発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

システム開発・構築の違いとは?工程の流れや覚えておきたい略語などについても解説!

システム開発事業に参入したばかりの方やこれからシステム開発事業に参入しようと考えている方の中には、十分な知識が足りていないと感じる方もいるでしょう。そういった方だと、システム開発とシステム構築が別物であることを知らない方も少なくないです。そこで今回は、システム開発やシステム構築について詳しく知りたい方に向けて、システム開発とシステム構築の概要、システム開発とシステム構築の違い、システム開発とシステム構築の工程を中心に解説していきます。

 

目次

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国3000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

システム開発・構築の工程ってなに?

ここでいうシステム開発の工程は、システム開発においてあらかじめ決まった手順のことです。その工程に沿ってシステム開発を進めていきます。

工程ごとに期限や品質の基準などを設けていて、それぞれの工程でしっかり管理していきます。そうすることで、一定の品質を保ちつつ、期限までにシステムを開発して提供しやすくなります。これはシステム構築でも同じことがいえ、決められた基準を基に設計やプログラミング・テストをして、質の高いシステムを提供しています。

期限はシステムの規模感によって異なり、小規模のシステムなら3ヶ月程度を期日とすることも珍しくありません。一方で大規模なシステムになれば、長期間1つの案件に着手することとなり、それだけ各工程の期限を決めていくのが難しくなります。

 

システム開発とシステム構築の違い

システム開発はプログラムの設計と実際のプログラミング、完成したシステムのテスト作業までの一連の作業のことです。

システム構築はシステム開発と同義語として語られることが多く、明確な違いは明らかになっていません。人によって使い分ける単語という認識が強いです。しかし、システム構築はテスト作業後にそのシステムを実際に運用できるように組み立てていくことを意味する単語だと主張する意見もあります。

そもそも開発と構築では意味がそれぞれで異なります。開発は新しいものを作って実用化することで、構築はすでにあるものを組み立てて築き上げることです。その点も踏まえると、システム開発は新しいシステムの開発のみに限定されます。一方で、システム構築は新しいものに限定されるわけではありません。

 

システム開発とシステム構築の工程について

システム開発とシステム構築は、同義として使われていることもあれば、若干違う意味として使われていることもあることがわかりました。とはいえ、着手していく工程にそこまで大きな違いはありません。主に、以下の工程をたどってシステムを作り上げていきます。

  • 要件定義(要求定義)

  • 外部設計

  • 内部設計

  • プログラミング

  • 単体テスト

  • 結合テスト

  • システムテスト

  • 運用テスト

  • システム移行

  • 運用・保守

 

●要件定義(要求定義)

要件定義は、作り上げるシステムをどういった内容にしていくのかを決めていく工程です。そして決めた内容を基に、予算や人員、期間なども設定していきます。要件定義では以下のようなものが求められます。

  • システム開発や構築の実績

  • システムを作り上げるためのプログラミングスキル

  • 各工程の計画を立てていく能力

要件定義は、単にプログラミングスキルがあればこなせるものではありません。上流工程であるため、定義するためにはシステム開発や構築の場数を踏んでいる必要があります。さらに、各工程でそれぞれ計画を立てる必要があるため、特定の工程について詳しいだけでは計画が立てられません。常に計画性を保ちながら、システムを作り上げていける環境の基盤を構築するのが重要です。

そのため、要件定義は時間をかけて各工程の間で整合性が取れているか確認しながら計画を立てていきます。また、要件定義で決めたことは各工程の責任者に伝えていきます。ここで誰か1人でも認識の違いがあると、完成するシステムに大きな影響を及ぼすため、しっかりと認識を合わせておきましょう。

 

●外部設計

外部設計は、システムの画面の見た目を設計していくことです。要件定義で決めた内容に沿って、ユーザーインターフェースを作り上げていきます。外部設計で不備があると、ユーザーに使いにくいシステムが完成しやすくなります。会社に向けたシステムなら業務効率の悪化を引き起こし、顧客に向けたシステムなら満足度の低下につながるリスクが高いです。特に会社向けのシステムは直接お金を払ってもらって提供しているため、相手に大きな損をさせてしまいます。外部設計をする際には、ユーザー側の視点に立って内容を固めていくと良いです。

