMと混同してしまう人も多い「ERP」。このERPとは、「Enterprise Resource Planning」の略で、「統合基幹業務システム」とも呼ばれます。
ERPの意味としては、企業資源を最大限に有効活用するための計画のことを指しています。ERPは社内業務に関する資源(人材、設備、情報、資金など)の企業を構築するデータを活用して経営全体を可視化できます。ERPでは、そうしたあらゆる業務の情報を一元管理し、経営の可視化を行って互いに関連する業務を円滑に連携・連結したりするためのものです。一方で、SCMの場合、社内外を問わず製品販売における一連のプロセスを可視化することが可能となるという点に違いがあります。

 

SCMが再注目されている背景

SCMが提唱されたのは最近のことではありません。SCMは、アメリカのコンサルティング会社「Booz Allen Hamilton lnc.(ブーズ・アレン・ハミルトン)」のK.R.オリバー氏とM.D.ウェバーによってはじめて活用された経営管理手法です。過去にも業界全体を巻き込んだサプライチェーン革命となる優れた経営戦略と称され注目を浴びたこともあります。そのSCMが再注目されている背景には「経済や企業のグローバル化」、「テクノロジーの進化」、「労働人口の変化」といったポイントが挙げられます。

 

●経済や企業のグローバル化

SCMが再注目されることになった背景として、経済や企業のグローバル化が進んだことが理由としてあります。インターネット技術の発展や数多くのイノベーションが時代とともに変わることで経済のグローバル化が加速しています。その結果、調達、生産、販売の世界規模のネットワークが構築され、国際競争力が増しており、企業にはサプライチェーン全体の効率化・最適化を図る需要が広がってきているのです。経済や企業のグローバル化が進んでいく状況下において、サプライチェーン全体で「モノ」、「カネ」、「情報」の流れを一連で管理する必要性が高まっていることが、SCMが再度注目される理由のひとつとなっています。

 

●労働人口の変化

日本では労働人口の変化にともない、さまざまな業界で人手不足が深刻化しています。例えば、宅配の利用増加による人手不足。日本では少子高齢化による働き手の減少が深刻で、トラックドライバーが不足しているためモノを運んで届けること自体が難しくなってきているのです。そのため、物流の在り方を根本的に見直さなければならない状態になっています。このように労働環境が変化している状況で、サプライチェーンマネジメントによって無駄な物流を省いて適正な量を仕入れて、卸売企業や販売店舗などへの配達のタイミングを最適化する際に役立てられるのです。

 

●テクノロジーの進化

日々、インターネットやSNSなどテクノロジー全体で進化が進んでいます。そんな中で特にAIやビッグデータの活用の広がりが近年増えてきており、膨大なデータから顧客のニーズや価値観を抽出してビジネスに活かすことが可能となりました。その結果、過去のSCMのやり方を見直すきっかけとなり、さらなる効率化と最適化を図る動きが加速したと言えます。また、SCMでは日本でも変化が激しい市場や顧客の需要を正確に予測して、事業リスクの軽減を目指せます。

 

SCMを導入するメリット

●在庫の最適化に有効活用できる

SCMを導入することで得られるメリットのひとつとして在庫の可視化が挙げられます。現在の販売状況から適切な仕入れを行い生産することで、企業にとってリスクとなる余剰な在庫を減らすことが大切です。SCMを導入することで商品にかかわる物流の全体像を見渡すことが可能となり、無駄を省くための方法を見つけることができ在庫の最適化ができるようになります。このようにSCMは在庫管理の効率化を図り、在庫の無駄を減らして最適化することにより、過剰在庫による赤字の発生リスクを抑えることができるのです。

 

●人材の有効活用ができる

SCMによって市場分析と市場予測を行うことで、急激な需要変動にも対応できるようになります。常に適正在庫を予測するSCMを利用することで、需要の減少と増加のどちらにも柔軟に対応することが可能です。ライフサイクルの短い製品を扱う企業にとって、SCMはもはや必要不可欠なシステムであると言えます。

また、SCMを導入することで、何に経費をかけるべきなのかをはっきりとさせ、どこに人的リソースを割くべきかが分かるようになります。そのため、やみくもに生産して経費をかけるのではなく、必要な場所に必要なだけ予算を投入することができるようになります。

 

SCMの活用事例

S販売と物流を一体化させるようなサービスを実現するために、SCMを導入している企業が増えてきています。
一例として、洗剤やトイレタリー商品を販売する花王株式会社でのSCM活用事例を紹介します。花王では、受注に対して欠品を生じさせず在庫最適化を行うために、原料から製造、物流、販売システムにまで至る独自の仕組みを構築しています。卸店を介さずに60ブランド(1,500に及ぶ製品)を受注してから24時間以内に納品できる体制を整えるための需要予測技術を開発しています。その結果、過不足のない製品の供給を実現できる顧客ニーズの予測ができるようになりました。花王のようにSCMを活用することで、在庫を最小限にしながら生産から販売までのリードタイムの短縮に成功した企業は他にもあります。日々変化する顧客のニーズ、テクノロジーの進化などに対応するためにもSCMを導入してみてはいかがでしょうか。

 

システム開発会社選びはプロにお任せSCMの実績豊富な企業多数!

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

■システム開発の関連記事

 cover物流システム開発でおすすめの開発会社10社

 

 

 

 EDIで商取引を効率化!情報交換に役立つ取引ツールとは?

 

 

関連する記事

PAGETOP