発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

SIer(エスアイヤー)とは?基礎知識から仕事内容まで詳しく紹介

通信機器の普及や、IT技術が目覚ましく発展した現代においては、仕事でIT機器や業務システムを使用する企業がほとんどです。
しかし企業によっては、ノウハウやITに精通したエンジニアが存在せず、システムの設計や運営を満足に行えないこともあります。
そんな時、頼りになる存在として挙げられるのが、システム開発を専門に担うSIer(エスアイヤー)の存在です。
ここでは、SIerの基礎知識や種類、具体的な仕事内容について詳しくご紹介します。

 

目次

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

SIerとは

そもそもIT業界における「SI」とは、「System Integration(システムインテグレーション)」の略称です。

システムインテグレーションとは、言わば「システム開発や運用などを請け負う事業またはサービス」を指す言葉で、顧客(クライアント)の要望に応じて、ソフトウェアの設計や運用、コンサルティングに至るまで様々な仕事を請け負うことです。この事業やサービスを請け負う企業のことを「System Integrator(システムインテグレーター)」、または縮めて「SIer(エスアイヤー)」と呼びます。

読み方 意味
System Integration システムインテグレーション システム開発や運用などを請け負うサービス
SI エスアイ システムインテグレーションの略称
System Integrator システムインテグレーター システム開発や運用などを請け負う企業
SIer エスアイヤー システムインテグレーターの略称
SE エスイー システムエンジニアの略称

言葉や呼び方が類似しているため、SIやSIerなどが混同されて使われることもしばしばですが、細かな違いは図の通りです。端的に表現をすればSIerは「システム開発を請け負うIT企業」ということになります。このほか、企業やエンジニアによっては、SIerのことを「システムベンダー」や「ITベンダー」と呼ぶこともあります。

ちなみにSIerの綴りは、SIと「~する者」を意味する「er」を組み合わせた造語です。日本国内だけで使われる和製英語であるため、海外では意味が通じないという点を留意しておきましょう。英語圏であれば、SIerのことを略さずに、そのままSystem Integratorと呼びます。

 

SIerの仕事内容とは?

  • 業務システムや基幹システムの設計開発

  • iPhoneやAndroid用のアプリケーション開発

  • ハードウェア用の組込みシステム開発

  • サーバーまたはデータベースの構築

  • ECサイトや顧客ホームページの構築

  • パッケージソフトウェアの販売

  • 完成したシステムの保守運用

おおまかな例として挙げた仕事の通り、SIerは顧客の要望に応じて様々な仕事を請け負います。SIer企業ごとに、扱えるプログラミング言語や得意とする案件などは異なりますが、「SIerが請け負う仕事」という広い視点で見れば、SIerは「システム開発に関わるほぼすべての仕事を請け負う」と言っても過言ではありません。

ことシステム開発は、ITに関わる高度な知識や技術が必要となるうえ、多くの業界や企業ではエンジニアを抱えていません。そんな開発力を持たない企業に代わってシステム開発を行うのが、SIerの役割なのです。したがってSIerの業態は、企業間で取引を行うBtoB(Business to Business)が多くなっています。

なお、SIerが請け負った仕事は、複数のSIer企業が連携をして作業を行うケースも少なくありません。具体的には、大手のSIerが要件定義や設計工程(上流工程)を行い、下請けのSIerが開発や運営(下流工程)を行うといったように役割分担が異なっています。このほかSIerのエンジニアが、客先やグループ会社に常駐する(SESと言います)形でシステム開発を担うこともあります。SIer企業の立場や規模によって、業務内容が変化するのも特徴です。

 

SIerの種類とは

SIerは、企業の成り立ちや業務内容によっていくつかの種類に分かれます。それぞれの違いや具体的な業務内容を把握しておけば、SIerへ外部委託(アウトソーシング)を検討する際にも役立つでしょう。企業によっては複数の種類に該当するケースもありますが、種類別の特徴や代表的なSIer企業は以下の通りです。

種類 主な特徴 主な事業内容 代表的なSIer企業
メーカー系 PCメーカーから独立したSIer 親会社やグループ会社のシステム開発 日立製作所、NEC
ユーザー系 一般企業から独立したSIer 親会社または外部企業のシステム開発 NTTデータ、SCSK
独立系 特定の親会社を持たないSIer 外部企業のシステム開発 大塚商会、日本ユニシス
コンサル系 企画提案や要件定義を行うSIer 外部企業のコンサルティング業務 NRI、アクセンチュア
外資系 海外を中心に事業展開を行うSIer 海外企業のシステム開発 Microsoft、Oracle

表の「外部企業」とは、食品業界や建設業界など様々な業界に存在する企業のことです。繰り返しになりますが、企業によっては社内に開発部やシステムエンジニアを抱えていない場合も多く、システム開発を満足に行うことができません。そんな時にSIerの企業へ発注をすれば、依頼内容や要望に合わせて最適なシステム開発を行ってくれるのです。「自社製品に組み込むソフトウェア開発」や「ショッピングサイトの開発や運営」などを外部委託したい場合、SIerへの発注を検討しても良いでしょう。

 

SIerにシステム開発を依頼する方法は?

SIerを担う企業のホームページでは、事業内容や開発実績が記載されています。システム開発を依頼する際は、SIerに見積もりや要望を伝えたうえで「予算はどの程度かかるのか」、「開発期間はどのくらい必要か」などを比較検討しながら、候補を絞り込みます。多くの企業を比較検討すれば、より目的に合う企業を探しやすくなります。

とはいえ、情報がまるでない状態からSIerを探すのは難しいうえ、担当者のIT知識が乏しい場合は、企業の比較検討を行うことさえ困難です。すでに取引関係にある企業がある場合は、開発こそ依頼しやすくなるものの、SIerの比較検討が行えない分、開発費がかさむ可能性もあります。

そのため、SIerへシステム開発を依頼する場合は、SIer企業を検索できるサイトやマッチングサイトを使用すると良いでしょう。専門サイトには、企業で開発可能なシステムや扱えるプログラミング言語などが細かく掲載されているため、比較検討が容易になっています。そのうえ、予算や地域を絞ったうえで、SIer企業の検索を行うことも可能です。おまけに、専門スタッフによるヒアリングを採用しているサイトであれば、担当者にITに関する知識がなくても問題ありません。細かな要望に合わせて、スタッフが最適なシステム会社を選定してくれます。

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■システム開発の関連記事

SES(システムエンジニアリングサービス)とはどんな契約?メリットやデメリットも解説

 


システム開発とは?手順や依頼時の注意点についても紹介

 

 

関連する記事

PAGETOP