発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

ワードプレス(wordpress)のシステムとデータベース(MySQL)の関係

ワードプレス(wordpress)では、ユーザー情報や、アクセス権限、記事データなどを、MySQLというデータベースで管理しています。MySQLは、オープンソースで開発されている、読み出しが高速なデータベースです。

6cfe92b3b4b4dde2ef100ddec334d314_s

 

ワードプレス(wordpress)のデータベース構造

 ワードプレス(wordpress)のデータベース構造は、主にパスワードデータやアクセス権限を含むユーザーデータと、各ユーザーが作成した記事や、記事に紐付いたタグやカテゴリーなどを管理するコンテンツデータに分かれています。ただし、ワードプレス(wordpress)は極めて高度なコンテンツマネジメントシステムなので、単にブログとしてのデータのみならず、各種のプラグインや、システムの詳細な設定などを、細かく設定できるようになっています。
まず、ブログに関連するデータとしては、タグやカテゴリー、その他にもコメントの設定などが用意されています。コメントは、最大文字数を設定することができたり、ログインユーザーのみがコメントできるのか、ゲストユーザーもコメントできるのか、など細かいことまで設定できるようになっています。
各種のプラグインに関する情報については「オプションデータ」と呼ばれる領域に格納されます。ここには、各種ベンダーが作成したプラグインに固有の設定が保存されます。最後に、アクセス権限などを設定するデータ群には、パスワードやユーザー情報などを格納するテーブルにそれぞれ別々に保存されます。

 

ワードプレス(wordpress)のデータベースをMySQLで操作する

 MySQLのデータベースを操作する場合は、コンソールから直接SQLと呼ばれる言語を打ち込んでデータを確認する方法もありますが、一般的には「MySQLAdmin」といった著名なMySQLの管理用ソフトウェアを使って、ブラウザ側から操作するケースが多いです。ワードプレスのデータベース名は「wpdb」で、ユーザー名は「wpadmin」です。この設定で、管理用ソフトウェアからワードプレスのデータベースに接続します。テーブル一覧という画面に進めば、ワードプレスが管理しているテーブルの一覧が表示されます。ブラウザからの操作で、データの確認や更新、削除までが簡単に行なえます。難しい処理をしたい場合には、直にSQLを打ち込む機能もありますが、失敗すると大変なことになるので、複雑な処理をする場合は、コンソール画面からログインして、トランザクションを有効にした上で、更新処理を実行すると良いでしょう。なぜなら、トランザクションを有効にすることで、失敗した場合に「ロールバック」という命令で、処理を巻き戻すことができるからです。

 

■システム開発の外注先探しは「発注ナビ」で

システム開発会社はすでにお決まりですか?

発注ナビは、システム開発に特化した発注先選定支援サービスです。
全国1500社以上の開発会社から、貴社に代わって最適な発注先をお探しします。
ご相談からご紹介まで完全無料(成約手数料なども一切不要です)。
最短1日のスピード紹介で、お急ぎの案件でもお待たせすることがありません。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『システム開発』が得意な会社を探す

システム開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

 

関連する記事

PAGETOP