発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

在庫管理システムの費用相場とは?システムに必要となる機能などを徹底解説!

 

inventory-system-estimate

商品を取り扱うサービスを提供している企業で在庫管理システムを導入すると、ヒューマンエラーの防止につながり、安定したサービスを提供できます。
在庫管理システムの導入を検討して場合は、費用対効果も確認しておきましょう。
今回は在庫管理システムの導入を検討している担当者に向けて、導入時にかかる費用や費用対効果、必要な機能などについて解説していきます。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

在庫管理システムとは?

在庫管理システムは、端的にいえば商品の在庫情報や入出庫情報などを管理できるシステムのことです。製造業や小売業をはじめ、実店舗やECサイトの運営をしている企業に適した業務システムです。

在庫が足りないとお客様に商品を提供できないのはもちろんですが、在庫が多すぎても不良在庫として負債計上しなければなりません。在庫管理を適切に行うことで、在庫不足や過剰在庫を限りなくゼロに抑えることができます。在庫管理システムは、最近ではクラウドベースでシステムが作られたり、ほかのシステムと連携してより使いやすいものになったりといった進化を遂げています。この在庫管理システムの機能や種類については、別ページでも詳しく紹介しているので、詳しく知りたい方は「在庫管理システムとは?導入すべき理由や種類をご紹介」をご参照ください。

 

在庫管理システムの費用や料金相場

在庫管理システムの費用や料金相場は、オーダーメイドソフトにするか、パッケージソフトにするかによって料金が大きく変わります。ここでいうオーダーメイドソフトとは、一からその企業の要望に合ったものを作ることです。確実に企業へフィットしたカスタマイズ性の高いシステムを作れる代わりに、相応のコストが発生します。規模によって料金はさまざまですが、システムの完成に数百万円から数千万円が必要です。

パッケージソフトは、ある程度形作られたソフトウェアをベースとしてシステムを構築することです。オーダーメイドと比べて比較的安い価格に抑えられる代わりに、カスタマイズ性はオーダーメイドより低くなります。パッケージの選び方を間違えると、自社の業務にフィットしないシステムができ上がるリスクもあります。こちらも規模によって料金は異なりますが、100万円前後の費用が必要です。このほか、クラウドサービスのようにライセンス料だけを支払うだけで使用できる在庫管理システムもあります。

 

●在庫管理システムの費用を考慮する際の注意点

在庫管理システムの費用を考えるうえで、以下のことについて考慮する必要があります。

  • 初期費用、メンテナンス費用、ランニング費用について

  • すでに何かしらのシステムを導入している場合、連携可能か

  • 追加で必要な工程がどのくらいあるか

  • システム導入の責任者の任命

  • 導入後の運営体制

在庫管理システムそのものの費用について考えるのはもちろんですが、システム導入によって発生するといった人件費なども考えなければなりません。

在庫管理システムにおいては、システムだけを支給してもサポートもなく使いこなせる人は多くないでしょう。担当のスタッフに使いこなしてもらうための教育コストも、人件費に含めて考えていく必要があります。その辺りのことも踏まえて、事前に概算費用を出してシステム導入の判断材料として扱っていったほうが賢明です。

 

●在庫管理システムにおける費用対効果とは

在庫管理システム導入を検討する際は、社内の状況をよく分析して、費用対効果を考えるのがベストです。無計画のまま導入してしまうとかえって損をしてしまう可能性があります。例えば、以下のようなことなどを鑑みて検討を進めていくことが必要となります。

  • 入出庫の稼働時間

  • 廃棄ロスや検品ミスで発生する費用

  • 欠品や発注漏れによる損失

  • 働き手の時間的コスト

在庫管理システムを導入する際は、課題解消を目的にする場合がほとんどです。そのため、企業で導入するかどうか迷っている時は、まずは在庫管理において課題となっている部分を洗い出すことが大切です。課題を洗い出しておくと、後になってどんな機能を導入すれば良いかの取捨選択がしやすくなり、不必要な機能のためにコストを支払うようなことが少なくなります。