 

●内部設計

外部設計が決まったら、次にプログラミングにかかわる内部設計を行います。いくら外部設計をしっかりしても、そこで設計した内容をシステム上に正しく反映させられないと意味がありません。そのため、プログラムの設計を開発者側の視点で進めていきます。もし内部設計に不備があると、システム内の必要な機能が使えないこともしばしばです。内部設計がしっかりして安定して使えるシステムなら、ユーザーから好評を得やすくなります。

正しいコードが設計できているかを確認するため、1人だけでなく複数人でチェックすることをおすすめします。ここまでが、システム開発やシステム設計の上流工程となります。上流工程ではあらゆる知識や経験が求められるため、経験豊富なエンジニアが担うケースがほとんどです。

 

●プログラミング

内部設計である程度プログラミングの型ができたら、それに基づいてプログラミングの作成を行っていきます。作り上げるシステムの種類によって必要なプログラミング言語が異なるため、システム会社によっては、さまざまな言語を使い分けてプログラミングを行います。世界中で高い人気を誇るJavaや、実行速度の速さに定評があるC言語など、言語ごとにその特徴は異なります。

 

●単体テスト

プログラミングが完了したら、問題なく運用できるかテストしていきます。テストにはいくつか種類があって、単にシステム全体のシステムをチェックするだけではありません。まずは、個々のプログラムが最初の要件定義で定めた内容を満たしているかテストしていきます。正常に反応しなかったプログラムが見つかれば、反応した内容を確認してどこに問題があったのか見つけ、修正をかけていきます。

 

●結合テスト

単体テストをクリアしたからといって、システムが正常に反応するとは限りません。複数のプログラムが組み合わさると、干渉し合って正常に反応してくれないこともあります。そのため、複数のプログラムを組み合わせた結合テストを行っていきます。具体的には、データの受け渡しなどの際にプログラム同士がきちんと連携してくれるかなどをチェックするテストです。

 

●システムテスト

単体テストと結合テストが問題なく終わったら、すべてのプログラムを合わせて正常に反応してくれるか確認するため、システムテストをしていきます。

単体テストや結合テストは、正常に反応してくれるか確認するテストです。しかし、システム全体をテストするとなると、アクセスへの耐久性や処理速度などを意識する必要があります。要件定義のとおりに動くかを確認するのはもちろん、実際にユーザーが利用する際のことを考えてチェックすることが大事です。開発側の環境で問題なくシステムが運用できるか確認して、問題なければ最後のテストに移ります。

 

●運用テスト

システムテストをクリアしたら、実際にシステムを利用する環境下でも正常に反応するか、運用テストを行っていきます。システム会社の環境できちんと動いても、実際に使う現場の環境で正常に反応してくれなければ意味がありません。今まで以上に実用性を重視してチェックするテストです。

 

●システム移行

すべてのテストが完了して、現場で運用させても問題ないと判断できたら、旧システムから新システムに移行させていきます。システムの移行には一気に切り替えていく一斉移行と徐々に切り替えていく順次移行といった方法があります。一斉移行は新システムへの移行を急いで行う場合に効果的な反面、現場で使う人がすぐに対応できず現場が混乱することもあります。急いで新システムに移行させる必要がない場合は、順次移行で段階的にシステムを切り替えていく方法がおすすめです。

 

●運用・保守

システムを作り上げたら、それで終わりというわけではありません。システムの運用と保守をして、システムを使い続けられるようにしていく必要があります。作り上げたシステムのことを一番理解しているのはシステム開発会社です。そして、現場でシステムを持続的に活用し続けるための運用や保守を行えるところは少ないです。そのため、システム開発会社がシステムの運用や保守をしていきます。例えば、メモリの利用状況を確認したり、システムのアップデートを行ったり、運用保守の内容はさまざまです。

 

「ウォーターフォールモデル」と「アジャイルモデル」

システムを作り上げるまでの流れを説明しましたが、その際には以下の2つの開発方法でどちらかを採用していきます。

 

●ウォーターフォールモデル

ウォーターフォールモデルは、上流工程から下流工程へ流れるようにシステム開発を行う方法で、上から下へ流れる滝をイメージして生み出された開発方法です。先ほど紹介した工程を順番に進めていくのですが、1つの工程が完了しないうちに次の工程へ進めることはありません。そのため進捗状況が把握しやすく、計画的に工程を進められるため、高い品質のシステムを作りやすいです。ただし、前の工程が終わらないと先に進めないため、システムを完成させるのに時間がかかってしまいます。スピード感を持ってシステムを作りたい場合は、不向きな方法です。

 

●アジャイルモデル

アジャイルモデルは、機能ごとに何度も開発工程を通しながら、状況に合わせて随時変更や修正をする開発方法です。システムを早く完成させたい場合に有効な方法で、アプリ開発のようにスピーディな事業展開が求められる新規事業におすすめです。ウォーターフォールと比べて柔軟性に秀でている一方、要件定義をしっかり固めすぎてしまうと、柔軟な対応ができなくなってしまいます。アジャイルモデルを採用する場合は、要件定義をしっかり固めすぎないようにしましょう。

 

覚えておきたい略語について

要件定義を行う中で、クライアントと意見をすり合わせる必要があります。その際には、専門用語の内容をしっかり伝えることが求められるため、以下の略語の内容はしっかり押さえておきましょう。

  • SP:企画

  • SA:要求分析/システム方式設計要求分析

  • RD-UI:要件定義

  • UI:基本設計

  • BD:基本設計

  • SS:構造設計

  • FD:機能設計

  • DD:詳細設計

  • PD:詳細設計/プログラム設計

  • PS:詳細設計

  • CD:コーディング

  • PG:プログラミング

  • PT:総合テスト

  • OTO:運用テスト

 

開発・構築の違いを理解してシステム開発依頼を容易に

システム開発とシステム構築は同じような言葉ではありますが、言葉の意味をたどると同じものではないことがわかります。それぞれどこまでの作業を行うかによって変化をするため、まずはこの2つの違いについてしっかり理解することが大切です。

そして、システムを作り上げる際には要件定義や設計、プログラミング、テストを経て実際に現場で運用していきます。このシステムを作り上げて運用するまでの過程で、どこまでがシステム開発で、どこまでがシステム構築なのかを押さえておいてください。またシステムの開発や構築を依頼する側は、依頼内容に合ったシステム会社に依頼することが大事です。システム開発をアウトソーシングする上で、どこに依頼すればいいのかわからなかったりする場合は、発注ナビの利用がおすすめです。発注ナビでは、専門のコンシェルジュが要望をしっかりとヒアリングし、最適な開発会社の紹介を行います。まずは気軽に相談してみてください。

 

システム開発の最適な発注先をスムーズに見つける方法

システム開発会社選びでお困りではありませんか?
日本最大級のシステム開発会社ポータルサイト「発注ナビ」は、実績豊富なエキスパートが貴社に寄り添った最適な開発会社選びを徹底的にサポートいたします。
ご紹介実績:12,500件(2022年1月現在)

外注先探しはビジネスの今後を左右する重要な任務です。しかし、

「なにを基準に探せば良いのか分からない…。」
「自社にあった外注先ってどこだろう…?」
「費用感が不安…。」

などなど、疑問や悩みが尽きない事が多いです。
発注ナビは、貴社の悩みに寄り添い、最適な外注探し選びのベストパートナーです。
本記事に掲載するシステム会社以外にも、最適な開発会社がご紹介可能です!
ご相談からご紹介までは完全無料。
まずはお気軽に、ご相談ください。 詳しくはこちら

 

システム開発会社選びはプロにお任せ完全無料で全国3000社以上からご提案

200x200b

・ベストマッチな発注先が見つかる
・たった1日のスピード紹介
・ITに詳しいコンシェルジュがサポート
・ご相談~ご紹介まで完全無料

 

 

■システム開発に関連した記事

東京でおすすめのシステム開発会社

東京でおすすめのシステム開発会社22社【最新版】

受託開発でおすすめのシステム開発会社10社

受託開発でおすすめのシステム開発会社10社【最新版】

即戦力のシステム開発会社を探すなら「発注ナビ」

関連する記事

\条件ピッタリの/
発注先を探してもらう
無料
PAGETOP