発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

「Salesforce」とは?世界最大級シェアのビジネスアプリで営業力をアップ!

Salesforce2-min
「営業活動の効率が悪い」
「顧客情報が共有できていない」
「必要な情報がどこにあるのか管理できていない」など、
会社の情報管理について悩みを抱えている企業は多いのではないでしょうか。
そんな悩みを解決するのにおすすめなのが「Salesforce(セールスフォース)」です。
今回は、企業運営をサポートするSalesforceの特徴や製品内容、導入するメリットについてご紹介します。

目次

 

Salesforceとは?

Salesforceは、クラウドコンピューティング市場におけるシェア、営業・サポート・マーケティングのソリューションともに全世界No.1を誇る、業界最大のシェアサービスです。クラウド型のビジネスアプリケーションを提供しています。

Salesforceは、クラウド上で顧客管理・営業管理などを行うことができます。クラウド型のため、面倒なサーバー構築などの作業は不要です。インターネット環境さえあれば、いつでもどこでも通常のWebサイトと同じ感覚で使用できます。

ソフトウェアをWeb上でサービスとして提供する「SaaS(Software as a Service)」型のアプリケーションです。従来はソフトウェアをパッケージ製品としてPCにインストールするタイプが主流でしたが、SaaS型はユーザーが必要な機能だけを選択して利用可能です。選択した機能や利用状況に応じて料金を支払うので、企業はコストやリスクを最小限に抑えられます。必要のない機能を省いて操作性や処理性能の低下を防ぎ、ビジネスの変化に対応して柔軟に機能を拡張していくことができます。

SaaSの利便性をさらに高めるものとして、「PaaS(Platform as a Service)」によるアプリケーション開発を実現させた「Force.com」があります。PaaSとは、アプリケーション開発のプラットフォーム(ソフトウェアを稼働させるOSや開発環境)をWeb上でサービスとして提供する方法です。Force.comを使えば、開発に必要なデータベース、UIの定義、外部連携の統合機能などがネットワーク上に用意されているため、工数のかかる開発環境の構築作業が必要なくなり、アプリケーション開発に専念できます。

Salesforceは、各企業が必要な機能だけを選択できる従量課金性のサービスなので、業種や事業規模を問わず利用可能です。実際に、Salesforceを採用している企業の3分の2以上は中小企業で、小規模な事業者でも活用できるサービスといえます。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ  Salesforce導入・改修サポートも対応!
a_300x300c
本記事は、システム開発会社探しのプロ
発注ナビ」がお届けしています。

全国1700社以上の開発会社から、
最適な外注先を無料でご紹介中。
業者探しにお困りの方はぜひご相談ください。

外注先探しのご相談はコチラ


ご紹介までたった1営業日   完全無料   上場グループ会社の安心

 

 

Salesforceの製品

Salesforceにはビジネス運営に役立つ多くの製品があります。

 

●営業

顧客情報や商談内容の管理によって、営業力や受注率のアップをサポートします。見込み客管理の機能では、広告のクリックから実際に成約されるまでのプロセスをトラッキングできるため、見込み客の開拓、売り上げアップに役立つでしょう。ビジネス状況のレポート作成、売上予測を表示し、分析結果をスピーディーに共有することができます。

●サービス

問い合わせ管理や顧客情報の確認などを一つの画面上で操作でき、顧客からの問い合わせに素早く対応します。公開知識ベースやFAQの構築など、ナレッジマネージメントの機能によって、顧客向けのセルフサービスを提供します。コールセンターの顧客対応やフィールド作業などを一元管理するプラットフォームにより、顧客満足度や作業効率のアップが可能です。

●マーケティング

マーケティングクラウド機能によって、チャネルやデバイスのデータを一元化し、顧客理解を深めます。マーケティングクラウドの対象は、メール、モバイル、ソーシャルメディア、Web広告などです。ソーシャルキャンペーンの管理や、一括メール配信など、顧客とのコミュニケーションをサポートする機能を利用できます。

●コミュニティ

コミュニティクラウド機能によって、ビジネスを統合し、コミュニティのデータを共有できます。ユーザーのニーズやブランディングを反映し、コミュニティをカスタマイズ・強化します。また、コミュニティ内でメンバーを評価して、その証としてバッジを表示することができるので、コミュニティの活性化にもつながります。

●分析

リアルタイムのレポートやダッシュボード(データ一覧表やグラフ)にアクセスし、必要な情報を収集・分析することができます。Salesforce全体のデータに基づいた分析結果から、次のアクションがスピーディーに提案されるため、すぐに実行することができます。実行できるアクションはSalesforceの中にあらかじめ組み込まれており、タスクの作成や履歴の更新なども可能です。

●アプリケーション

Salesforceの開発プラットフォームを使えば最先端のモバイルアプリを開発することができます。Salesforceで開発したモバイルアプリは、現地業務、業務管理、ITのプロジェクト管理、人事、小売り、サイエンスなど、さまざまな業種の業務に活用できます。「SAP」「Oracle」「Microsoft」などの既存システムと外部連携できる豊富なAPIが提供されているので、ほかのアプリケーションやデバイスとの連携が可能です。

●コマース

「Salesforce Einstein」というAI(人工知能)を導入することにより、顧客一人ひとりに対応した商品を予測し、レコメンドしてくれるサービスです。Einsteinは、Salesforceに蓄積されているデータを学習し、顧客対応に役立つコンテンツを提供してくれます。商品の受注、入金管理、注文管理にいたるまで、オンラインショッピングをあらゆる面で管理することができます。

●プロダクティビティ

「Quip」というプロダクティビティツールによって、ドキュメントやタスク一覧の作成・編集を一つのスペースで行うことができます。チャットやコメント機能も搭載されており、ディスカッションの内容をチームのメンバーで共有できます。Quipは、スマートフォンやタブレットからも直接操作することが可能です。

 

Salesforceのメリット

世界最大シェアを誇るSalesforceが選ばれる理由とは何でしょうか。

 

●ハードが不要

クラウドプラットフォームであるForce.com上に構築されているので、ハードウェアの構築が不要です。

●高度なセキュリティ

第三者機関によるセキュリティ評価が取り入れられており、自社運用よりも高度なセキュリティ対策と運用管理を行えます。また、IPアドレスによる接続元アクセス制限や、詳細なパスワードポリシーの設定などを行うことも可能です。

●コスト削減

ハードウェアやサーバーなどの構築費用がかかりません。さらに、開発初期の段階では必要最低限の機能のみをカスタマイズし、ビジネスの段階や状況に応じて拡張していくことができるので、初期費用を抑えることができます。

●効果測定機能

カスタマイズ可能なレポート機能を標準搭載しています。そのため、外部の効果測定ツールとの連携も簡単に行えます。

 

Salesforce一体型のクラウドサービスでさらに便利に!

Salesforceを使えば、広範囲におよぶサービスの情報を一元化することができます。Salesforce一体型のクラウドサービスについてご紹介します。

 

●他システムとのインテグレーションが可能

Salesforceは、パートナーとなっている他社の製品との連携が可能です。例えば、「Salesforce for Google Apps」の機能を使えば、Salesforceのアプリケーション上から、Google社のGmail(電子メール)やGoogle Calendar(スケジューラー)などのGoogle Appsを連携して使用できます。
連携することで、これまでほかのシステムとバラバラに管理していた情報を、Salesforce上で一元管理できるようになります。

 

●事例紹介

rakumoソーシャルスケジューラー(Salesforce版)

社内のスケジュールや設備予約の情報をひとまとめに管理できるアプリケーションです。Salesforceと社内のスケジュールの両方に入力する手間が省ける上に、スケジュールを視覚的にもわかりやすく表示します。また、スケジュールを見やすく管理するだけでなく、業務内容を登録することで日々の行動を分析します。どのような仕事にどれだけの時間を費やしているのかが把握できるので、業務改善や効率化に活かせます。

ASPを利用する場合には、本当に使いたい機能が提供されているのかを事前に確認しましょう。ASPサービスは、ある程度のカスタマイズは可能ですが、自社で開発したシステムとは違って、決められたシステムに自社の業務を合わせていくことになります。実際に使い始めてから「求めていた機能や規格がない」と後悔しないためにも、ASPを導入して達成したい目的と利用したい機能について、詳細にチェックしておきましょう。

SmartVisca(スマートビスカ)

名刺情報をデジタル化し、Salesforceのクラウド上で取引先を管理できるSalesforce一体型クラウド名刺管理サービスです。名刺入力の手間を省けるだけでなく、登録情報を共有することで名刺情報を営業活動やマーケティングに活用できます。

 

Salesforceでビジネスをさらに効率的に!

Salesforceは、今まで大企業でなければ導入が難しかった質の高いシステムを、低コストで利用可能にしました。
ハード設備が不要で簡単に導入できる上、多くの機能の中からカスタマイズすることができ、規模を問わずあらゆる企業のビジネスに活用できるでしょう。
なお、Salesforceには無料トライアルが用意されているので、営業力や顧客満足度をアップしたいと考えている方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ  Salesforce導入・改修サポートも対応!
a_300x300c
本記事は、システム開発会社探しのプロ
発注ナビ」がお届けしています。

全国1700社以上の開発会社から、
最適な外注先を無料でご紹介中。
業者探しにお困りの方はぜひご相談ください。

外注先探しのご相談はコチラ


ご紹介までたった1営業日   完全無料   上場グループ会社の安心

 

 

■顧客管理システムに関連する記事

業務アプリの開発でおすすめのシステム開発会社8社

 

 

CRM1a-e1482713283278-640x560

「顧客管理」は情報管理だけじゃない!売り上げUPに活用する方法

 

 

関連する記事

PAGETOP