まずは概算費用を出してみて、それが無理なく導入できる範囲のコストであれば、導入に向けて計画を立てていってください。また、在庫管理システムだけで管理を行うことは難しく、場合によってはアナログな手法でないと困難なこともあります。どの業務で在庫管理システムに頼るのかを見極めることも大事です。

 

在庫管理に最低限必要な項目

在庫管理システムを導入するうえで、以下の項目だけは最低限わかるシステムにする必要があります。

  • 在庫品目

  • 数量

  • 場所

  • 在庫処理をした日付

どんな品目が、どのくらいの数、どこにあって、いつ入ってきたものなのかがわかれば、在庫管理を最低限オペレーションすることは可能です。すべての商品を余すことなく管理するためにも、在庫品目の把握は必須です。品目を把握することでお客様とのトラブルや不良在庫の問題を解消できます。そして、どの場所に置いてあるかわかっていれば、正しく数字通りに在庫があるか、目視チェックもしやすいです。さらに、いつ入ってきたかがわかれば、問題が発生した際の原因を探るきっかけにもなります。

ただ、上記のような基本機能だけ取り入れるなら大きなコストはかかりませんが、在庫の取り扱い状況というのは企業によって必ず違いがあります。単に作業の効率化をはかろうと在庫管理システムを導入しても、それがフィットしなければ十分な費用対効果を得ることはできません。必ず事前にシミュレートして、本当に必要な機能をしっかりと見極め、それに合った在庫管理システムを構築していくことが重要です。

 

在庫管理システムによくある機能

在庫管理システムによくある機能としては、以下のものが挙げられます。

  • QRコード発行機能

  • 適正在庫管理機能

  • 複数拠点管理機能

  • 入出荷検品機能

 

●QRコード発行機能

QRコード発行機能は、その名の通り管理に用いるQRコードを発行する機能です。

かつての在庫管理は、棚札という帳面に記帳して管理を行うことが多く、記入忘れなどが起きることもありました。しかし、QRコードでデジタルの管理を行えば、ヒューマンエラーを大幅に減らすことが可能です。バーコード(一次元コード)を採用する方法も悪くはありませんが、QRコードの二次元コードとなっているため多くの情報を記録しやすく、機能を拡張すれば製造ロットなど複数の項目を簡単に確認可能です。

 

●適正在庫管理機能

商品の欠品は利益につながらないうえ、企業や商品のブランドイメージを低下させることもあります。

適正在庫管理機能は、欠品を出さない最小限の在庫数を管理するために必要な機能です。適正在庫の細かい計算方法は割愛しますが、この機能を使えば、在庫切れを起こさないように商品を管理しやすくなります。また、過剰な在庫を抱えることで、商品の劣化や保存場所の圧迫などを引き起こし、企業の不利益につながることもしばしばです。商品の欠品を防ぎ、余剰在庫を防止するのに、適正在庫管理機能は重宝します。

 

●複数拠点管理機能

複数拠点管理機能は、複数拠点をまたがって経費生産システムを導入している場合に利用される機能で、主に親会社と子会社の関係で使われることが多いです。そのため、拠点が少ない中小企業であれば特に採用する必要はありません。この機能があると、1つのシステムで複数社の経費精算が行えるので、データが一元化されます。使いやすくコストも抑えられて便利で、経費精算に関する細かいデータを共有して閲覧することが可能です。また、グループ企業外での経費精算や支払依頼などもでき、申請業務の効率化も実現できます。

企業規模が大きければそれだけ大きな効果を発揮しやすいシステムで、場合によってはこの経費精算システムを運用する情報子会社を立ち上げて、グループ全体でそれらを行う仕組みを作ってしまうと各会社の負担をより減らすことが可能です。そこまで大きなグループ会社でない場合は、実装してもそこまで大きな恩恵を受けられないということも十分にあり得えます。まずは導入した場合にどうなるかシミュレートしてみて、業務面、コスト面ともにメリットがある場合に、導入を検討すると良いでしょう。

