発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

OSS(オープンソースソフトウェア)とは?利用時のメリットと注意点

OSSとは、ソースコードの改変や再配布が自由に認められている無償のソフトウェアです。
よく知られているOSSにはJavaやPHP、Pythonなどがあります。
近年ではITベンダーが参加するケースも多く見られ、OSSはソフトウェア開発において重要な役割を果たしています。
今回は、OSSの基礎知識や魅力、利用時のメリットなどについてご紹介します。

OSS1-min

 

目次

 

オープンソースソフトウェア(OSS)とは?

オープンソースソフトウェア(Open Source Software)は、頭文字を取ってOSSと略されます。作成者がソースコードを無償で公開していて、利用や改変、再配布が自由に許可されているソフトウェアのことです。

OSSとは反対に、ソースコードへのアクセスや改変が制限されているソフトウェアを「プロプライエタリソフトウェア」といいます。一般的にソフトウェアのソースコードは知的財産となるため、ライセンス料を徴収して販売されています。多くの商用ソフトウェアは、プロプライエタリソフトウェアのため、ソースコードの改変はできません。

代表的なOSSには、オペレーティングシステムであるLinux、データベース管理システムのMySQL、プログラミング言語のJava、Perl、PHP、Python、WebブラウザのFirefoxなどがあり、さまざまな分野に広く用いられています。
OSSは無償ながら、高性能かつ信頼性が高いものが多く知られており、企業が商用利用としてOSSを基に開発することも多くあります。特に、プログラミング言語や開発環境の分野には優秀なソフトウェアが多いため、OSSは開発者にとってなくてはならない存在といえます。

 

OSSの魅力と広まる理由

OSSが多種多様な分野で広く用いられるようになったのは、なぜでしょうか。OSSの魅力について解説します。

 

●OSIのライセンス文書

OSSは無償のソフトウェアですが、利用条件や規約がないというわけではありません。OSSの認定を行う非営利団体「The Open Source Initiative(OSI)」が、OSSのライセンスを管理しています。ソフトウェアがOSSであるかどうかは、ライセンス(使用条件)が「オープンソースの定義(The Open Source Definition)」に合致しているかどうかで決まります。OSIによってライセンスが承認されると、そのソフトウェアはオープンソースであると公式に認められ、「OSI認定マーク」が付与されます。

 

●OSSの定義(10項目)

OSSの定義は以下の10項目が定められています。これらに準拠したライセンスを持つソフトウェアがOSSとして認定されます。

1.再配布を自由に認めること
2.ソースコードを無償で配布すること
3.派生ソフトウェアの配布を許可すること
4.ソースコードのどの部分が、作者オリジナルのコードかわかるようにすること(作者コードの完全性)
5.個人やグループに対する差別をしないこと
6.使用分野に対する差別をしないこと
7.プログラムに付随する権利はすべての再頒布者に平等に与えられること(ライセンスの分配)
8.特定の製品だけに限定したライセンスにしないこと
9.他のソフトウェアを制限するライセンスにしないこと
10.ライセンスは技術的に中立であること

※参考
https://opensource.org/osd

 

●OSSが広まる理由

OSSは、誰でも自由に改良、再配布することができるという特徴があります。そのため、誰かがソースコードのバグを見つけたり、改良して修正したりといったサイクルが世界中のユーザーによって行われます。こうしたことから、ソフトウェアの安定性が高くなり、低コストで高品質な開発を行える点が、OSSが広まる理由といえるでしょう。
このように、製品の内容や情報を公開しながら開発を進める考え方は「オープンソースムーブメント」と呼ばれています。

 

OSSを利用するメリット

無償という点はもちろん、そのほかにもOSSを利用するメリットはあります。ここでは、ユーザーとしてOSSを使う場合のメリットについてご紹介します。

 

●信頼性がある

ソースコードが公開されていることにより、不正なプログラムや脆弱性などを常に確認できるため、信頼性があります。脆弱性が発見されても、修正が速いのが特徴です。

 

●安定性が高い

プロプライエタリソフトウェアは、提供企業の事情でサービスの終了やサポートの打ち切りといったことが起こる可能性があります。しかし、OSSはユーザーがいる限り、メンテナンスを継続することができます。そのため、長期にわたる安定した利用を見込めます。

 

●コスト削減が可能

OSSはライセンス費用が無償なので、統合的なコスト削減が期待できます。初期費用だけでなく、導入後のライセンス管理や定期的なリプレース費用なども削減できるため、ソフトウェア開発においては重宝されるでしょう。

 

OSSを使うときの注意点

OSSを取り扱う上で知っておいたほうが良い知識について解説します。

 

●ライセンスに準拠する必要がある

OSSを導入する際は、対象となるライセンス形態を確認することが重要です。OSSは、ソフトウェアごとに個別にライセンスが宣言されています。ユーザーは、ライセンスに準拠した利用が求められるため、使用する前には必ずOSSのライセンスを確認しましょう。
ひと言でライセンスと言ってもその形態はさまざまで、70種類以上あるともいわれています。例えば、ソフトウェアを再配布する際に、ソースコードの公開を義務付けるかどうか、ソースコードの変更を行った旨を示すかどうかなどソフトウェアによって違いがあります。ライセンスの中には、「研究目的なら無償、商用利用であれば有償」という形で使用目的を限定するものもあります。そのため、使用前に内容を把握することが大切です。

 

●「無償=OSS」ではない

OSSは無償で公開されていますが、無償で入手できるすべてのソフトウェアがOSSというわけではなく、特に「OSS」と明示されていない限りOSSではありません。OSSでなければ、無償であっても自由に改変や再配布することはできないため、利用する際は十分に注意しましょう。

 

●派生物もOSSとなる

OSSを改良・再配布した二次的著作物を「派生物」と呼びます。OSSのライセンス形態の中で特に注意しなくてはいけないのが、「コピーレフト型」と呼ばれるライセンスです。コピーレフトとは、「著作権は保持しつつも、二次的な著作物も含めて、すべての人が利用、改変、再配布できるべきである」という考え方を表す言葉です。代表的なコピーレフト型ライセンスとしては、GPL、LGPL 、CPLなどが知られています。
コピーレフト型のOSSライセンスでは、「改良・再配布された派生物も元の著作物と同じ条件で配布しなければならない」とされています。例えば、ある開発者がOSSを元にソフトウェアを改良した場合でも、自由にほかのライセンスや条件に変えることはできません。また、コピーレフト型ライセンスを持つOSSを改変した場合には、ソースコードを公開することが義務付けられています。

 

信頼性や汎用性の高さがOSSの魅力

OSS2-min

OSSは、誰でも二次利用できるというメリットから、信頼性や安定性に優れた高い品質のものが開発され、多くの人に利用されています。
また、自社のサービスに合わせて自由にカスタマイズでき、既存のソフトウェアよりも汎用性が高いのもOSSのメリットです。
近年では企業も商用利用可能なOSSを元に自社製品を開発しています。
OSSはソフトウェア開発に欠かせない存在です OSSを利用する際は、ライセンス形態や内容をしっかりと理解してから、上手に使いましょう。

 img02

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『システム開発』が得意な会社を探す

システム開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

関連する記事

PAGETOP