発注ラウンジTOP>業務システム>生産管理システムとは?「導入・開発・構築」のコツまで解説

生産管理システムとは?「導入・開発・構築」のコツまで解説

Xのアイコン

生産管理システム

製造業において、生産管理は企業活動の根幹を担う重要なポイントです。中には、生産管理システムの導入を考えている企業も多いのではないでしょうか。ひと口に生産管理システムといっても、パッケージソフトや独自開発によるものや業態によって機能が変わるものなど多種多様です。そこで、本記事では生産管理システムの基本的な機能の解説から、導入時のチェックポイントまでを解説します。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国5000社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

生産管理システムとは

生産管理システムとは、製造業における生産から計画、販売、在庫、原価計算などを統合して管理するシステムのことです。自社の生産にかかわるあらゆる情報を管理し、生産性向上や業務効率化につなげやすくなります。生産管理は、規模が大きくなればなるほど、管理が困難になりがちです。また、紙媒体で在庫管理やコスト管理を行えば、作業の煩雑化や属人化などの理由からミスが起きやすくもなります。生産にかかわるあらゆる部分をデータ化・管理することで、課題解決できるソリューションとして生産管理システムは利用されています。

 

●必要な機能が備わっていないケースもある

生産管理システムには、生産性向上や業務効率化をはかるために多くの機能が備わっています。しかし、業種や生産方式によって必要な機能は異なるため、自社の業態に最適な生産管理システムを導入してください。パッケージとして提供されている生産管理システムでは、自社に必要な機能が備わっていない場合も多く、注意が必要です。自社にとって必要な機能は何かをきちんと精査し、十分に業務を効率化できるかなどの観点から考えると良いでしょう。

 

生産管理システムの基本機能とは

生産管理システムに備わっている基本機能は、主に下記の7つが挙げられます。

  • 生産計画機能

  • 販売管理機能

  • 購買管理機能

  • 工程管理機能

  • 在庫管理機能

  • 原価管理機能

  • 品質管理機能

 

●生産計画機能

生産管理は、基本的に掲げられた生産計画に基づいて実行されます。生産計画機能とは、この「生産計画の立案」を支援する機能です。生産計画では自社にある購買データから販売データなど、あらゆるデータを用いて利益を最大化させることが求められます。また、その際には実現可能な範囲で無理のない生産計画であることも条件です。

具体的な生産計画機能は、「いつまでにどれだけ生産するのか」「発生するコストはどのくらいか」などの計画を立てられる機能になります。この生産計画機能を用いることで、自社の最大限の利益に寄与する、生産計画の立案を支援することができます。

 

●販売管理機能

販売管理機能とは、商品の見積もりから受注、出荷、売上、在庫までの販売にかかわる業務全般を管理する機能です。受注をしても、在庫がなければすぐに商品を顧客に届けることができません。紙による管理などを行っていると、受注のタイミングと在庫数を確認するタイミングでタイムラグが起こり、在庫不足になってしまう可能性もあります。

販売管理機能を利用することで、受注したタイミングで在庫数を変更することなどが行えるため、製品の過不足を避けることにつながります。生産管理を行う際の非常に重要な機能といえるでしょう。

 

●購買管理機能

購買管理機能とは、商品や原材料の仕入れなどを管理する機能です。仕入れ業務をきちんとしていなければ、適切な価格で販売することもできず、生産計画で掲げた利益を達成することも難しくなってしまいます。購買管理機能では、商品や原材料の購入にかかる費用の計算をシステム上で行えるため、業務を効率化できます。また仕入れ先の開拓や選定などの機能も備わっているので、より自社に適した仕入れが可能です。

 

●工程管理機能

工程管理機能とは、生産管理機能で掲げた計画どおりに生産が行われているかどうかを管理する機能です。自社で商品を販売する場合、工程はひとつとは限りません。各工程で計画どおりに進行しているか、遅れは出ていないか、品質は問題ないかなどを確認していきます。工程管理機能によって、自社の生産ラインの課題が見えてきます。例えば生産が遅れているのであれば、工程のどの部分で遅れが発生しているのかがわかるからです。その課題を解決できれば、自社の工程はより生産性を向上させることにつながります。

 

●在庫管理機能

在庫管理機能とは、その名の通り、商品の在庫を管理する機能です。商品の具体的な管理数はもちろんのこと、「いつ作られたものなのか」「対象の商品はどこの倉庫に保管されているのか」なども管理できます。その結果、受注後に発送する商品に優先順位をつけることにもつながります。例えば、製品によっては時間が経過すると劣化してしまうものもあります。劣化した商品は自社で処理する必要があるためコストがかかってしまいます。在庫管理機能を活用することで、どの商品を出せばこうしたリスクを避けることができるのかがわかります。そのため適切な在庫管理が行えることがメリットです。

 

●原価管理機能

原価管理機能とは、製造工程において原価がどれくらいかかったのかを管理する機能です。企業にとって利益を出すためには、原価よりも高く適切な値段で販売することが必要です。そのため多くの売上を上げたとしても、原価との差がなくては利益につながりません。紙などの管理で手計算を行ってしまうと、想定よりも原価が高くなってしまうこともあります。きちんとした利益を出していくためにも、適切な原価管理が求められます。原価管理機能を活用することで、原価管理が容易になり適切な利益を出すことにもつながります。

 

●品質管理機能

品質管理機能とは、自社で製造した商品が出荷に適した基準を満たしているか確認する機能です。商品を生産していると初期不良や不具合が起こることがあります。こうした商品を出荷してしまうと、自社の信頼を失ってしまいます。そのため、自社内でチェックして防ぐ必要があります。品質管理機能を活用することで、基準を満たした商品のみが出荷されるようになり、自社の信頼向上につながります。

 

機能・カスタマイズ面で考えるシステムのタイプ

生産管理システムを導入しようとした場合、「パッケージソフト」を導入するか「自社独自のシステム」を導入するかでタイプが分かれてきます。

どちらにもメリットはあるため、選定する際には自社の現状に合っているシステムはどちらかで決めていくと良いでしょう。それぞれのタイプのメリットや機能について下記の表にまとめていますので、参考にしてみてください。

  パッケージソフト 独自システム
メリット 導入期間が短く、コストを抑えての導入が可能 自社に合った自由なシステム構築が可能
機能 標準機能を装備
※自社に必要な機能が装備されていない場合もある
自社に合うシステムを構築
※すべてをイチから構築する
カスタマイズ 拡張するのに限界がある 自由に可能

なお、自社独自のシステムを構築するノウハウや設備がないという場合は、外部に発注するという方法もあります。下記のページで「発注ナビ」が取り扱っているシステム開発会社を紹介していますので、参考にしてみてください。

 

パッケージソフトを選ぶ時のチェックポイント

自社でパッケージソフトを選ぶ時のチェックポイントは、主に下記の4点です。

  • 解決する問題の優先順位を決める

  • 対応業務の範囲に当てはまるかをチェックする

  • 生産形態に合うものを選ぶ

  • 導入後のシミュレーションする

 

●解決する問題の優先順位を決める

自社でパッケージソフトを導入する場合、まずは解決したい問題の優先順位を決めましょう。優先順位を決めることで、自社にとって必要な機能を有しているパッケージソフトがどれになるかが見えてきます。解決すべき課題やポイントは企業によって異なります。より品質の向上を目指したい企業もあれば、生産量を適切に行いたい企業もあるでしょう。自社が解決したい課題によって、選定の際に重視すべき機能が変わってきます。

 

●対応業務の範囲に当てはまるかチェックする

パッケージソフトは、すでに完成された生産管理システムを導入するものです。そのため、自社の対応業務の範囲に当てはまるかチェックする必要があります。万が一自社の対応業務の範囲に当てはまらないシステムだった場合、生産性向上や業務効率化などの効果は見込めません。反対に、システムを導入することで、業務効率が落ちてしまう可能性もあります。生産性向上や業務効率化を目指すためにも、対応業務の範囲に当てはまるかは必ず確認しましょう。

 

●生産形態に合うものを選ぶ

このほか、自社の生産形態に合うものを選ぶことも大切です。なぜなら業種や取り扱う品目によって、最適な生産形態は異なるからです。自社の生産形態に合っていないシステムを選んでしまうと、間違った見込み生産を行ってしまう、生産指示方法が異なってしまうなどデメリットが大きくなってしまいます。

 

●導入後のシミュレーションする

業務で扱うシステムは、しっかり運用して会社の利益につなげることが目的です。そのため、導入後の合理化をシミュレーションするのも大切です。システム導入後に必要なことは何か、適切な運用ができるまでどれくらいかかるか、自社が目標としている利益が出るまでの期間はどれくらいかなどをシミュレーションしていきます。複数のパターンをシミュレーションすることで、パッケージソフトを絞り込むことができます。

 

自社独自システムを導入する時のチェックポイント

自社独自システムの導入を検討する際は、下記のチェックポイントを確認するのが大事になります。

  • 現在のシステムや管理体制、生産実績を再確認する

  • 自社に必要な機能を洗い出す

  • 導入ステップからスケジュールを決める

  • ハンディ端末を活用する

 

●現在のシステムや管理体制、生産実績を再確認する

まずは現在利用しているシステムや管理体制、生産実績を再確認するのが大切です。再確認によって、改善した業務フローはどこか、生産性向上のために必要な生産体制はどのようなものか見えてきます。

 

●自社に必要な機能を洗い出す

自社で独自のシステムを導入する場合、不必要な機能を実装する必要はありません。そのため自社の管理方法や運用フローに合った機能を構築すると良いでしょう。単純に機能を実装するだけでなく、実際に利用する社員が使いやすいシステムにすることで、業務を効率化できます。

 

●導入ステップからスケジュールを決める

独自のシステムを導入する場合は下記の手順で進めていきます。

  • 導入目的の明確化

  • 必要な機能を決定

  • コスト・スケジュールの決定

  • システム仕様の決定

  • システム導入による現状業務フロー変更などに関する内容の整理

  • 開発・実装

  • 運用

それぞれのステップにおいて、どれくらいの期間が必要かなどのスケジュールを策定していきましょう。

 

●ハンディ端末を活用する

ハンディ端末は生産管理システムを運用していく中で非常に重要です。なぜなら2次元コードなどをハンディ端末で読み取ることで、正確な在庫管理や品質管理につながるからです。ハンディ端末を活用することで、よりリアルタイムに在庫を確認できたり、データの取り扱いも簡単にできたりというメリットがあります。

 

生産管理システム導入後の注意点

生産管理システム導入後の注意点としては下記のようなものが挙げられます。

  • 経営陣や現場のキーマンを巻き込む

  • 段階的な導入を行う

  • 定期的な効果を測定する

繰り返しになりますが、生産管理システムは導入して終わりではありません。スムーズな運用を行っていくためには、経営陣や現場のキーマンを巻き込むことも不可欠です。また、段階的に導入を行うことも大切です。一気に変更してしまうと、現場が混乱してネガティブな声が出てきてしまう可能性もあります。そのため、どの部分をシステム化するか優先順位をつけ、段階的な導入を行いましょう。

なお、定期的な効果測定も忘れずに行ってください。システムを導入したことで、どれくらいの効率化が進んだのかを測定し、改善につなげていきます。成果を社員に共有することで、現場のモチベーションアップにも貢献します。

 

生産管理システムのメリット

生産管理システムを導入するメリットとして、主に下記の2点が挙げられます。

  • 効率化とコスト削減が見込める

  • 製造に関するあらゆる情報を一元的に管理できる

 

●効率化とコスト削減が見込める

生産管理システムを導入することで、業務の効率化とコスト削減が見込めます。これまで手動で行っていたものを、システム化によって自動化されるからです。

担当者はこれまでの業務の大部分を自動化でき、作業計画の策定や現場改善などの業務にさらに時間を割くことが可能になります。また、管理コストの削減や適切な在庫管理による生産コストの削減にもつながります。

 

●製造に関するあらゆる情報を一元的に管理できる

生産管理システムは生産にかかわる業務を統合的に管理するものです。導入することで、自社全体の情報を横断的に利用ができるので、データに基づいた生産計画を立てることが可能になります。

 

生産管理システムと生産システムは何が違う

生産システムとは、工場や製造現場における「原料が製品になるまでのプロセス全体」を指すものです。そのため、製造にかかわる業務を管理する生産管理システムとは意味合いが異なります。生産管理システムと生産システムは、それぞれを補完する役割といえます。

 

自社の特徴を見極めて生産管理システムの最適化を!

生産管理システムは、自社に最適なものを選択しなければ最大限の効果を得ることはできません。自社の現状や課題を十分に認識したうえで、生産性向上や業務効率化をはかれるシステム導入が必要です。きちんとしたプロセスを踏めば、自社の利益を上げる大きな手助けになることは間違いありません。この記事を参考に生産管理システムの導入を進めてみてはいかがでしょうか。

自社だけの導入に不安を抱えている場合は、外注での導入を進めてみましょう。発注ナビでは、生産管理システムの開発や導入についてのノウハウを持った開発会社とのマッチングが可能です。ぜひご利用ください。

 

生産管理システム開発の最適な発注先を見つける方法

生産管理システムの開発で豊富な実績を持つ開発会社をご存じですか?
日本最大級のシステム開発会社ポータルサイト「発注ナビ」は、実績豊富なエキスパートが貴社に寄り添った最適な開発会社選びを徹底的にサポートいたします。
ご紹介実績:19,000件(2024年3月現在)

外注先探しはビジネスの今後を左右する重要な任務です。しかし、

「なにを基準に探せば良いのか分からない…。」
「自社にあった外注先ってどこだろう…?」
「費用感が不安…。」

などなど、疑問や悩みが尽きない事が多いです。
発注ナビは、貴社の悩みに寄り添い、最適な外注探し選びのベストパートナーです。
本記事に掲載するシステム会社以外にも、最適な開発会社がご紹介可能です!
ご相談からご紹介までは完全無料。
まずはお気軽に、ご相談ください。 詳しくはこちら

 

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国5000社以上からご提案

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■システム開発に関連する記事

製造業のシステム開発でおすすめの開発会社

製造業のシステム開発でおすすめの開発会社10社【最新版】

DX支援でおすすめのシステム開発会社

DX支援でおすすめのシステム開発会社10社【最新版】

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

希望ぴったりの外注先がラクして見つかる
soudan_banner

人気記事

関連記事

関連特集

offer_banner
即戦力のシステム開発会社を探すなら発注ナビロゴ
発注ナビは、システム開発に特化した
発注先選定支援サービスです。
紹介実績
19000
対応社数
5000
対応
テクノロジー
319
紹介達成数
92%
システム開発の発注先探しで
こんなお悩みありませんか?
checkbox
なかなかいい外注業者
見つからない。
checkbox
ITの知識がなくて
発注内容をまとめられない。
checkbox
忙しくて外注業者を探す
時間がない
悩んでいる人物
発注ナビの主な特徴
IT案件に特化
IT案件に特化
日本最大級5000社以上のシステム開発・WEB制作会社が登録。IT専門だから細かい要望が伝わり、理想的なパートナーが見つかる。
ITへの不安を徹底サポート
ITへの不安を徹底サポート
専門コンシェルジュがしっかりヒアリングするので、IT知識に不安があっても、まだ要件が固まっていなくても大丈夫。
完全無料・最短翌日紹介
完全無料・最短翌日紹介
コンシェルジュに発注内容を話すだけで最短翌日に開発会社をご紹介。しかも完全無料・成約手数料も無し。
さらに
東証プライム上場
「アイティメディア株式会社」
グループが運営
ご相談内容は一般公開しないため、クローズド案件でも安心。
ご紹介企業は第三者調査機関にて信用情報・事業継続性を確認済です。

発注先探しの
ご相談フォーム

発注ナビは貴社の発注先探しを
徹底的にサポートします。
お気軽にご相談下さい。
必須
必須
必須
■必要な機能・課題■ご予算■スケジュールなど
■企画書やRFPの添付が可能です(10MBまで)

お問い合わせには、
発注ナビ 利用規約  及び 個人情報の取扱い 
「当社からのメール受信」への同意が必要です。