発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

画像解析とは ~画像解析が必要とされる理由~

昨今の技術向上により、画像解析は高度なレベルまで対応が可能となりました。たとえば人の顔の認証などは、空港の入国審査などでも使用されるほどのレベルになっています。
そもそも、画像解析とはどのような技術なのか。そしてどのように活用されているのかご紹介します。

 

画像解析とは

 画像解析とは、カメラなどのセンサーを使用して画像を取得した後に、コンピュータがさまざまな判断を行うシステムのことです。
 我々の身近なところで採用されている技術としては、スマートフォンの指紋認証システムや、デジカメなどに搭載されている顔認証システムがあります。デジカメのなかには笑顔検出機能まで付いているものも登場しています。
 画像解析技術は、多くの製造業の工場でも採用されています。それは、生産ライン上に流れる製品の不良品を判別するための物です。生産ラインに流れる製品のひとつひとつを写真に撮り、その画像を解析し、その形状や色などを判断することで、ひびが無いか、破損がが無いかなど、不良品の判断しています。

 

画像解析が必要とされる理由

 画像解析システムの一番の活躍分野は、セキュリティ分野です。たとえばカメラの顔認証システムなどの延長上の技術で、防犯カメラの映像から特定の人物を探し出す技術も採用されるようになりました。昨今、町中の防犯カメラの数も増えたことで、特定の人物を複数の防犯カメラで追従し続けることも可能です。
 もう一つの、画像解析システムの必要性としては、製造業の生産ラインの人件費削減のためと言えます。これまで、目視で不良品の判別を行っていたのが、画像解析システムを搭載したコンピュータを使用することで、その人材が必要なくなるのです。これにより、人件費の削減につながります。

 

画像解析はどのような場面で利用されるか

 近年、犯罪防止などの観点から画像解析システムが採用されることが多くなりました。あらかじめ、コンピュータに犯罪歴のある人のデータを登録し、設置された防犯カメラの中にその人物が現れるかどうかを常にチェックするシステムが稼働しています。テロリスト対策の強化など犯罪抑止を目的として、このシステムがさらに普及することが予想されています。
 また、先ほども例として挙げた製造業の現場では、盛んに画像解析システムが導入されています。ビール工場で回収されていたリサイクル用のビール瓶などは、これまで人の目でひびが入っていないかを確認していましたが、ビール瓶を撮影し解析することで、自動的に不良の瓶がはじかれるようなシステムが採用されるなど、広がりを見せています。

 

■システム開発の外注先探しは「発注ナビ」で

システム開発会社はすでにお決まりですか?

発注ナビは、システム開発に特化した発注先選定支援サービスです。
全国1500社以上の開発会社から、貴社に代わって最適な発注先をお探しします。
ご相談からご紹介まで完全無料(成約手数料なども一切不要です)。
最短1日のスピード紹介で、お急ぎの案件でもお待たせすることがありません。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『システム開発』が得意な会社を探す

システム開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

関連する記事

PAGETOP