 

●入出荷検品機能

入出荷検品機能は入出荷がきちんと行われているか検品する場合に、ヒューマンエラーなどのミスが起きにくいようにする検品のシステムのことを指します。検品時には、目視検品による勘違いや誤出荷といったトラブルが発生するケースもあります。しかし入出荷検品機能を導入すれば、バーコードやQRコードで検品が行えるので誤出荷のミスを減らして出荷作業の時間を短縮することが可能です。

また、検品リストに商品ごとの場所を表示させることができるので、場所に迷うことなく検品が可能です。即納する商品を事前に登録しておけば、その情報を共有している相手先が持っていくだけなので便利です。入出荷検品機能にはこういった検品にかかわる機能が多く備わっていて、その機能をどうカスタマイズしていくかもその企業に状況によって変えることができます。

 

在庫管理システムの開発を任せられるシステム会社の選び方

在庫管理システムの開発を自社で行えれば、コストカットにもつながります。ですが、自社内に開発環境を持つ企業は少ないので、多くの場合はシステム会社に依頼する形になります。その際、システム会社の選び方として、以下の方法が挙げられます。

  • 見積もりを出して、複数社で費用や機能を比較検討する

  • 同じ業種や規模での開発実績のある会社を探す

  • マッチングサービスを利用する

 

●見積もりを出して、複数社で費用や機能を比較検討する

システム会社に依頼する前に、最低でも複数社で見積もりを取ってシステム会社を選ぶのが理想です。見積もりを出す企業が1社だけだと、依頼したあとに「別のシステム会社のほうが良かった」というケースも少なくありません。見積もりの依頼を出す前に、より正確な費用を算出してもらうため、「システムに必要な機能は何なのか」という優先順位を明らかにしましょう。そのうえで、複数社で見積もりを出して比較検討してみてください。

 

●同じ業種や規模での開発実績のある会社を探す

安心してシステム開発を依頼するには、自社と同じ業種あるいは同じ規模の会社に在庫管理システムを提供したという実績を持つシステム開発会社に依頼するのが一番です。安さを優先することももちろん大事ですが、思ったものと違うものが完成して使い物にならなかったら無駄なコストとなってしまいます。確実に使える在庫管理システムを完成させるために、なるべく同じ業種や規模での開発実績のある会社を選ぶのが理想です。

 

●マッチングサービスを利用する

確実に自分の会社にフィットするシステム開発会社を探すなら、マッチングサービスを利用する方法がおすすめです。在庫管理だけでなく、独自の業務システムを導入しようとシステム開発会社に依頼をしやすくするため、マッチングサービスを提供しているところが増えています。マッチングサービスがオンライン提供されることによって、これまでよりもシステム開発の依頼がしやすくなりました。専用のフォームに入力をするだけで見積もり依頼ができるので、システム開発をアウトソーシングするノウハウがない企業に最適なサービスです。

 

在庫管理システムの導入で効率化を

今回は、在庫管理システムの費用相場や必要となる機能について詳しく解説をしました。在庫管理システムの開発を得意とする企業は、別ページで紹介をしているので、システム開発を検討する企業担当者の方は、こちらをご参照ください。

 

在庫管理システムはヒューマンエラーが起きやすい在庫管理業務のミスを確実に減らすために必要とされるシステムです。商品別の数量や場所、入出荷日が明確になって在庫管理作業の効率化をはかることができます。また機能をさらに拡張すればより細かな情報まで調べることができるので、ミスをほとんどゼロまで減らすことも可能でしょう。在庫管理業務で悩みを抱えている方は、業務の課題を洗い出したうえで、在庫管理システムの導入を検討してみてください。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2500社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■在庫管理システムに関連した記事

販売管理システムの開発でおすすめの開発会社10社【最新版】

流通・小売業でおすすめのシステム開発会社10社【最新版】

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP