発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

COBOL言語はもう古い?COBOL言語の特徴や使用例、将来性などについて解説!

COBOLのイメージ画像

JavaやRubyのようにシステム開発に使用されるプログラミング言語は種類が多く、言語によって適した開発案件なども大きく異なります。中でも、COBOL言語は古くから使われている分、システム開発を検討する企業担当者であれば「将来的にも使える言語なのか」が気になるところです。今回は、COBOL言語の概要や使用例をはじめ、システム開発における将来性について詳しく解説します。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

COBOL言語とは

COBOL言語は、1959年に事務処理を目的としてアメリカで誕生したプログラミング言語です。同じ時期にいくつものプログラミング言語が登場しましたが、どれも扱おうとすると高い学習能力が求められるものばかりでした。その中でもCOBOL言語は、使用される文法が比較的理解しやすいことから、入門用のプログラミング言語として注目を集めました。現在でも、COBOL言語はあらゆる基幹システムや事務処理のシステムで活用されています。そのため、それらのシステムに携わりたい方でCOBOL言語を学習したいと考える方も多いのです。

 

COBOL言語のメリット

COBOL言語を使ったシステム開発を検討する前に、COBOL言語のメリットとデメリットを把握しておきましょう。これらを知っておけば、COBOL言語に見合ったシステムやソフトウェアを開発・導入しやすくなります。COBOL言語のメリットは、以下の通りです。

  • 英語に近い構文のため可読性が高い

  • 保守性が高い

  • 計算処理が得意

 

●英語に近い構文のため可読性が高い

COBOL言語は英語に近い構文であるため、可読性が高い言語です。ここでいう可読性とは、「言語の読み取りやすさ」を指します。ソースコードの組み方が英語に近いと、プログラミング言語特有のソースコードの組み方を知らなくても、ある程度簡単にソースコードが組めます。そのため、COBOL言語はプログラミング言語初心者向けです。また、英語の構文に近いとそのまま文章として活用できるため利便性が高いです。

 

●保守性が高い

COBOL言語は半世紀以上保守管理され続けている実績があるため、保守性が高い言語ともいえます。保守性とは、一定の条件下で修理や交換などの保守作業をすることで、その対象物の機能や状態を維持することを指しています。また、保守作業は本来専門知識が必要で、その分、人員を確保する手間暇がかかりやすいものです。しかし、規格が統一されていて誰でも似たような構文を作りやすいために、COBOL言語は保守作業にかかる手間を軽くしてくれます。

 

●計算処理が得意

COBOL言語は金額の計算などの事務処理を目的として導入された言語であるため、計算処理に強みを持つ言語となっています。ほかのプログラミング言語だと、計算結果に小数点が出て曖昧な処理が行われて誤差が生じてしまう場合があります。しかし、COBOL言語では小数点も2進化10進数を用いて、小数点の誤差がない数値を出せるのがメリットです。

 

COBOL言語のデメリット

一方で、COBOLのデメリットは主に以下の2つが挙げられます。

  • 扱える技術者の高齢化が進んでいる

  • COBOLで開発するような案件がない

 

●扱える技術者の高齢化が進んでいる

歴史が古い分、技術者の高齢化がCOBOL言語のかかえる大きな問題です。COBOL言語はいまだに現場でも使える言語として使用されています。しかし、現在ではAI技術の発達によってPythonが注目されたり、高い人気を持つJavaScriptのシェアが増えたりといった事情で、新しくCOBOL言語を学ぶ人が少しずつ減ってきています。最近ではExcelとPythonを組み合わせて使い、事務作業を自動化させているケースもあります。Pythonは汎用性が高い言語であるため、COBOL言語を新たに習得するメリットが希薄化しつつあるのが現状です。

 

●COBOLで開発するような案件がない

上記のようなPythonの事情もあって、COBOL言語で開発する新規案件はなくなりつつあります。多くの場合、すでにCOBOL言語で事務処理システムを構築している企業から保守作業の依頼が入るだけです。現状、Pythonに移り変わる流れができつつあります。そのため企業がPythonで構築したシステムを導入するようになれば、保守案件さえもなくなる可能性があります。

 

COBOL言語はどこのシステムで使われている?

COBOL言語は、以下のような現場のシステムに使われています。

  • 金融業界の業務システム

  • 行政システム

  • 企業の基幹システム

  • ホテルや座席の予約システム

 

●金融業界の業務システム

銀行などの金融業界では、業務システムにCOBOL言語がメインで使われています。お金を取り扱う業界では計算処理の高速化や自動化が求められます。実際、COBOL言語が生まれてさほど時間が経たないうちに、金融業界では計算処理の自動化をコンピューターで行う動きが導入されました。

 

●行政システム

このほか、行政システムでもCOBOL言語が使われています。COBOL言語は計算に強いだけでなく、大量のデータを処理するのにも向いています。国のあらゆる情報を処理する行政システムでは、大量のデータを簡単に処理する仕組みが必須です。金融業界と合わせて、COBOL言語は規模の大きいレガシーシステムに採用されやすい言語といえるでしょう。

 

●企業の基幹システム

企業の機関システムに使用されるプログラミング言語はいくつもありますが、中にはCOBOL言語を採用しているところも少なくありません。COBOL言語は慣れれば誰でも使いこなしやすい言語で、書き手による差が生まれにくい安定性の高い言語です。その強みが評価されて、企業の基幹システムにも導入されています。

 

●ホテルや座席の予約システム

さらに、ホテルの宿泊や交通機関における座席の予約システムにもCOBOL言語が使用されています。ホテルや座席はかなりの数が用意されていて、予約していた方がサービスを利用すれば、次に利用したい方が予約してきます。それらを手動で予約状況を管理していくのは物理的に困難です。また、サービス利用にお金がかかり、プランによって利用者それぞれの料金も異なります。そのため、大量のデータ処理ができてかつ金額計算に向いているCOBOL言語が使われています。

 

COBOL言語は古い?

歴史のあるCOBOL言語は、一般的に古い言語だと考えられています。

扱えるエンジニアの高齢化が進んでいて、今後はさらにCOBOL言語が使えるエンジニアの数が減っていくことが予想されています。かつてのように、人気の高い言語としての立場を失いつつあるプログラミング言語です。しかし、COBOLが消えることはないと考える方もいます。それは以下の4つの理由があるからです。

  • 大規模な保守案件が多い

  • リプレース案件も多い

  • 言語自体は拡張され、「オブジェクト指向」にも対応している

  • エンジニアの数が減ると希少価値が高まる

 

●大規模な保守案件が多い

繰り返しになりますが、COBOL言語は銀行の機関システムや行政システムなどの大規模なシステムに使われているケースが多いです。そのシステムの中身を入れ替えない限りは、大規模な保守作業が必要となります。小規模なシステムでは立場を失ってしまいましたが、大規模なシステムは中身を変えようと思うとかなりの労力がかかるため、しばらくはCOBOL言語がそのまま使われるでしょう。

 

●リプレース案件も多い

リプレース案件には、COBOL言語の知識が求められる場合もあります。Visual BasicへのリプレースがCOBOL言語を用いたリプレース案件の代表例です。Visual Basicは簡単な作業をより簡単に短時間で処理できる点を強みとしていて、その開発も従来の方法より短時間でできる点に注目が集まっています。ただし、リプレース後はその企業からの保守案件などはなくなってしまう場合があり、COBOL言語の消失に一歩近づいてしまう可能性があります。

 

●言語自体は拡張され、「オブジェクト指向」にも対応している

COBOL言語は、オブジェクト指向のプログラミングに対応しています。ここでいうオブジェクト指向は、データと機能をまとめるクラスを形成して、プログラムで使用可能にされた状態のもののことです。オブジェクト指向の仕組みは親クラスを生成して、また別に生成された子クラスに親クラスの属性や機能を継承させるといったものです。その流れによって1つのクラスからいくつものオブジェクトを生成し、大きな機能が再現できます。大規模なシステムでCOBOL言語が使われやすいのも、オブジェクト指向に対応している言語であるためだと考えられています。

 

●エンジニアの数が減ると希少価値が高まる

COBOL言語が使えるエンジニアが減ると、それだけCOBOL言語が使えるエンジニアの希少価値が高まります。COBOL言語そのものはまだ独自性のあるプログラミング言語であるため、欠かすことのできない言語の1つです。エンジニア志望の方であれば、稀少性を求めてCOBOL言語の習得を目指す手もあります。

とはいえ、プログラミング言語としての汎用性や用途などを考慮すると、自社のエンジニアにCOBOL言語を習得させることはおすすめできません。COBOL言語を使ったシステム開発を検討している方であれば、アウトソーシングを検討すると良いでしょう。システム開発のアウトソーシングについては、後の項で詳しく解説をします。

現代では、COBOL言語から別の開発言語に置き換えるサービス開始されています。既存システムの中には、COBOL言語と別のプログラミング言語が混在するものもありました。それらの言語が干渉し合って不具合を起こすのを防止するために、既存システムの基盤の集約を目的として基幹システムの換装サービスの提供が開始されました。また、従来の開発環境以外でもCOBOL言語が使えるようにと、オープンCOBOL言語も最近開発されており、現場で使用されています。

 

COBOL言語を使ったシステム開発を依頼するなら

COBOL言語でシステム開発を依頼したい方にとっては、どこで開発の依頼ができるのかが気になるところでしょう。そういった場合は、マッチングサービスを利用してCOBOL言語を扱える開発企業を探してみましょう。

まずは開発企業に求める条件や開発したいシステムの概要をマッチングサービスの運営スタッフに伝えます。それから運営スタッフが提示された条件を加味して、システム開発会社をいくつか紹介してくれます。紹介してもらったシステム開発会社の中で気になるところがあれば連絡して、返事が返ってきたらマッチング成功です。

具体的に仕事の内容を擦り合わせていって、契約に至るといった流れになります。ただしCOBOL言語のシステム開発とひと言でいっても、やり方や目的にはいくつか種類があります。基幹システムを換装したい方もいれば、基幹システムをオープン化させたい方もいるでしょう。同じCOBOL言語のシステム開発を受けている会社でも、それぞれ強みとしている部分は異なります。

基幹システムの換装ならそれを強みとする会社に、基幹システムのオープン化ならそれを強みとする会社に依頼するように心掛けてみてください。

 

COBOL言語の開発は外注(アウトソーシング)を検討しよう

COBOL言語は、銀行のオンラインシステムや行政システムなどの大規模なシステムに使われやすいプログラミング言語です。60年以上も前から使われている言語で、英語の構文に近いために誰でも学習しやすくて一定のクオリティを再現しやすい特徴を持つプログラミング言語として知られています。

COBOL言語は古くてもう使えないと考える方もいますが、実際にはCOBOLに完全に置き換わるほどのプログラミング言語は登場していません。そのため、しばらくの間はCOBOL言語の立場は守られていくと予想されています。COBOL言語の学習を検討している方は、COBOL言語の特徴を押さえた上で学習を進めていくかどうか判断してみてください。

もしも、COBOL言語によるシステムの開発や改修を外注したい、と考えている場合、COBOL言語を扱える人材が少ないことから外注先を探すのに苦労することも考えられます。そんな時は、マッチングサイトの利用なども検討してみましょう。発注ナビではコンシェルジュが丁寧に案件のヒアリングを行い、適切なシステム開発会社を紹介します。なかなか要望に沿った開発会社が見つからないとお悩みの場合は、お気軽にご相談ください。

 

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■COBOLに関連した記事

レガシーシステムのマイグレーションでおすすめの開発会社10社【最新版】

Excel業務のシステム化でおすすめの開発会社10社【最新版】

システム開発の外注先探し、もっと早く正確に

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP