発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

基幹システムの導入における費用相場とは?おすすめの開発企業は?

enterprise-system-fee

現在では、業種や企業ごとに業務に役立つさまざまなシステムが導入されています。
商品の売上や在庫を管理する「販売管理システム」や、製造業の進捗管理を担う「生産管理システム」など、いずれも業務の効率化・自動化を促進するものばかりです。
円滑な企業運営を第一に考える企業担当者の方であれば、「企業に最適なシステムを導入したい」「一から開発をしたい」と考えることも少なくないでしょう。

そこで今回は、システムの中でも業務の根幹を担う「基幹システム」を導入する費用について紹介します。
費用の算出方法や開発費用を抑える方法、基幹システムの開発を得意とする企業を詳しく知りたい方では、当コンテンツをご参照ください。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

基幹システムとはどんなシステム?

  • 生産管理システム:製造業の進捗管理を担うシステム

  • 勘定系システム:金融機関でお金のやり取りを管理するシステム

  • 販売管理システム:ECサイトや実店舗で商品の売上や在庫管理を担うシステム

  • 勤怠管理システム:企業で従業員の勤怠や有休などを管理するシステム

  • 統合基幹業務システム(ERP):複数の基幹システムから成り立つシステム

基幹システムとは、端的に言えば「業務の核となる情報を管理するシステム」のことです。例えば、銀行でお金のやり取りを管理する「勘定系システム」や、従業員の勤怠を管理する「勤怠管理システム」などが該当します。システムを軸に業務が進行するという特性上、基幹システムは24時間休みなく稼働し続けるのが一般的です。ハッキングや誤作動などのトラブルが企業の利益や信頼性に影響を及ぼすケースも多いため、基幹システムには高いセキュリティ性や安定性が求められます。

企業で基幹システムを導入する場合、初期費用やシステムを使用するライセンス料、カスタマイズ費用などが必要となる仕組みです。ちなみに、基幹システムの中でも、複数のシステムで成り立っている基幹システムのことを、「統合基幹業務システム(ERP)」と呼びます。この他、基幹システムのメリットやデメリット、選ぶポイントなどを詳しく知りたい方は、以下のページをご参考ください。

基幹システムとは?ERPの違いや導入のメリット

 

基幹システムを導入する費用は?

基幹システムの基本情報を紹介できたところで、基幹システムを導入する具体的な費用について解説しましょう。おおまかに分けて、基幹システムには「クラウド型」と「オンプレミス型」の2種類が存在します。

 

●クラウド型の基幹システム

クラウド型の基幹システムの導入にかかる主な費用
項目 概要 おおまかな費用
基本ライセンス費 企業が支払う基幹システムの月額利用料 10~100万円
ユーザーライセンス費 ユーザー別に割り当てられた月額利用料 1,000円~1万円
導入サポート費 システム導入をベンダーにサポートしてもらう費用 10~1,000万円

クラウド型とは、「インターネットを経由して使用するサービス」のことを指します。ネット環境があればどこでも利用できるという特性を持ち、システムを導入するうえでサーバやソフトウェアを購入する必要がありません。導入にかかる主な費用は上記の通りですが、ライセンス料を支払うだけで使用できるシンプルな料金体系がクラウド型の特徴です。

このクラウド型のライセンスは、システムによって「プランを分けている」ことも少なくありません。例えば、機能やサポート体制を充実させてライセンス料を高めに設定する、使用できる機能を最低限に抑えてライセンス料を低くするといったように、目的に合わせてプランを選べる基幹システムもあります。動画配信サービスなどで提供される「一般プラン」や「プレミアムプラン」をイメージしてもらうと、想像がしやすいでしょう。

他にも、クラウド型の基幹システムを提供する企業によっては、導入サポートサービスやデータのバックアップサービスなどのオプションを取り揃えています。業務に合わせてライセンスやオプションを選べる分、初期費用を抑えやすいのがクラウド型の魅力です。一方、クラウド型は「使い続けた分だけ料金が増える」仕組みなので、ランニングコストがかさみやすい欠点があります。

 

●オンプレミス型の基幹システム

オンプレミス型の基幹システムの導入にかかる主な費用
項目 概要 おおまかな費用
ソフトウェアライセンス費 企業が支払う基幹システムの利用料 10~500万円
ハードウェア費 社内に設置するサーバ(メインフレーム)等の導入費用 10~1,000万
導入サポート費 システムの導入をベンダーにサポートしてもらう費用 100~1,000万円
教育費 システムを扱う従業員の教育やトレーニングにかかる費用 10~100万円
カスタマイズ費 企業の業務に合わせて機能を追加する費用 100~500万円

オンプレミスとは、分かりやすく言えば「自社内でシステムの運用を行う形態」です。サーバ(ハードウェア)やソフトウェアを購入し、自社内に設置をすることで使用可能となります。ライセンス料が必要という点は、クラウド型と変わりありませんが、社内に設置するという特性上、システムを稼働させる専用のハードウェアが必要になります。

そのため、オンプレミス型はクラウド型と比較をすると、「初期費用が高額になりやすい」という欠点が存在します。一方オンプレミス型は、月々の利用料が発生するケースが少なく、一度設置してしまえばランニングコストを抑えやすいのが特徴です。またオンプレミス型は社内で管理をする分、セキュリティリスクが低いという利点もあります。

また、オンプレミス型の基幹システムは、企業の業務に合わせてオリジナルの機能を開発することも可能です。システム開発会社に外注をする形で、「業務に合った基幹システムを一から開発する」こともできます。この拡張性の高さとランニングコストの安さ、優れたセキュリティ性がオンプレミス型のメリットと言えるでしょう。

  • 初期費用を可能な限り抑えたい場合は、クラウド型の基幹システム。

  • ランニングコストをできる限り低くしたい場合は、オンプレミス型の基幹システム。

費用面で判断をすれば、基幹システムを導入する際はそれぞれの特徴を判断したうえで選ぶことをおすすめします。上記のように初期費用や管理コストが発生しにくいクラウド型か、ランニングコストを抑えやすいオンプレミス型か、目的や予算に合わせてシステムを選んでください。ただし、先に紹介した導入にかかる費用は、あくまで目安であることを留意しておきましょう。システムを手掛ける企業や利用するユーザー数、機能やサポート体制の豊富さといったさまざまな要因で、基幹システムの導入費用は大きく変動します。

基幹システムだけに限らず、企業で何かしらのアプリやソフトウェアを導入する際は、まずシステム会社から見積を貰うようにしましょう。導入にかかる費用を具体的に計算してくれるので、予算を算出しやすくなります。

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

基幹システムの導入費用を抑える方法は?

繰り返しになりますが、基幹システムは「業務の根幹を担う」という特徴があります。システムの規模が大きい分、比例して導入コストも大きくなりがちです。できる限りコストを抑えて基幹システムを導入したい方に向けて、費用を抑える方法を解説します。

  • 基幹システムに必要な機能を洗い出す

  • 操作が簡単で覚えやすいシステムにする

  • 複数のシステム会社で比較検討をする

 

●基幹システムに必要な機能を洗い出す

基幹システムの機能は「必要なものだけ」揃っているのが理想です。使わない機能を搭載すると余計なコストが発生しやすくなるうえ、UIが煩雑化してシステムが使いにくくなります。クラウド型にしてもオンプレミス型にしても、基幹システムの導入前に「システムにどんな機能が必要なのか」を洗い出すのがおすすめです。

 

●操作が簡単で覚えやすいシステムにする

業務に必ず必要という特性上、基幹システムは正社員から派遣社員に至るまで大勢の従業員が使用します。そのため、複雑なシステムだと従業員の教育に時間やコストが増えてしまうこともしばしばです。おまけに、操作が難しいとヒューマンエラーなども生じやすくなるため、結果的に利益の損失に繋がる可能性もあります。反対に操作が簡単なシステムは、従業員の教育にも時間やコストが発生しにくくなります。

 

●複数のシステム会社で比較検討をする

基幹システムの導入を検討する際は、必ず複数のシステム会社で比較をするようにしましょう。これは、担う業務が同じであったとしても、基幹システムごとに搭載されている機能やサポート体制、料金設定に至るまで異なるためです。そのため、複数のシステム会社から見積を貰ったほうが、業務に見合った基幹システムを導入しやすくなるうえ、導入のコストも抑えることにも繋がります。

 

この他、社内に開発部門やエンジニアを抱えている企業であれば、費用を抑えるためにシステムの改修や保守運用を依頼するのも手です。基幹システムだけに限らず、企業内で賄えるものは内製にすることをおすすめします。

 

基幹システムの開発を得意とする企業は?

最後に、基幹システムの開発を得意とする企業を紹介しましょう。「オリジナルの基幹システムを開発したい」「すでに運用している基幹システムに新しい機能を追加したい」という方であれば、以下のページをご参照ください。

core system

基幹システムの開発でおすすめのシステム開発会社10社【最新版】

 

精算システムや販売管理システムなど、基幹システムに該当するアプリやソフトウェアはさまざまです。そのため、企業が得意とする開発案件や実績などを把握したうえで、見積を出すことを推奨します。開発が得意な企業ほど、システムの品質やコストに良い影響を与えやすく、目的にあった基幹システムを作りやすくなります。

企業によっては、システムの要件定義から運用保守まで発注ができるので、エンジニアやデザイナーを抱えていない企業でも基幹システムを開発運営することが可能です。費用を算出するにあたって、まずはシステム開発会社に相談をしてみることをおすすめします。

 

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国2000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■基幹システムに関連した記事

大規模システムの開発でおすすめの開発会社12社【最新版】

 

 

会計システムの開発でおすすめの開発会社11社【最新版】

 

 

 

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP