発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。

システム開発の工程(流れ)とは?

自社のシステム開発をおこなう際は、大抵の場合、専門のシステム開発会社へ委託することになるでしょう。
こちらの要望を具体的にシステム開発会社に伝えるためには、まずはシステム開発の工程について知る必要があります。ある程度、システム開発の工程の流れや、専門用語を知っているだけで、開発が円滑に進んだり、リスクを回避したりすることができます。
そこで、ここではシステム開発の工程や、専門用語について解説していきます。

 

目次

 

■そもそもシステム開発の工程ってなに?

システム開発は、決められた工程に沿って進められます。
料理に例えて考えてみましょう。ホットケーキを作るときには、レシピの通り、まずは粉と卵、牛乳を、混ぜますよね。続いて、それらを混ぜたものを、フライパンで焼きます。このように、料理にはその手順を示すレシピが存在します。
これと同様に、開発工程とは、システム開発におけるレシピのようなもの。この工程のおかげで、計画通りに、品質を保ちながら、システム開発を進めることができるのです。

 

■システム開発の工程について

それでは、実際にシステム開発の工程について、詳細をお伝えしていきます。

1.要件定義(要求定義)

この工程では、新しく開発するシステムに、どんな要素を盛り込みたいかを明確にします。さらに、この要求をもとに、予算や人員、期間を計画していきます。

2.外部設計

要件定義の内容をもとに、ユーザーインターフェースを設計します。

ユーザーインターフェースとは、簡単にいうと、画面などの外見的な見た目のこと。ユーザーが使いやすいシステムを作るためには、重要な工程です。

 

3.内部設計

外部設計が決まりましたら、次は内部設計、つまりプログラミングの設計をおこないます。

 

4.プログラミング

内部設計で、ある程度のプログラミングが設計できましたら、それに基づき、プログラムの作成をおこないます。

 

5.単体テスト

ここでは、実際に作成したプログラムの1つひとつが、最初の要件定義で求められている基準を満たしているかを確認します。

 

6.結合テスト

単体テストの次は、複数のプログラムを組み合わせた状態で、それらがうまく機能するかを検証します。

 

7.システム(総合)テスト

単体テスト、結合テストが完了したら、それらすべてを含めたシステム(総合)テストをおこないます。その名の通り、すべてのプログラムが、本当に要件定義の通りに動くのかを確認する工程です。

 

8.運用テスト

無事システムテストをクリアしましたら、実際に業務に取り入れることができるかを確認します。今までのテストと比較すると、非常に実用性に重点を置いたテストとなります。

 

9.システム移行(リリース)

実際に使えるよう、旧システムから切り替える工程です。

一気に切り替える一斉移行や、徐々に切り替える順次移行などの移行方法があります。

 

10.運用・保守

問題なく運用できるよう、メモリの利用状況などを確認するのが、この工程です。

さらに、よりよい状態でシステムを利用できるよう、随時アップデートをおこなうことも、この工程に含まれます。

 

■「ウォーターフォールモデル」と「アジャイルモデル」

システム開発には、いくつかの種類があります。ここでは、最も代表的な2種類を説明します。

 

●ウォーターフォールモデル

上流の工程から、下流の工程へ、順におこなっていくのが、このウォーターフォールモデルというシステム開発の種類の特徴です。
プロジェクトによって例外はあるものの、基本的に先ほど紹介した10つの工程に分けられます。それらの各工程を順におこなっていくのがウォーターフォールモデルということです。
そのため、外部設計がまだ完了していないのに、内部設計の工程に先に進んでしまうということがありません。これにより、ウォーターフォールモデルは、進捗状況の把握が容易であることや、計画的に工程が進むため、品質が担保しやすいというメリットを持っています。
スピード感を求める場合は、スケジュール管理が必要な大規模なシステム開発には、ぴったりの開発方法といえるでしょう。

 

●アジャイル開発

アジャイルとは、日本語で「素早い」という意味を持ちます。
その名の通り、アジャイル開発は、とにかくスピード感のある開発方法です。ウォーターフォールモデルでは、1つひとつの工程を順におこないますが、アジャイル開発では、そのような決まりはありません。
むしろ、全体を作りつつ随時変更や修正をおこなっていく開発方法といえるでしょう。
この開発方法は、とにかく素早く成果物が欲しいときや、要件定義が明確にできておらず、とりあえず作ってみて随時修正をしたいときには、最適な開発方法です。

 

■覚えておきたい略語について

エンジニアの方との会話の中で、様々なアルファベット2文字の言葉を耳にするかと思います。それらは、システム開発の用語の略語であり、システムに携わる人の共通言語のような役割を果たします。
普段はシステム等に接点がない方でも、システム開発の担当者になった際には、これらの略語を理解できると円滑に仕事を進めることができるでしょう。代表的なものを以下に紹介します。

企画 / SP

要求分析 / SA

システム方式設計要求分析 / SA

要求分析 / SA

要件定義 / RD–UI

基本設計 / UI

基本設計 / BD

構造設計 / SS

機能設計 / FD

詳細設計 / DD

詳細設計 / PD

詳細設計 / PS

プログラム設計 / PD

コーディング / CD

プログラミング / PG

総合テスト / PT

運用テスト / OTO

 

ここまでシステム開発における工程について紹介してきました。
システム開発をおこなう際に要望を正確に伝えるためにも、ここで紹介した内容をぜひご参考ください。

 

■システム開発の外注先探しは「発注ナビ」で

システム開発会社はすでにお決まりですか?

発注ナビは、システム開発に特化した発注先選定支援サービスです。
全国1500社以上の開発会社から、貴社に代わって最適な発注先をお探しします。
ご相談からご紹介まで完全無料(成約手数料なども一切不要です)。
最短1日のスピード紹介で、お急ぎの案件でもお待たせすることがありません。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

発注先選びにお困りの方はこちら

具体的に『システム開発』が得意な会社を探す

システム開発の発注先を「専門スタッフ」に相談する

関連する記事

PAGETOP