発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

開発会社が、発注会社に伝えたい7つのこと(3/3)

船井総研ITソリューションズの西山代表(左)

船井総研ITソリューションズの西山代表(左)

発注ナビは、発注会社と開発会社の良い“縁”をサポートします。一回きりの発注、一時的なお付き合いが必ずしも悪いことではありませんが、できれば発注会社と開発会社が継続的にお付き合いし、ともに発展することをご支援できれば、それはいっそう価値あることだと考えています。

開発会社に、初めて仕事を依頼するという発注会社様は、「開発会社とどうお付き合いしたら良いのだろう」「どんな発注のしかたをすれば良いのだろう」といろいろ疑問も多いはず。それを解消する一番の方法は、開発会社の本音を聞いてみること。日本の中小企業の成長を支える「船井総研」グループのシステムコンサルティング会社、船井総研ITソリューションズの西山代表に、システム開発会社の想いを話していただきました。今回が最終回です。

(聞き手/発注ナビ編集部)

 

Q5:

業務システムやウェブサイト、スマホアプリなど何でもそうですが、開発はもちろん、開発後のメンテナンスも大事だと思います。そのあたりをしっかりとやってくれる開発会社を選びたいのですが、どうすれば良いのでしょうか?

A5:

発注する前に、その点をよく確認なさることをおすすめします。見積もりで提示された料金の中にシステム完成後の保守やメンテナンスがきちんと含まれているか、またそもそも保守やメンテナンスサービスを提供してもらえるのかなどのポイントです。

開発後の保守・メンテナンスを期待されるのであれば、実際にどこまでサポートしてくれるのか、またそのサービス期間は何カ月、何年なのかなどを細かくチェックし、その内容を書面に残してもらうのが良いでしょう。

なお、システム開発を依頼すると開発会社には瑕疵担保義務が発生します。システム開発会社側の責任により、万が一システム不具合が起きた場合、開発会社は無償修理対応しなければなりません。その瑕疵担保期間をどのくらい設定しているかによっても保守・メンテナンスサービスの内容と金額が変わります。

開発後のアフターサービスは、開発会社にとってコストと手間のかかる業務です。しっかり提供しようとすれば、必然的に見積もり金額は高くなります。アフターサービスまで含めているのか、それともそうではないのかで、開発会社が初回提示する見積もり金額は大きく変わってきます。

額面に惑わされず、どうしてそこまで安いのか、疑ってみることも大切だと思います。高い理由だけでなく、安い理由も確認することがポイントでしょうか。

 

 

Q6:

システム開発会社やウェブ制作会社、アプリ開発会社には、社員が少なく社歴が浅い会社もよくあります。会社規模が小さく、実績も少ない会社に依頼するのは不安があります。

A6:

社員数が多く、実績も豊富な会社のほうが、しっかりしていて信頼できそうなイメージです。大企業や、社歴の長い企業のほうが、財務基盤もしっかりしていて、お付き合いするのにも安心感があります。とはいえ、本当に安心できるサービスを提供してくれる会社かどうかを見極める際、会社規模の大きさや実績の豊富さ、社歴の長さなどは、いずれも判断基準のひとつに過ぎません。

システム開発会社やウェブ制作会社の場合、たとえば社員数が少なくても、他の開発・制作会社や、社外のデザイナー、エンジニアとたくさんの協力関係を持っている場合が一般的です。自社ですべて社員を抱えている会社より、そういった少数精鋭会社のほうが開発・制作コストを低くおさえられ、かつスピーディで柔軟に対応してくれるというメリットもあります。

そうはいっても、「品質保証やセキュリティの面でやはり不安が残る」という方も多いでしょう。まず発注前に直接、開発・制作会社と対面でしっかり打ち合せをし、いくつかの会社を比較してみるというのが一番ではないでしょうか。

 

Q7:

システムコンサルティングや、集客コンサルティングなど、コンサルティングサービスを提供している開発・制作会社が多いと思います。しかし、コンサルティングというのはそもそもどんなサービスなのか良く分かりません。

A7:

システム開発会社やウェブ制作会社が目指す究極の目的は、ITやウェブを駆使してお客様の業務課題を解決することにあります。単に言われたとおりにシステムを開発するだけ、ウェブサイトを制作するだけという姿勢では、お客様の業務の問題解決をするのは難しいでしょう。

開発・制作会社が、お客様の悩みや要望をしっかりと聞き、現状の問題を分析した上で、それを最適に解決するためのシステムを提案すること。そしてシステム導入後の運用や改善も継続してお手伝いし、お客様の悩み解決、要望実現を継続的に行なうこと。それがシステムコンサルティングです。

こういったシステムコンサルティングサービスを無料で提供している会社、システム開発費にそのサービスを含めている会社、コンサルティング料金を別途請求する会社など各社様々です。コンサルティングサービスとは何を指しているのか、どんなサービスをどこまで提供してくれるのか、料金はどれだけかかるのかなどを、発注前によく確認なさることをおすすめします。

 

ふないそうけん

「ITコンサルティングという言葉を縁遠くお感じになっても、まずは気軽にご相談いただけることを私たちは待っております」 (船井総研ITソリューションズ 西山代表)

 

いかがでしょうか?一般の企業・団体からよく寄せられる質問に、3回にわたって答えていただきました。

開発・制作会社と一言で言っても、その個性や特長は各社様々。「自分たちにとって最高の一社」が見つかるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、そのためにもまずは、いろいろな開発・制作会社と出会っていただければと願っています。

株式会社船井総研ITソリューションズの情報をみる

■システム開発の外注先探しにお困りなら

実績3000件を超える専門スタッフがご対応、まずはこちらのフォームよりご相談ください。

日本最大級のシステム会社検索・比較サイト「発注ナビ」

 

■発注ナビへ掲載をご検討の開発会社様はこちら

「発注ナビ」掲載のご案内(ご利用社数1200社突破!)

関連する記事

PAGETOP